【ワールドリレーズ 世界リレー選手権 2017】日本代表選手・タイムテーブル

スポンサーリンク

スポンサーリンク

2017 IAAF World Relays(2017年4月22日~23日)

ワールドリレーズ画像
img via: IAAF World Relays | iaaf.org

国際陸連主催による陸上リレー競技の世界最高峰大会「2017 ワールドリレーズ(世界リレー選手権大会)」が2017年4月22日(土)~23日(日)の2日間にわたり、バハマの首都・ナッソーで開催。

4×100m・4×400mの上位8ヶ国には、世界陸上2017ロンドン大会への出場権が与えられます。どんなドラマが生まれるのか。ここではワールドリレーズ2017の日本代表選手とタイムテーブルを掲載していきます。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

2017 日本代表選手一覧

ワールドリレーズ2017にエントリーしている日本代表選手は以下の通りです。今回は男子のみ参加。女子は、参加標準記録は突破していますが、現時点では世界で勝負できないとの理由で派遣を見送っています。

No.種目選手所属
1男子 4×100m山下 潤筑波大学
2男子 4×100m齊藤 勇真筑波大学
3男子 4×100m増田 拓巳東海大学
4男子 4×100m大嶋 健太日本大学
5男子 4×100m水久保 漱至城西大学
6男子 4×400mウォルシュ ジュリアン東洋大学
7男子 4×400m堀井 浩介住友電工
8男子 4×400m田村 朋也住友電工
9男子 4×400m小林 直己セゾン情報システムズ
10男子 4×400m藤原 武ユメオミライ

2017 タイムテーブル(競技日程)

第1日 2017年4月22日(土)

現地時間日本時間性別種目ラウンド
19:3508:35 (23日)女子4×200mR予選
19:5908:59 (23日)男子4×100mR予選
20:3109:31 (23日)女子4×400mR予選
21:1210:12 (23日)男子4×400mR予選
21:4810:48 (23日)女子4×800mR決勝
22:1211:12 (23日)男子4×100mR決勝 B
22:2111:21 (23日)女子4×200mR決勝
22:3611:36 (23日)男子4×100mR決勝

第2日 2017年4月23日(日)

現地時間日本時間性別種目ラウンド
19:3508:35 (24日)男子4×200mR予選
20:0009:00 (24日)女子4×100mR予選
20:2209:22 (24日)男子4×400mR決勝 B
20:3509:35 (24日)女子4×400mR決勝 B
20:4709:47 (24日)男子4×800mR決勝
21:1110:11 (24日)女子4×400mR決勝
21:2910:29 (24日)男子4×200mR決勝
21:4610:46 (24日)女子4×100mR決勝 B
21:5510:55 (24日)男子4×400mR決勝
22:1311:13 (24日)女子4×100mR決勝

 

 

2015 日本代表選手・タイムテーブル

2015 ワールドリレーズ(世界リレー選手権)(2015年5月2日~3日)

iaaf-world-relays-2015-top-img-01
img via: IAAF World Relays | iaaf.org

ワールドリレーズ(世界リレー選手権大会)の2015大会は、2015年5月2日~3日に開催されました。ここからは、ワールドリレーズ2015の日本代表選手とタイムテーブルを掲載していきます。

なお、ワールドリレーズでは様々なリレー競技が行われますが、日本チームの参加種目は男女4×100mリレー・4×400mリレーの2種目のみとなります。

【関連記事】速報【ワールドリレーズ(世界リレー)2015】大会結果・順位

上位8カ国にはリオ五輪2016の出場権

このワールドリレーズは、4×100mリレーと4×400mリレーの上位8ヶ国には、リオ五輪2016の出場権が与えられるという極めて重要な大会となります。男子4×100mリレー日本代表の桐生祥秀選手(東洋大)は「絶対に8位以内に入る」と力強く語り、4月27日にワールドリレーズの舞台・バハマへ飛び立ちました。

