【世界陸上北京 2015】 マラソン日本代表選手決定。今井正人は欠場

スポンサーリンク

世界陸上北京2015(2015年8月22日~30日)

世界陸上北京2015 TBSトップページ画像
img via: 世界陸上北京|TBSテレビ

真夏の北海道マラソン(2014年8月31日)から先日の名古屋ウィメンズマラソン(2015年3月8日)まで、世界陸上北京2015の代表選考レースをすべて終えて、あとは代表選手の選考を待つばかり。今か今かと待ちわびていましたが、ついにマラソン日本代表選手が発表されました。ということでチェックしていきます。

スポンサーリンク

日本代表 選考対象選手一覧

各選考レースで日本人上位を獲得し、選考対象となった選手は以下の通り。この中から代表に選ばれるのは男女それぞれ最大3人だけ。代表の座を掴んだのは、果たして誰なのか!?

福岡国際マラソン

  • 2:09:06(4位) 藤原 正和
  • 2:09:59(5位) 足立 知弥
  • 2:10:03(7位) 高田 千春

別府大分毎日マラソン

  • 2:10:46(2位) 門田 浩樹

東京マラソン

  • 2:07:39(7位) 今井 正人
  • 2:09:12(9位) 佐野 広明
  • 2:09:21(11位) 五ヶ谷 宏司

びわ湖毎日マラソン

  • 2:11:46(4位) 前田 和浩
  • 2:12:29(5位) 野口 拓也
  • 2:14:13(8位) 米澤 類

北海道マラソン

  • 2:30:26 (1位) 野尻 あずさ

横浜国際女子マラソン

  • 2:26:57 (1位) 田中 智美
  • 2:27:21 (3位) 岩出 玲亜
  • 2:28:54 (5位) 野尻 あずさ

大阪国際女子マラソン

  • 2:26:39 (3位) 重友 梨佐
  • 2:28:36 (4位) 渡邊 裕子
  • 2:29:08 (5位) 城戸 智恵子

名古屋ウィメンズマラソン

  • 2:22:48 (3位) 前田 彩里
  • 2:24:42 (4位) 伊藤 舞
  • 2:28:09 (5位) 竹中 理沙

世界陸上北京2015 マラソン日本代表選手はこの6人!

上記の選考対象選手の中から日本陸連が選出した代表選手は、以下の男女6人です。

男子

  • 今井 正人(トヨタ自動車九州)
  • 前田 和浩(九電工)
  • 藤原 正和(Honda)

女子

  • 前田 彩里(ダイハツ)
  • 伊藤 舞(大塚製薬)
  • 重友 莉佐(天満屋)

僕も走った「東京マラソン2015」で2時間7分台をたたき出した今井正人選手。僕も走った(※)「名古屋ウィメンズマラソン2015」で、日本女子7年4ヶ月ぶりの2時間23分切りで日本人トップを決めた前田彩里選手。そして、24分台の伊藤舞選手が代表の座を掴んだことは、予想に難くないですね。

※名古屋ウィメンズマラソンと同時開催の名古屋シティマラソン(ハーフの部)で走りました。

前田和浩選手 びわ湖の悔しさは北京で晴らす

選考レースのタイムだけを見ると、男子の前田和浩選手は2時間11分台で、正直厳しいと思っていました。前田選手自身もレース後のインタビューで「優勝を狙っていたので、順位に納得できていない。」「日本人トップであることだけが救い。」などと語っていて、満足できていない様子でしたから。

関連記事 速報 びわ湖毎日マラソン2015 大会結果

それでも代表に選ばれたのは、選考レースのびわ湖毎日マラソンは雨風激しく過酷な状況下で、全体的にタイムが伸びなかったこと、過去の実績(ベストタイム2時間08分00秒・東京マラソン2013)、日本陸連ナショナルチームのメンバーであることなどが考慮されたのでしょうかね。びわ湖での悔しさは、きっと北京で晴らしてくれると期待しています。

女子の選考に、増田明美さんが異議を唱えた

女子の選考については、増田明美さんが異議を唱えたようです。大阪国際3位の重友選手よりも、横浜国際優勝の田中選手の方が良いのではないかと。

田中の選考外について増田さんは「びっくりしました。なぜ同じ26分台で大阪で3位だった重友さんなんでしょうか?」と質問。(中略)

増田さんは「重友さんは確かに復調の兆しがあったが、まだまだのように見えた。優勝した田中さんには圧倒的な強さがあったと思う。これで本当にいいのでしょうか」と納得はしなかった。

via: 増田明美さんと陸連幹部がバトル/スポーツ/デイリースポーツ online

とにかく、それぞれの選手がそれぞれどんな走りを魅せてくれるのか、世界陸上北京2015が楽しみです。

世界陸上北京2015 マラソンの日程

ちなみに、世界陸上北京2015のマラソンの日程について、男子は8月22日(土)朝7:35スタート、女子は8月30日(日)朝7:30スタートとのことです(どちらも現地時間)。

関連記事 世界陸上北京2015 タイムテーブル(競技日程)

日本時間でのスタート時刻は、北京より日本の方が1時間進んでいるらしいので、それぞれ朝8:35、朝8:30スタートとなります。世界陸上の模様は、TBS系列にて独占放送とのこと。市民ランナーたるもの、これは絶対に見逃せませんね。お見逃しなく!

