開催中止【横浜マラソン 2017】エントリー抽選倍率2.71倍。抽選は6月14日発表

スポンサーリンク

第3回 横浜マラソン(2017年10月29日)

横浜マラソン2017 画像
img via: 横浜マラソン公式サイト

横浜マラソン2016がいよいよ3月13日(日)に開催されます(この記事は、2016年2月22日に初投稿しました)。フルマラソンに生まれ変わって、真の実力が試される第2回大会です。

僕は第1回大会に参加してみて、最高に素晴らしい大会だと感じましたが、参加料(&手数料)が日本一高かったり、Pontaカードを(持っていない人は)強制的に作らされたり、公認コースにすると宣言しながら実は距離が短かったり、といろいろありましたからね。人によってはアレかもしれません。

関連記事

横浜マラソン 完走メダル

横浜マラソンが未来永劫続けられるかどうかは、第3回大会を開催していいかどうかは、まもなく行われる第2回大会に懸かっています。果たしてどんなことになるのか、第2回大会から目が離せません。

…って、まだ第2回大会で真の実力を試されていないのに、2017年の第3回大会の開催予定日が発表されました。本当に開催できるのか!? 第3回横浜マラソンについてチェックしていきましょう。

2016年6月20日(月)に大会サイトがリニューアルされ、第3回大会の概要が発表されました。開催日やエントリー開始なども正式に決定しています。
スポンサーリンク

開催日・募集定員・エントリー(2017)

第3回 2017年10月29日(日)開催

第3回大会の開催日は、2017年10月29日(日)を決定しています。第1回・第2回は3月中旬の開催でしたが、思いっきり開催時期をずらしてきました。

開催時期を思いっきり変更する理由としては、『約3万7千人が参加する「東京マラソン」(2月)と時期が近いことを考慮。(中略)東京マラソンと時期をずらすことでランナーの参加意欲が高まる』からとのことです。

参考 横浜マラソン 来年は10月|カナロコ|神奈川新聞ニュース

10月29日(日)といえば、もしかしたら大阪マラソンや富山マラソンの日程と重なってしまうかもしれませんけど、同じ首都圏の東京マラソンと被るよりはマシということでしょうか。

横浜マラソン2017-YOKOHAMA MARATHON 2017ー

動画: YOKOHAMAMARATHON

2017 種目・定員・参加

横浜マラソン2017の種目・定員・参加料は以下の通り。

種目 定員 参加料 制限時間
マラソン 計26,950人(抽選)
・横浜市民枠 2,000人
・神奈川県民 1,000人
・一般枠 21,950人
・外国人枠 500人先着
・チャリティ500人先着
・チャレンジ枠 1,000人
15,000円
外国人枠 17,000円
チャリティ 50,000円
6時間30分
1/7マラソン
6.0278km
1,000人(抽選) 4,000円 1時間20分
1/7マラソン
車いす
30人(抽選) 4,000円 30分
2km車いす 20人(抽選) 3,000円 40分

これまでと比べ、フルマラソンの定員が3,000人も増えます

僕が第1回大会(2015)に参加した時、キャパシティ的にはすでにいっぱいいっぱいな気がしましたけど、第3回大会はさらに定員を増やし、計28,000人のかつてない規模で開催されます。大会史上最高に盛りあがることは間違いありません。

にもかかわらず、フルマラソンの参加料は15,000円(手数料別)を維持。あいかわらず、フルマラソン大会として国内最高クラスの参加料を誇っていますが、これまでと同じ金額です。徐々に値上げされる大会が多いなか、参加料が変わらないのは嬉しいですね。

ちょっとお高いですけど、「参加料以上の価値は間違いなくあった」と第1回大会を走ってみて感じました。コース上のトイレの設置箇所の多さだけでも、参加料以上の価値はありますよ。

関連 横浜マラソン2015 完走率と僕の感想

フルマラソン以外の種目も実施されます。これまでは10km(参加料5,000円)でしたが、「1/7フルマラソン(6.0278km)」になりました。

横浜マラソンチャレンジ枠とは

各区のマラソン大会や市内の各区スポーツセンターなどで実施するランニング関連事業(ランニング教室やランニングイベントなど)と連携した参加枠です。

via: 横浜マラソンチャレンジ枠対象イベント | 横浜マラソン2017

エントリー 2017年4月5日(水)開始

横浜マラソンの受付期間は、エントリー枠によって異なります。それぞれ以下の通りです。

横浜マラソン2017 受付期間

募集枠 受付期間
市民・県民枠(抽選) 2017年4月5日(水)~5月18日(木)
一般枠(抽選) 2017年4月5日(水)~5月18日(木)
外国人枠(先着) 2017年4月5日(水)~6月30日(金)
チャリティ枠(先着) 2017年4月5日(水)~6月30日(金)

いずれも2017年4月5日(水)にエントリー開始。市民枠・県民枠と一般枠は抽選ですので、あわてて申込む必要はありません。でも、うっかり忘れないようエントリーはお早めに。

抽選倍率はどのくらい?

