【別府大分毎日マラソン 2016】エントリー9月7日(月)開始(先着順)

スポンサーリンク

第65回別府大分毎日マラソン(2016年2月7日)
兼 日本実業団陸上競技連合 海外派遣男子選手選考会
兼 2016年リオデジャネイロ・パラリンピック 視覚障害者マラソン代表選考会

別府大分毎日マラソン トップ画像
img via: 別府大分毎日マラソン大会

来年・2016大会へ向けて「別府大分毎日マラソン」の大会要項が発表されました。今回はコース一部を変更しての新コースで実施。長い歴史の節目を飾る記念すべき第65回大会、しかもリオデジャネイロ・パラリンピックのマラソン代表選考会を兼ね、しかも新コースを導入して、これまで以上に盛り上がること間違いなし!

同じに日には「愛媛マラソン」や「香川丸亀国際ハーフマラソン」なども開催されますが、やっぱり「別府大分毎日マラソン」しか考えられませんよね。開催日・エントリー開始日などチェックしていきます。

スポンサーリンク

エントリー9月7日(月)午前10:00開始(先着順)

「第65回別府大分毎日マラソン」は2016年2月7日(日)正午スタート。これまでどおり、2月第一日曜に開催です。エントリー受付は2015年9月7日(月)午前10:00より開始。参加資格がもっとも緩い「カテゴリー3」(資格タイム3時間30分以内)は、定員2,000人の先着順。エントリーはお早めに。

種目・定員・参加料・資格タイム(2016)

第65回別府大分毎日マラソンの種目・定員・参加料・資格タイムは以下の通り。

種目 定員 参加料 資格タイム
マラソン・カテゴリー1
※日本陸連登録者に限る
なし 5,000円 フル2時間40分以内
30km1時間40分以内
ハーフ1時間10分以内
マラソン・カテゴリー2
※日本陸連登録者に限る
なし 8,000円 フル3時間00分未満
30km1時間54分以内
ハーフ1時間17分以内
マラソン・カテゴリー3 2,000人
(先着順)
8,000円 フル3時間30分以内

第65回別府大分毎日マラソンは、フルマラソンの1種目のみ。陸連登録の有無や資格タイムによりカテゴリー1~カテゴリー3に分けられています。女性ランナーについても、カテゴリー・参加資格は男子と同様です。カテゴリー3のみ、前回(2015)から定員制が導入されました。先着順ですのでエントリーはお早めに。

エントリー方法

エントリー方法は以下の2つが用意されています。

第65回別府大分毎日マラソン エントリー方法

  1. インターネット(ランネット) ※カテゴリー2・3のみ
  2. 専用申込用紙の郵送

ランネットからエントリーできるのは楽でいいですね。申込み期限はカテゴリー2・3が2015年11月27日(金)まで、カテゴリー1が2015年12月18日(金)(必着)まで。たっぷり2~3ヶ月以上の受付期間がありますが、忘れないうちにお早めに。

コースマップ(日本陸連公認)

betsudai-marathon-2016-course-map-01
img via: 別府大分毎日マラソン大会

2016大会は、これまでから一部変更された新しいマラソンコースで実施されます。スタート・フィニッシュ地点は変わりませんが、従来よりアップダウンを抑えたフラットコースとなり、好記録が期待できるようです。コースの変更点は以下の通りとのこと。

マラソンコース変更点

  • 別府市と大分市の折り返し地点をそれぞれ1km延長
  • 大分市中心部の周回が無くなる
  • 橋の上り下りが3回から1回に減る
  • 2015年4月に開館したばかりの県立美術館前も通過

テレビ・ラジオ放送時間

テレビ・ラジオ放送時間

  • テレビ放送: 11:50~14:24 TBS系列28局ネット
  • ラジオ放送: 11:50~14:29 RKB毎日放送・OSB大分放送

午前中には日本最高峰のハーフマラソン大会「香川丸亀国際ハーフマラソン」が開催。毎年この日は、あったかいココアを飲みながら、午前中は「香川丸亀国際ハーフ」(BSフジ)をまったりテレビ観戦、お昼からは「別府大分毎日マラソン」をまったりテレビ観戦、と市民ランナーにとって贅沢な1日を過ごさせていただいております。

参加資格は満たしていますので「今年こそは参加してみようかな」という考えもよぎりましたが、やっぱり今年もあったかいココアを飲みながらテレビ観戦といきましょう。

2016大会ではどんなドラマが待っているのか!?

【2013別府大分マラソン 川内優輝 vs 中本健太郎】

2013別府大分毎日マラソン 公務員ランナー川内優輝

「別府大分毎日マラソン」からは毎年さまざまなドラマが生まれています。とくに記憶に残っているのは、2013年の第62回大会。川内優輝選手と中本健太郎選手の一騎打ちは、僕の中では伝説の一戦となっています。2016大会ではどんなドラマが待っているのか、今から楽しみですね。

スポンサーリンク

 

SNSシェアボタン

  • このエントリーをはてなブックマークに追加