【シカゴマラソン 2015】結果・速報(リザルト)福士加代子、出場

スポンサーリンク

2015 Bank of America Chicago Marathon(2015年10月11日)

シカゴマラソン 画像
img via: Bank of America Chicago Marathon

世界最高峰マラソン大会のひとつ「シカゴマラソン」の2015大会が、10月11日(日)に開催。今年のシカゴマラソンには、福士加代子選手がエントリーしています。1年ぶりのフルマラソン挑戦で、どんな走りを魅せてくれるのか。ここでは、シカゴマラソン2015のエントリーリストと、レース後には結果速報(リザルト)を掲載していきます。

【目次】

  1. 2015 福士加代子、1年ぶりにマラソン挑戦
  2. 2015 エントリーリスト
  3. 2015 結果・速報

別の記事へリンク 

  • シカゴマラソン 最新: 結果・速報
  • シカゴマラソン 2015: 結果・速報
スポンサーリンク

2015 福士加代子、1年ぶりにマラソン挑戦

シカゴマラソン2015には、世界陸上2013モスクワ大会の女子マラソンで銅メダルに輝いた福士加代子選手(ワコール)が出場します。

福士加代子選手がフルマラソンに挑戦するのは、昨年(2014)9月のベルリンマラソン以来、約1年ぶり。日本屈指のスピードランナーが、今度はシカゴマラソンでどんな走りを魅せてくれるのか注目です。

関連記事 【ベルリンマラソン2014】福士加代子選手!2時間26分25秒・第6位。「雰囲気にのまれ、緊張したかな。残念」

福士加代子 マラソン成績

年月 大会 結果・順位
2008年1月 大阪国際女子マラソン 2:40:54(19位)
2011年10月 シカゴマラソン 2:24:38(3位→2位※)
2012年1月 大阪国際女子マラソン 2:37:35(9位)
2013年1月 大阪国際女子マラソン 2:24:21(2位)
2013年8月 世界陸上モスクワ 2:27:45(3位)
2014年9月 ベルリンマラソン 2:26:25(6位)

※優勝者リリア・ショブホワ(ロシア)がドーピング疑いで記録取り消しとなったため、順位繰り上げ(参考 女子マラソンのショブホワ、血液ドーピングで2年間の出場停止 AFPBB News

ちなみに福士加代子選手は先日行われた、「第1回 愛媛マラソン 1年前カウントダウンイベント」にも登場しています。その時のトークショーの様子は以下からどうぞ。

福士加代子選手トークショー マラソンエピソード披露

2011年のシカゴマラソンでは、レース途中にトイレへ行きたい波が襲ってきて大ピンチだったとのこと。 世界の福士加代子選手といえども、トイレ問題はやはり回避できないようですね。しかしそれでも、当時の自己ベストをマークして第3位。今年のシカゴマラソンには、ハーフ世界記録保持者のフローレンス・キプラガト(ケニア)など強敵が名を連ねていますが、トイレ問題さえ乗り越えれば、優勝間違いなし!…でしょうか?

今回のシカゴマラソンでの目標は、以下の通り語っています。

11日に行われるシカゴ・マラソンに出場する福士加代子(ワコール)は9日、シカゴで記者会見し、「自己ベスト(2時間24分21秒)を目指し、優勝もつかんでみようかと思っている。2時間22分ぐらいは出したい」と抱負を語った。  昨年9月のベルリン・マラソン以来のレースで、ほぼ1年ぶりのフルマラソンとなる。来年のリオデジャネイロ五輪を見据え、「ずっとレースをやっていなかったので、今のこの状態で、どれだけいくかなというチャレンジみたいな感じ」と話した。

via: 時事ドットコム:福士「自己ベストで優勝を」=11日にシカゴマラソン

2015 エントリーリスト(出場選手)

「シカゴマラソン2015」のエントリーリスト(エリート選手)を掲載していきます。各選手の右側の記録は自己ベストタイムです(。日本勢からは、福士加代子選手の他に、吉井賢選手(十八銀行)・山本浩之選手(コニカミノルタ)・兼実省伍選手(中国電力)が出場します。