前回(2016)の抽選倍率は3.1倍

横浜マラソンは抽選です。気になる抽選倍率について、第1回大会、第2回大会では以下の通りでした。

第1回(2015) エントリー数・抽選倍率

種目 定員 エントリー数 倍率
フル(地元優先枠) 3,000人 30,909人 10.3倍
フル(一般枠) 19,450人 66,381人 3.4倍
10km 1,000人 14,683人 14.7倍
10km(車いす) 30人 14人 0.5倍
2km(車いす) 20人 27人 1.4倍

第2回(2016) エントリー数・抽選倍率

種目 定員 エントリー数 倍率
フル(横浜市民枠) 2,000人 19,422人 9.7倍
フル(県民枠) 1,000人 11,563人 11.6倍
フル(一般枠) 19,450人 60,982人 3.1倍
10km 1,000人 12,350人 12.4倍
10km(車いす) 30人 18人 0.6倍
2km(車いす) 20人 60人 3.0倍

地元優先枠や10km部門の抽選倍率は10倍超えと、非常に悲しいことになっています。一方、フルマラソン一般枠は3倍強と、超人気大会のわりにそれほど高くありません。今回はフルマラソンの定員が3,000人も増えるので、さらに当選確率がアップします。狙い目かもしれません。

今回(2017)の抽選倍率は2.71倍

横浜マラソン2017の抽選倍率は、発表され次第掲載します。市民・県民枠、一般枠の受付期限は2017年5月18日(水)まで。発表はその後になります。今回はどれほどの倍率をたたき出すのか注目です。

横浜マラソン2017の申込数・抽選倍率が2017年5月30日に発表されました。以下の通りです。

第3回(2017) エントリー数・抽選倍率

種目 定員 エントリー数 倍率
フル(横浜市民枠) 2,000 18,611 9.31倍
フル(県民枠) 1,000 10,419 10.42倍
フル(一般枠) 21,950 59,462 ※ 2.71倍
1/7マラソン 1,000 8,296 8.30倍
1/7マラソン車いす 30 11 0.37倍
2km車いす 20 91 4.55倍

※ フル一般枠のエントリー数は、横浜市民枠・県民枠の落選者26,030人を含みます。

フルマラソンには、一般枠・優先枠を合わせて62,462人ものランナーがエントリーされました。相変わらずすごい人数ですが、過去最低の申込み数です。抽選倍率も、定員が3,000人増員された影響もあり、大会史上初の3倍割れ(2.71倍)となりました。やはり今回は、狙い目だったようです。

抽選結果は、2017年6月14日(水)15:00発表

運命の抽選結果発表日はそれぞれ以下の通りです。

2017 抽選結果発表日

  • 優先枠: 2017年5月31日(水)15:00~
  • 一般枠: 2017年6月14日(水)15:00~

インターネットでの申込みの場合、登録したメールアドレス宛に抽選結果が配信されます(件名だけで当落が分かります)。コンビニ申込みの場合、登録した住所宛にハガキが郵送されます。また、以下のリンクからも結果を確認できます。

参考 横浜マラソン2017 大会エントリー | ローチケ HMV

コースマップ(日本陸連非公認)

yokohama-marathon-2016-course-map-03

yokohama-marathon-2016-course-map-02
img via: 横浜マラソン2016 | 横浜を走る、世界が変わる

第3回大会では「これまでのコースに含まれていた横浜南部市場が使用できないため、一部コース修正を行う」という話も出ていましたが、公表された大会概要資料によると、コースの変更はなし。第2回と同じコースで行われます。

第1回大会ではコースの距離が実は186m短かったことが判明して、ひと騒動ありましたね。でも、第2回大会で修正されているのでたぶん安心です。さすがに同じ過ちは繰り返さないでしょう。

公認コースではありません

なお、横浜マラソンのコースは日本陸連公認ではありません。

第1回では公認コース申請はしましたが、距離不足のため公認にならず。第2回では「警備などを増強する必要がある」「運営の自由度が下がる」など警備体制・運営面の理由から、申請すらしなかったとのこと。

当面は公認コースとせず市民マラソン大会として開催していくと明言していますので、第3回もおそらく公認にならないでしょう。ハーフマラソン時代の横浜マラソンがれっきとした公認大会だったからといって、いまの横浜マラソンに公認を期待してはいけないようです。

でも最高に素晴らしい横浜マラソンを走れるのなら、公認かどうかなんて大した問題ではありませんね。

横浜マラソン

動画: YOKOHAMAMARATHON

2017 当日スケジュール

2017年10月29日(日)

  • 08:20 1/7マラソン車いす スタート
  • 08:30 マラソンの部 スタート
  • 08:30 1/7マラソンの部 スタート
  • 15:00 マラソン競技終了

ランナー受付は、10月27日(金)・28日(土)の11:00~20:00、横浜マラソンEXPO2017会場(横浜赤レンガ倉庫イベント広場)にて。当日の受付はありません。

2017 結果・速報・完走率

結果はレース後、以下の記事に掲載します。第3回横浜マラソンは、2017年10月29日(日)あさ8:30スタートです。

関連

横浜マラソン2017は、台風22号接近の影響で、中止となることが決定しました。横浜マラソンEXPOおよび横浜マラソンフェスタも中止です。 

スポンサーリンク

 

SNSシェアボタン

  • このエントリーをはてなブックマークに追加