なお、8月30日(日)の僕の予定は、日本・札幌市で開催される「北海道マラソン2015」に参加する予定(まだエントリー前ですが、もうすでにホテルや航空券も予約済み)。そのため、僕は女子マラソンをリアルタイムで観ることができません。誰かなんとかしてください。

関連記事

【世界陸上北京 開幕まであと16日】22日(土・大会初日)は男子マラソンで開幕します♪世界最強キプロティッチ×世界最速キメットさらに、藤原正和、前田和浩の2人の侍の走りに期待!#マラソン #世界陸上 #いきなりボルト#tbs …

Posted by TBSテレビ 陸上 on 2015年8月6日

川内優輝選手はいません

選出された代表選手一覧を見て、あるいは選考レースの上位選手一覧を見て、「あれ!? 川内優輝選手がいない。」と思われた方もいるのではないでしょうか。

川内優輝選手は、選考レースに一切出場していません。というのも、昨年10月に行われた仁川アジア大会2014で「金メダルを取れなければ、選考レースには出ない」と宣言しており、金メダルを取れなかったので(銅メダルでした)、宣言通りに選考レースには一切出場していません。

世界陸上で8位以内に入った日本人最上位選手は、自動的にリオ五輪2016の代表に内定するため、まずは世界陸上代表選手になることが、リオ五輪2016への切符を掴むいちばんの近道だと思われます。しかし、川内優輝選手は独自路線でリオ五輪を狙うとのこと。12月の福岡国際マラソンで最高の走りを魅せ、一発内定を狙うとのことです。

関連ページ 川内優輝 大会結果・参加予定 一覧

今井正人選手 体調不良で欠場

2015.08.03 追記

今井正人選手が体調不良のため世界陸上北京を欠場すると発表しました。北海道での合宿中に発熱と頭痛を訴え、「髄膜炎」と診断。約2週間の入院と欠場が必要なため、欠場するとのことです。代替選手の選出はなし。世界陸上には藤原正和選手と前田和浩選手の二人で臨みます。

日本陸連は3日、世界選手権(22日開幕・北京)男子マラソン代表で31歳の今井正人(トヨタ自動車九州)が体調不良のため欠場すると発表した。選手の補充はなく、22日のレースには日本から藤原正和(ホンダ)前田和浩(九電工)の2人が参加する。(中略)

所属先を通じ「世界の舞台で戦うために順調に練習を重ねていただけに、悔しい思いでいっぱい。早く体調を回復させ、再スタートを切りたい」とコメントした。

via: 【マラソン】今井、体調不良で世陸欠場「悔しい思いでいっぱい」 : スポーツ : スポーツ報知

男子マラソン 結果・順位(リザルト)

2015.08.22 追記

2015年8月22日(土)を迎え、世界陸上2015北京大会の男子マラソンが行われました。結果・順位(リザルト)は以下の通り。

藤原正和選手は2時間21分05秒の21位。前田和浩選手は2時間32分48秒の40位。男子マラソンで日本勢が8位入賞を逃すのは、1997年アテネ大会以来9大会ぶりとのこと。惨敗です。