2015 男子エントリーリスト

  1. Sammy Kitwara (KEN) 2:04:28
  2. Dickson Chumba (KEN) 2:04:32
  3. Endeshaw Negesse (ETH) 2:04:52
  4. Abera Kuma (ETH) 2:05:56
  5. Wesley Korir (KEN) 2:06:13
  6. Sammy Ndungu (KEN) 2:07:04
  7. Lucas Rotich (KEN) 2:07:17
  8. Satoshi Yoshii (JPN) 2:10:45
  9. Fernando Cabada (USA) 2:11:36
  10. Hiroyuki Yamamoto (JPN) 2:11:48
  11. Rob Watson (CAN) 2:13:29
  12. Liam Adams (AUS) 2:13:49
  13. Shogo Kanezane (JPN) 2:14:22
  14. Luke Puskedra (USA) 2:15:27
  15. Malcolm Richards (USA) 2:15:49
  16. Scott MacPherson (USA) 2:16:20
  17. Nicholas Hilton (USA) 2:16:20
  18. Ethan Shaw (USA) 2:17:26
  19. Tony Migliozzi (USA) 2:17:27
  20. Ryan Cosens (USA) 2:17:55
  21. Christopher Pannone (USA) 2:18:05
  22. Jesse Davis (USA) 2:18:13
  23. Brandon Mull (USA) 2:18:14
  24. Dan Kremske (USA) 2:18:53
  25. Christian Thompson (USA) 2:22:48
  26. Elkanah Kibet (USA) Debut
  27. Mitch Goose (GBR) Debut
  28. Brandon Lord (CAN) Debut
  29. Sean Keveren (USA) Debut
  30. Mohamed Hrezi (USA) Debut

吉井賢選手のコメント

“I’m looking forward to racing in Chicago. My goal is to run patiently so I can position myself near the front and show Bank of America Chicago Marathon spectators a good race.” – Satoshi Yoshii

via: 2015 Elite athlete field – Bank of America Chicago Marathon

2015 女子エントリーリスト

  1. Deena Kastor (USA) 2:19:36
  2. Florence Kiplagat (KEN) 2:19:44
  3. Joan Samuelson (USA) 2:21:21
  4. Mulu Seboka (ETH) 2:21:56
  5. Birhane Dibaba (ETH) 2:22:30
  6. Yebrgual Melese (ETH) 2:23:23
  7. Amane Gobena (ETH) 2:23:30
  8. Meskerem Assefa (ETH) 2:24:21
  9. Kayoko Fukushi (JPN) 2:25:17?
  10. Diane Nukuri (BDI) 2:27:50
  11. Blake Russell (USA) 2:29:10
  12. Susan Partridge (GBR) 2:30:46
  13. Jessica Draskau Petersson (DNK) 2:30:53
  14. Tera Moody (USA) 2:30:53
  15. Fionnuala Britton (IRL) 2:31:46
  16. Lindsey Scherf (USA) 2:32:19
  17. Sarah Crouch (USA) 2:32:44
  18. Alvina Begay (USA) 2:37:14
  19. Taylor Ward (USA) 2:38:32
  20. Sara Hall (USA) 2:48:02
  21. Dawn Grunnagle (USA) 2:56:38
  22. Monika Juodeskaite (LTU) Debut
  23. Allison Mendez (USA) Debut

福士加代子選手のコメント

“I’m feeling ‘renewed’ in my running this year. At the Bank of America Chicago Marathon next month, I am aiming to improve my position from when I finished 3rd in 2:24:38 at the 2011 race, as well as to improve my PB of 2:24:21.” – Kayoko Fukushi

via: 2015 Elite athlete field – Bank of America Chicago Marathon

2015 結果・速報(リザルト)

結果はレース後に掲載します。シカゴマラソン2015は、日本時間10月11日(日)21:22(現地時間7:22)スタートです。

2015 男子マラソン 総合結果(上位)

  1. 2:09:25  Chumba Dickson (KEN)
  2. 2:09:50  Kitwara Sammy (KEN)
  3. 2:10:06  Ndungu Sammy (KEN)
  4. 2:10:07  Gebru Girmay Birhanu (ETH)
  5. 2:10:24  Puskedra Luke (USA)
  6. 2:10:39  Korir Wesley (KEN)
  7. 2:11:31  Kibet Elkanah (USA)
  8. 2:13:39  Rotich Lucas (KEN)
  9. 2:13:44  Kuma Abera (ETH)
  10. 2:15:36  Cabada Fernando (USA)
  11. 2:16:29  Adams Liam (AUS)
  12. 2:16:41  Richards Malcolm (USA)
  13. 2:17:02  Wietecha Scott (USA)
  14. 2:17:21  Watson Rob (CAN)
  15. 2:17:44  Migliozzi Tony (USA)
  16. 2:18:06  Lemon Chris (USA)
  17. 2:18:26  Ripley Zach (USA)
  18. 2:18:34  Macpherson Scott (USA)
  19. 2:19:33  Shaw Ethan (USA)
  20. 2:19:38  Geoghegan Patrick (USA)
  21. 2:20:33  Yoshii Satoshi 吉井 賢(十八銀行)
  22. 2:20:40  Kanezane Shogo 兼実 省伍(中国電力)
  23. 2:20:58  Bohach Adam (USA)
  24. 2:21:09  Lizano Cesar (CRC)
  25. 2:21:57  Havel Kevin (USA)
  26. 2:22:05  Fellows Donovan (USA)
  27. 2:22:26  Jermann Tyler (USA)
  28. 2:22:54  Williams Andy (USA)
  29. 2:22:54  Mull Brandon (USA)
  30. 2:23:14  Hrezi Mohamed (USA)
  • DNS 山本 浩之(コニカミノルタ)