ジャマイカ代表には人類最速の男 ウサイン・ボルト選手もエントリーしており、世界最高峰のリレー大会でどんな戦いが繰り広げられるのか楽しみです。ちなみに、織田記念陸上2015(4月18日・19日)で桐生選手を破り、男子100m走を制したケンブリッジ飛鳥選手(日本大学)は、脚の状態に不安を感じているため、出場を辞退したとのことです。

【関連記事】織田記念陸上2015 大会結果・順位・動画

2015 タイムテーブル

5月2日(土)・第1日

現地時間(日本時間)種別種目
19:00 (3日08:00)男子4×400m 予選
19:29 (3日08:29)女子4×200m 予選
19:46 (3日08:46)
19:40 (3日08:40)
男子4×100m 予選
20:09 (3日09:09)男子4×800m 決勝
20:31 (3日09:31)女子4×400m 予選
21:04 (3日10:04)女子メドレーリレー 決勝
21:30 (3日10:30)男子4×100m 決勝B
21:40 (3日10:40)女子4×200m 決勝
21:56 (3日10:56)男子4×100m 決勝

5月3日(日)・第2日

現地時間(日本時間)種別種目
19:00 (4日 08:00)男子4×200m 予選
19:29 (4日 08:29)女子4×100m 予選
19:53 (4日 08:53)女子4×800m 決勝
20:15 (4日 09:15)女子4×400m 決勝B
20:27 (4日 09:27)女子4×400m 決勝
20:43 (4日 09:43)男子メドレーリレー 決勝
21:08 (4日 10:08)男子4×400m 決勝B
21:20 (4日 10:20)男子4×200m 決勝
21:36 (4日 10:36)女子4×100m 決勝B
21:45 (4日 10:45)女子4×100m 決勝

2015 日本代表選手一覧

ワールドシリーズ2015にエントリーしている日本代表選手は以下の通りです。

男子4×100mリレー(5名)

  1. 藤光 謙司 (ゼンリン)
  2. 塚原 直貴 (富士通)
  3. 桐生 祥秀 (東洋大学)
  4. 谷口 耕太郎 (中央大学)
  5. 大瀨戸 一馬 (法政大学)

男子4×400mリレー(5名)

  1. 佐藤 拳太郎 (城西大学)
  2. 北川 貴理 (順天堂大学)
  3. ウォルシュ ジュリアン (東洋大学)
  4. 加藤 修也 (早稲田大学)
  5. 小林 直己 (東海大学)

女子4×100mリレー(5名)

  1. 福島 千里 (北海道ハイテクAC)
  2. 渡辺 真弓 (東邦銀行)
  3. 土井 杏南 (大東文化大学)
  4. 市川 華菜 (ミズノ)
  5. 北風 沙織 (北海道ハイテクAC)

女子4×400mリレー(4名)

  1. 青山 聖佳 (大阪成蹊大学)
  2. 青木 沙弥佳 (東邦銀行)
  3. 千葉 麻美 (東邦銀行)
  4. 吉良 愛美 (アットホーム)
  5. ※市川華菜(ミズノ)は、女子4×400mリレー代表を兼ねる

2015 テレビ放送 TBSでオンエア

【世界最速国決定戦 世界リレー】現地バハマでの日本代表練習ハイライト動画です上位8チームがリオ五輪の出場権を獲得する今大会。韋駄天スプリンターズファイト!<TBS放送情報>DAY1:5月3日深夜1時~DAY2:5月4日昼1時57…

Posted by TBSテレビ 陸上 on 2015年5月1日

嬉しい事にテレビ放送もあります。ワールドリレーズの模様は、2日ともTBSでオンエア。生中継ではなく録画放送のようですが、1日目のレースは5月3日(日)深夜25:00より放送、2日目は5月4日(月)お昼13:57より放送とのこと(一部地域のぞく)。お見逃しなく。

【関連記事】ワールドリレーズ(世界リレー)結果・速報

タイトルとURLをコピーしました