速報【びわ湖毎日マラソン 2015】 大会結果

スポンサーリンク

第70回びわ湖毎日マラソン(2015年3月1日)

兼 第15回世界陸上競技選手権大会(2015 北京)代表選考競技会

びわ湖毎日マラソン2015 トップページ画像
img via: びわ湖毎日マラソン大会

本日・2015年3月1日(日)に、世界陸上北京2015への最後の代表選考レースとなる「第70回びわ湖毎日マラソン」が行われました。寒さに加えて、雨・風ともに強く、非常に厳しいコンディションの中でのレース。なかなかペースが上がらず、後半まで集団も崩れない展開となりました。そんなびわ湖毎日マラソンを制したのは果たして!? そして、世界陸上北京2015代表の座の行方は!?

上位選手のみですが、結果速報をひたすら掲載しておきます。

【関連記事】びわ湖毎日マラソン 2015 海外・国内招待選手が発表

スポンサーリンク

結果速報 順位・記録(上位選手のみ)

  1. 2:09:08 サムエル・ドゥング(ケニア)
  2. 2:11:10 ダニエル・メウッチ (イタリア)
  3. 2:11:18 セルオド バトオチル (NTN/モンゴル)
  4. 2:11:46 前田 和浩 (九電工)
  5. 2:12:29 野口 拓也(コニカミノルタ)
  6. 2:13:28 エリック・ディエマ (ケニア)
  7. 2:13:32 バズ・ウォルク(エチオピア)
  8. 2:14:13 米澤 類(中国電力)
  9. 2:14:27 佐々木 悟 (旭化成)
  10. 2:14:48 東野 賢治(旭化成)
  11. 2:15:18 黒木 文太 (安川電機)
  12. 2:15:20 松尾 良一(旭化成)
  13. 2:15:28 五十嵐 真悟(SUBARU)
  14. 2:15:30 佐藤 祐輔(富士通)
  15. 2:15:31 清谷 匠(中国電力)
  16. 2:15:40 松宮 祐行(日立物流)
  17. 2:15:41 松宮 隆行 (コニカミノルタ)
  18. 2:16:10 秋葉 啓太(小森コーポレーション)
  19. 2:16:22 森本 卓司(中国電力)
  20. 2:16:30 石川 卓哉(中国電力)
  21. 2:16:50 松岡 紘司(マツダ)
  22. 2:16:53 高橋 憲昭(DeNA)
  23. 2:17:14 菊池 昌寿(富士通)
  24. 2:17:16 松井 将器(東京工大)
  25. 2:17:42 何 盡平(台湾)
  26. 2:17:50 宇賀地 強(コニカミノルタ)
  27. 2:18:38 井幡 磨(大塚製薬)
  28. 2:18:57 笹沼 悠司(NTN)
  29. 2:19:36 吉村 大輝(流通経済大)
  30. 2:19:41 田口 祐弥(トヨタ紡織)

優勝はサムエル・ドゥング(ケニア)

ということで、優勝はサムエル・ドゥング選手(ケニア)。ペースメーカーが離れた30km地点からペースを上げ、後続を引き離し、終盤は独走態勢になり、トップでゴールを切りました。終始余裕のある走りもさることながら、6年間日本で活動(愛知製鋼)とのことで、勝利者インタビューを英語で質問されているにもかかわらず、日本語で答えていたのも、なんだか親近感がわいて印象的でした。

サムエル・ドゥング選手の5kmごとのラップタイム

  • 5km 15’31”
  • 10km 15’04”
  • 15km 15’07”
  • 20km 15’30”
  • 25km 15’22”
  • 30km 15’32”
  • 35km 15’06”
  • 40km 15’19”

セルオド・バトオチルは、トラック勝負に破れて3位

川内優輝選手の往年のライバル(?)で、個人的にはすごく応援していたセルオド・バトオチル選手は、2位のダニエル・メウッチ選手にトラック勝負に敗れて、3位に終わりました。

トップのサムエル・ドゥング選手に離されてからは、2位グループでダニエル・メウッチ選手と駆け引きをみせていましたが、ダニエル・メウッチ選手は5000m13分19秒00(10000m27分32秒86)のタイムを持つスピードランナーとのこと。トラックでのスピード勝負にまで持ち込まれると、さすがのセルオド・バトオチル選手でも手が出なかったようです。

日本人トップは前田和浩

日本人トップは、前田和浩選手。全体の順位は、2時間11分46秒の4位に終わっています。おととしの東京マラソン2013では2時間08分00秒の好走を魅せてくれましたが、今回はその走りは少し影を潜めてしまったようです。レース後のインタビューでも、「優勝を狙っていたので、順位に納得できていない。」「日本人トップであることだけが救い。」と語っていて、今回の内容には満足できていない様子でした。

前田和浩選手の5kmごとのラップタイム

  • 5km 15’34”
  • 10km 15’01”
  • 15km 15’08”
  • 20km 15’30”
  • 25km 15’21”
  • 30km 15’34”
  • 35km 15’41”
  • 40km 16’30”

マラソン4度目の宇賀地強は自己ワースト

そして、今回がマラソン4度目となる宇賀地強選手。マラソンに挑戦するたびに自己ベストを更新しているので、今回も、と期待がかかっていましたが、結果は2時間17分50秒の第26位。23km~24kmあたりで先頭集団から遅れ始めてしまい、これまでのフルマラソンの中では最も遅い記録となりました。この厳しい気象コンディションの中では、仕方がないのかもしれません。

世界陸上北京2015 代表選考の対象選手

今回のびわ湖毎日マラソンも含め、世界陸上北京2015への各代表選考レースで日本人上位を獲得した選手は以下の通りです。この中から最大3名までが、世界陸上北京2015の代表選手に選ばれます。今後は、代表選手の行方にも注目です。

福岡国際マラソン

  • 2:09:06(4位) 藤原 正和
  • 2:09:59(5位) 足立 知弥
  • 2:10:03(7位) 高田 千春

別府大分毎日マラソン

  • 2:10:46(2位) 門田 浩樹

東京マラソン

  • 2:07:39(7位) 今井 正人
  • 2:09:12(9位) 佐野 広明
  • 2:09:21(11位) 五ヶ谷 宏司

びわ湖毎日マラソン

  • 2:11:46(4位) 前田 和浩
  • 2:12:29(5位) 野口 拓也
  • 2:14:13(8位) 米澤 類
スポンサーリンク

SNSシェアボタン