マラソン男子 ラップ・スプリットタイム

Split CHUMBA DICKSON 吉井 賢 兼実 省伍
05K 0:15:31 (5:00) 0:15:33 (5:00) 0:15:34 (5:01)
10K 0:30:46 (4:55) 0:30:48 (4:55) 0:30:58 (4:58)
15K 0:46:00 (4:55) 0:46:19 (5:00) 0:46:59 (5:10)
20K 1:01:46 (5:05) 1:02:20 (5:10) 1:03:17 (5:15)
HALF 1:05:13 (5:05) 1:05:53 (5:13) 1:06:57 (5:23)
25K 1:17:24 (5:02) 1:18:27 (5:11) 1:19:54 (5:21)
30K 1:33:16 (5:07) 1:35:10 (5:23) 1:36:47 (5:26)
35K 1:47:52 (4:42) 1:53:09 (5:48) 1:54:12 (5:37)
40K 2:02:43 (4:47) 2:12:09 (6:07) 2:12:21 (5:51)
Finish 2:09:25 (4:55) 2:20:33 (6:10) 2:20:40 (6:07)

Men’s elite runner, Dickson Chumba, has won the Bank of America Chicago Marathon with an unofficial time of 2:09:25.

Posted by World Marathon Majors on 2015年10月11日

2015 女子マラソン 総合結果(上位)

  1. 2:23:33  Kiplagat Florence (KEN)
  2. 2:23:43  Melese Yebrgual (ETH)
  3. 2:24:24  Dibaba Birhane (ETH)
  4. 2:24:25  Fukushi Kayoko 福士 加代子 (ワコール)
  5. 2:24:40  Seboka Mulu (ETH)
  6. 2:25:11  Assefa Meskerem (ETH)
  7. 2:27:47  Kastor Deena (USA)
  8. 2:29:13  Nukuri Diane (BDI)
  9. 2:30:07  Draskau Petersson Jessica (DEN)
  10. 2:31:14  Hall Sara (USA)
  11. 2:31:31  Partridge Susan (GBR)
  12. 2:32:51  Crouch Sarah (USA)
  13. 2:33:15  Britton Fionnuala (IRL)
  14. 2:34:29  Juodeskaite Monika (LTU)
  15. 2:38:21  Arenas Maritza (MEX)
  16. 2:39:32  Moody Tera (USA)
  17. 2:41:26  Hyland Rachel (USA)
  18. 2:42:09  Harnish Laura (USA)
  19. 2:42:27  Moeller Erin (USA)
  20. 2:44:28  Kersjes Lauren (USA)

マラソン女子 ラップ・スプリットタイム

Split KIPLAGAT FLORENCE MELESE YEBRGUAL 福士 加代子
05K 0:16:34 (16:34) 0:16:35 (16:35) 0:16:34 (16:34)
10K 0:33:06 (16:32) 0:33:07 (16:32) 0:33:05 (16:31)
15K 0:49:40 (16:34) 0:49:42 (16:35) 0:49:42 (16:37)
20K 1:06:40 (17:00) 1:06:41 (16:59) 1:06:39 (16:57)
HALF 1:10:28 (3:48) 1:10:28 (3:47) 1:10:27 (3:48)
25K 1:24:00 (13:32) 1:24:00 (13:32) 1:24:01 (13:34)
30K 1:41:19 (17:19) 1:41:19 (17:19) 1:41:20 (17:19)
35K 1:58:44 (17:25) 1:58:44 (17:25) 1:58:45 (17:25)
40K 2:15:58 (17:14) 2:16:04 (17:20) 2:16:32 (17:47)
Finish 2:23:33 (7:35) 2:23:43 (7:39) 2:24:25 (7:53)

女子の優勝はハーフマラソン世界記録保持者のフローレンス・キプラガト(ケニア)。福士加代子選手の結果は、2時間24分25秒の第4位に終わりました。レース前は、「自己ベスト(2時間24分21秒)を目指し、2時間22分くらいは出したい」と語っていましたが、目標に届かず。

福士加代子の話
「前回(2011年)のシカゴよりもきつかった。最後は思いのほか動いていなかった。振り返れば自己ベストまであと4秒。今思えば残念」

フローレンス・キプラガトの話
「昨年は3位だったけど、今回はナンバーワンになれたのでうれしい。(ゴール後に倒れ込んだのは)あまりのうれしさに気持ちを表現しようと思った」

via: 福士は4位「自己ベストまであと4秒。今思えば残念」/マラソン – スポーツ – SANSPO.COM(サンスポ)

(English below) 昨日、晴天のもと開催されたシカゴマラソン。女子のレースでは、福士加代子選手が4位(2:24:25)に入る大健闘を見せてくれました!おめでとうございます! 男子優勝者は、東京マラソン2014王者、ケニアのディク…

東京マラソン財団 / Tokyo Marathon Foundationさんの投稿 2015年10月11日