男子マラソン 決勝

Men’s Marathon FINISH World Championships Beijing 2015
  1. 2:12:27 Ghirmay GHEBRESLASSIE (ERI)
  2. 2:13:07 SB Yemane TSEGAY (ETH)
  3. 2:13:29 Munyo Solomon MUTAI (UGA)
  4. 2:14:22 SB Ruggero PERTILE (ITA)
  5. 2:14:35 Shumi DECHASA (BRN)
  6. 2:14:42 Stephen KIPROTICH (UGA)
  7. 2:14:53 Lelisa DESISA (ETH)
  8. 2:14:53 Daniele MEUCCI (ITA)
  9. 2:15:06 Amanuel MESEL (ERI)
  10. 2:15:15 Jackson KIPROP (UGA)
  11. 2:15:43 SB Chol PAK (PRK)
  12. 2:16:57 Alphonce Felix SIMBU (TAN)
  13. 2:16:59 Javier GUERRA (ESP)
  14. 2:17:16 SB Tsepo RAMONENE (LES)
  15. 2:17:36 Berhanu LEMI (ETH)
  16. 2:17:40 Abdelhadi EL HACHIMI (BEL)
  17. 2:18:11 Aleksey REUNKOV (RUS)
  18. 2:19:19 Solonei DA SILVA (BRA)
  19. 2:19:24 Tadesse ABRAHAM (SUI)
  20. 2:20:34 Roman FOSTI (EST)
  21. 2:21:05 SB 藤原 正和 (Honda)
  22. 2:21:19 Mark KORIR (KEN)
  23. 2:22:14 SB Cuthbert NYASANGO (ZIM)
  24. 2:23:07 Wang XU (CHN)
  25. 2:23:16 SB Ian BURRELL (USA)
  26. 2:23:28 Célestin NIHORIMBERE (BDI)
  27. 2:23:42 SB Ezekiel JAFARY (TAN)
  28. 2:24:52 SB Scott SMITH (USA)
  29. 2:25:03 Anuradha COORAY (SRI)
  30. 2:25:04 SB Cephas PASIPAMIRI (ZIM)
  31. 2:26:45 Roman PRODIUS (MDA)
  32. 2:28:05 Edwin Kipchirchir KEMBOI (AUT)
  33. 2:28:13 Chin-Ping HO (TPE)
  34. 2:30:16 Siyang GUAN (CHN)
  35. 2:30:21 SB Henri MANNINEN (FIN)
  36. 2:31:23 David NILSSON (SWE)
  37. 2:31:34 Gilbert MUTANDIRO (ZIM)
  38. 2:32:08 Ser-Od BAT-OCHIR (MGL)
  39. 2:32:34 Si-Hwan NOH (KOR)
  40. 2:32:48 前田 和浩 (九電工)
  41. 2:34:10 Desmond MOKGOBU (RSA)
  42. 2:35:26 SB Fabiano JOSEPH (TAN)
  • DNF Wissem HOSNI (TUN)
  • DNF Bekir KARAYEL (TUR)
  • DNF Abraham KIPLIMO (UGA)
  • DNF Edmilson SANTANA (BRA)
  • DNF Ivan BABARYKA (UKR)
  • DNF Oleksandr BABARYNKA (UKR)
  • DNF Jeffrey EGGLESTON (USA)
  • DNF Sibusiso NZIMA (RSA)
  • DNF Gilberto LOPES (BRA)
  • DNF Hasi MUHAN (CHN)
  • DNF Richer PÉREZ (CUB)
  • DNF Beraki BEYENE (ERI)
  • DNF Carles CASTILLEJO (ESP)
  • DNF Mihail KRASSILOV (KAZ)
  • DNF Seung-Yeop YU (KOR)
  • DNF Dennis Kipruto KIMETTO (KEN)
  • DNF Wilson Kipsang KIPROTICH (KEN)
  • DNF Mohammad Jaafar MORADI (IRI)
  • DNF Aadam Ismaeel KHAMIS (BRN)
  • DNF Ali Hasan MAHBOOD (BRN)
  • DNF Adil ANNANI (MAR)
  • DNF Rachid KISRI (MAR)
  • DNF Abel VILLANUEVA (PER)
  • DNF Marius IONESCU (ROU)
  • DNF Thabiso Benedict MOENG (RSA)
  • DNS Guor MARIAL (SSD)

藤原正和・前田和浩 スプリット(ラップタイム)

距離 藤原正和 前田和浩 Ghirmay
GHEBRESLASSIE
5km 0:16:09 (16:09) 0:16:10 (16:10) 0:16:09 (16:09)
10km 0:31:53 (15:44) 0:31:56 (15:46) 0:31:53 (15:44)
15km 0:47:49 (15:56) 0:47:56 (16:00) 0:47:53 (16:00)
20km 1:03:29 (15:40) 1:04:17 (16:21) 1:03:28 (15:35)
25km 1:19:54 (16:25) 1:22:44 (18:27) 1:19:23 (15:55)
30km 1:37:17 (17:23) 1:42:51 (20:07) 1:35:25 (16:02)
35km 1:55:19 (18:02) 2:03:53 (21:02) 1:50:48 (15:23)
40km 2:13:35 (18:16) 2:24:08 (20:15) 2:05:41 (14:53)
Finish 2:21:05 (7:30) 2:32:48 (8:40) 2:12:27 (6:46)

【世界選手権 競技後コメント】■男子マラソン藤原正和(Honda)21位 2時間21分06秒「調子は北京に入る前もよかったし、入ってからもいい練習ができていた。うまくピークを合わせられたなと思っていたし、落ち着いてスタートラインに立…

Posted by 日本陸上競技連盟 on 2015年8月21日

【世界選手権 競技後コメント】■男子マラソン前田和浩(九電工)40位 2時間32分49秒「全く対応できなかったという感じ。19km過ぎから両太もも、ふくらはぎ、ハムストリングスの順にケイレンが始まり、レースに参加するというよりも、ケ…

Posted by 日本陸上競技連盟 on 2015年8月21日

スポンサーリンク

SNSシェアボタン