【ベルリンマラソン2014】福士加代子選手!2時間26分25秒・第6位。「雰囲気にのまれ、緊張したかな。残念」

スポンサーリンク

ベルリンマラソン2014(2014年9月28日)

公式サイト:Berlin Marathon

berlin_marathon_20140929_02

ベルリンマラソン2014(41st BMW BERLIN MARATHON)」が昨日・9月28日(日)に開催されました。

日本からは福士加代子選手も参戦。自身のベストタイム・2時間24分21秒(大阪国際女子マラソン2013・第2位)の更新を(最低限の)目標に臨みましたが、結果は

福士加代子選手、2時間26分25秒・第6位!

  • 2時間26分25秒・第6位

満足できるレースでは無かったようです。

2014ベルリンマラソン結果(ラップタイム)| 日本と世界のマラソン

6 Fukushi, Kayoko (JPN) 2:26:25 (3:28.2/km)
   福士加代子  (ワコール)

  0-  5km 16:30 (3:18.0/km)
  5-10km 16:33 (3:18.6/km)
10-15km 16:30 (3:18.0/km)
15-20km 16:46 (3:21.2/km)
20-25km 17:41 (3:32.2/km)
25-30km 18:01 (3:36.2/km)
30-35km 18:15 (3:39.0/km)
35-40km 18:16 (3:39.2/km)
40-  Goal 07:53 (3:35.5/km)

前半 1:10:04 (3:19.3/km)
後半 1:16:21 (3:37.1/km)

日本と世界のマラソン: 2014ベルリンマラソン 結果 (ラップタイム)

福士、失速に首ひねる=ベルリン・マラソン

福士は10キロすぎで遅れ始めて6位に終わった。記録の出やすい平たんなコースで、自己記録(2時間24分21秒)更新を最低限の目標としていたが、2分以上及ばず、「思ったより付いていけなかった。何でか分からない」と首をひねった。

調子は良く、気象条件も上々と感じたが、走りを最後まで修正できなかった。「雰囲気にのまれ、緊張したかな。残念」と繰り返した。

時事ドットコム:福士、失速に首ひねる=ベルリン・マラソン

福士加代子「記録も優勝も狙う」 ベルリン・マラソン会見

福士にとっては世界選手権以来、約1年ぶりのマラソン。昨年は男子で世界記録が出た高速コースで、2時間24分21秒の自己記録更新を最低限の目標に掲げた。「周りの選手が2時間20分を切ると言っている。集団について行けばタイムは出るんじゃないかな」と自信をのぞかせる。

福士加代子「記録も優勝も狙う」 ベルリン・マラソン会見 – 47NEWS(よんななニュース)

berlin_marathon_20140929_01 41. BMW BERLIN-MARATHON 2014

ちなみに男子マラソンは、世界最高タイムがいよいよ2時間02分台へ突入です。

世界記録を樹立したデニス・キメット選手(ケニア)は優勝賞金・世界記録ボーナスなどで12万ユーロ(約1,660万円)を獲得したとのこと。

2014ベルリンマラソン結果(ラップタイム)| 日本と世界のマラソン

男子マラソンが2時間2分台に突入しました。

1 Kimetto, Dennis (KEN) 2:02:57 (2:54.8/km) WR

  0-  5km 14:42 (2:56.4/km)
  5-10km 14:42 (2:56.4/km)
10-15km 14:46 (2:57.2/km)
15-20km 14:26 (2:53.2/km)
20-25km 14:32 (2:54.4/km)
25-30km 14:30 (2:54.0/km)
30-35km 14:09 (2:49.8/km)
35-40km 14:42 (2:56.4/km)
40-  Goal 06:28 (2:56.8/km)

前半 1:01:45 (2:55.6/km)
後半 1:01:12 (2:54.0/km)

日本と世界のマラソン: 2014ベルリンマラソン 結果 (ラップタイム)

キメット世界新、福士6位 ベルリンマラソンで2時間2分台

男子は30歳のデニス・キメット(ケニア)が2時間2分57秒の世界新で優勝した。昨年の大会でウィルソン・キプサング(ケニア)が出した従来の記録を26秒短縮し、初の2時間2分台突入となった。

キメット世界新、福士6位 ベルリンマラソンで2時間2分台  :日本経済新聞

【マラソン】キメット世界新2時間2分57秒、初の2分台 福士は6位

昨年のシカゴを2時間3分45秒で制したキメットは、終始先頭集団で快調に走り、38キロすぎからスパートして快挙を成し遂げた。

優勝賞金や世界記録ボーナスなどで、計12万ユーロ(約1660万円)を獲得した。2位のエマニュエル・ムタイ(ケニア)も従来の世界記録を上回る2時間3分13秒だった。(中略)

デニス・キメット「世界記録を出す自信はあった。全力を尽くした。最後は絶対にトップになってやろうと思っていた。自分の人生で大きな1日になった

【マラソン】キメット世界新2時間2分57秒、初の2分台 福士は6位 : スポーツ : スポーツ報知


GARMIN(ガーミン)ForeAthlete 220J BlackRed

なお、男子の日本勢は

  • 外丸和輝選手(トヨタ自動車) 2時間11分25秒・10位
  • 山本亮選手(SGHグループさがわ)2時間12分49秒・13位
  • 徳本一善選手(モンテローザ) 2時間14分36秒・15位
  • 前田和浩選手(九電工) 2時間15分18秒・16位

男子の日本勢は外丸和輝(トヨタ自動車)が2時間11分25秒で10位に入ったのが最高で、ロンドン五輪代表の山本亮(SGHグループさがわ)は13位だった。

キメット世界新、福士6位 ベルリンマラソンで2時間2分台  :日本経済新聞

スポンサーリンク

SNSシェアボタン