【リオ五輪陸上(オリンピック)2016】マラソン日本代表メンバー決定

スポンサーリンク

リオデジャネイロ五輪 マラソン日本代表選考(2016年3月17日)

リオデジャネイロ 画像
Photo by: Lima Pix

先日3月13日(日)に名古屋ウィメンズマラソン2016を終え、リオ五輪マラソン代表選考レースの結果がすべて出揃いました。あとは代表選手の発表を待つばかり。

マラソン日本代表選手が発表されるのは、3月17日(木)17:00ごろ。

この日に日本陸連の理事会が行われ、代表選手が正式に決定します。リオへの切符をつかむのは、果たして誰になるのでしょうか。ここでは、各選考レースの結果(日本人3位以内)と、3月17日に決定する日本代表選手を掲載していきます。

スポンサーリンク

リオ五輪マラソン代表選手 選考要項

代表選手が正式に決定する前に、日本陸連のマラソン代表選手選考要項(PDF)などをあらためて確認しておくと良いかもしれません。

選考レースで日本陸連設定タイム(男子2:06:30・女子2:22:30)を突破すれば、代表に一発内定!…かと思い込んでいたら、よく読むと実はそうではなかった。など読むたびに新たな発見があります?

選考要項によると、選考レースは4つずつ。代表枠は男女それぞれ最大3枠で、補欠は選考されません。

【男子 選考競技会】

  1. 世界陸上2015 北京大会
  2. 福岡国際マラソン
  3. 東京マラソン
  4. びわ湖毎日マラソン

【女子 選考競技会】

  1. 世界陸上2015 北京大会
  2. さいたま国際マラソン
  3. 大阪国際女子マラソン
  4. 名古屋ウィメンズマラソン

このうち世界陸上2015北京大会は、8位以内入賞者 & 日本人トップになればリオ五輪代表に一発内定、という条件。伊藤舞選手がこの条件をクリアしたため(7位入賞) すでに内定を決めています。

女子は残り2枠。残りの代表枠を、他3つのレースの日本人3位以内から選考します。

関連 世界陸上北京2015 女子マラソン結果(リザルト) 前田彩里ら出場

【世界選手権】女子マラソン結果伊藤舞   7位入賞  2:29:48前田彩里 13位 2:31:46重友梨佐 14位 2:32:37応援ありがとうございました!#陸上 #陸上日本代表

日本陸上競技連盟さんの投稿 2015年8月29日

代表選考レースの結果

【女子】代表選考レースの結果(日本人3位以内)

女子の選考レース結果は以下の通りです。

大会 日本人1位 日本人2位 日本人3位
さいたま国際 吉田 香織
2:28:43(2位)
渋井 陽子
2:31:06(4位)
小田切 亜希
2:36:29(8位)
大阪国際女子 福士加代子
2:22:17(1位)
堀江 美里
2:28:20(2位)
竹中 理沙
2:29:14(3位)
名古屋ウィメンズ 田中 智美
2:23:19(2位)
小原怜
2:23:20(3位)
清田真央
2:24:32(4位)

要項によると、陸連設定タイムを突破した選手(男女それぞれ最大1名)が優先的に選ばれるようなので、設定タイムを唯一破った福士加代子選手は間違いなし。日本陸連の専務理事も福士加代子選手を「事実上内定」と名言しています。

女子残り1枠は、さいたま国際日本人トップの吉田香織選手もいますけど、名古屋ウィメンズで積極的なレースを魅せた田中智美選手に決まりそうです。

【男子】 代表選考レースの結果(日本人3位以内)

続いて、男子の代表選考レースの結果。

大会 日本人1位 日本人2位 日本人3位
福岡国際 佐々木 悟
2:08:56(3位)
高田 千春
2:10:55(5位)
大塚 良軌
2:12:46(7位)
東京 高宮 祐樹
2:10:57(8位)
下田 裕太
2:11:34(10位)
一色 恭志
2:11:45(11位)
びわ湖毎日 北島 寿典
2:09:16(2位)
石川 末廣
2:09:25(4位)
深津 卓也
2:09:31(5位)

女子はすんなり決まりそうですが、男子は予想がちょっとだけ難しいですね? とりあえず、タイムで一番の佐々木悟選手、日本人相手には3戦負けなしの北島寿典選手

そして最後の1枠は、びわ湖2位の石川末廣選手で決まりしょうか。

自己ベストを大幅に更新し、東京マラソンで日本人トップに輝いた高宮祐樹選手もいますけど、「なんか走っていたら、いつの間にか日本人トップだった。」と本人もコメントしているように、今回の東京マラソンは全体的にちょっとアレでした。

観ていてわくわくしたのはびわ湖毎日マラソン。最後まで日本人トップ争いを繰り広げた石川末廣選手に軍配があがると思います。ニュースでも石川選手が代表濃厚とありますね。

マラソン日本代表選手 決定

リオ五輪マラソン日本代表選手は、3月17日(木)17:00ごろに発表され次第掲載します。

みんなの予想通りに決まるのか。それとも、前回の世界陸上2015北京大会の時のようにひと波乱あるのか(北京大会の時は、横浜国際を優勝した田中智美選手ではなく、同じ2時間26分台で大阪国際全体3位の重友梨佐選手が選ばれました)。じっくり注目しましょう。

関連 世界陸上北京2015 マラソン日本代表選手決定。今井正人は欠場 

第31回オリンピック競技大会(2016/リオ・デ・ジャネイロ) マラソン代表発表記者会見

動画: 日本陸上競技連盟(日本陸連、JAAF)

追記 代表選手が発表されました。みなさんの予想通り、順当な選考結果となりました。

女子 代表選手

  1. 伊藤 舞(世界陸上7位 2:29:48)
  2. 福士 加代子(大阪国際1位 2:22:17)
  3. 田中 智美(名古屋2位 2:23:19)

男子 代表選手

  1. 佐々木 悟(福岡国際3位 2:08:56)
  2. 北島 寿典(びわ湖2位 2:09:16)
  3. 石川 末廣(びわ湖4位 2:09:25)

理事会でも、難航することなく満場一致で決まったとのこと。今回もまさかの結果になったら、吠えようかと思っていた増田明美さんも、この結果には「文句なし!」と明言しています。

スポンサーリンク

 

SNSシェアボタン

  • このエントリーをはてなブックマークに追加