【ベルリンマラソン 2016】結果・速報(リザルト)川内優輝、出場

スポンサーリンク

43rd BMW BERLIN MARATHON(2016年9月25日)

ベルリンマラソン 画像
img via: Berlin Marathon

ワールドマラソンメジャーズのひとつ、ベルリンマラソンの第43回大会が2016年9月25日(日)に開催されます。世界屈指の高速コースで、高橋尚子さんの世界記録(当時)や野口みずき選手の日本記録は、このベルリンマラソンで生まれました。

男子優勝タイムは、ついに2時間02分台へ突入!(ケニアのデニス・キメット選手が2014年に2時間02分57秒で優勝しています)。今年はいったいどんな伝説を見られるのか!? ベルリンマラソン2016の結果速報(リザルト)をチェックしていきます。

【目次】

  1. 2016 結果・速報 川内優輝

別の記事へリンク 

結果: 2018 神野大地 
2017 設楽悠太 
2016 川内優輝 
2015 佐藤悠基 
2014 福士加代子
スポンサーリンク

2016 ベルリンマラソン 結果・速報

2016 川内優輝、ベルリンマラソンに初挑戦

ベルリンマラソン2016には、あの川内優輝選手(埼玉県庁)が出場します。今回がベルリンマラソン初挑戦となります。

最近の川内優輝選手は、6月の「隠岐の島ウルトラマラソン」(50kmの部)で2:44:07(非公認)をたたき出し自己ベストを大幅更新、7月の「ゴールドコーストマラソン」では2:09:01のほぼ優勝タイム(実際は2位)で(ゴールドコーストでの)悲願のサブ10を達成するなど、絶好調です。

関連

リオ五輪への切符をつかめなかった昨シーズンの無念を、きっとここで晴らしてくれることでしょう。ベルリンマラソンは世界最高記録も誕生する世界屈指の高速コース。いまの川内優輝選手なら、2時間08分切り、07分切りもあり得るかもしれません。

初めてのベルリンでどんな走りを魅せてくれるのか。川内優輝選手史上かつてないドラマが生まれることは間違いありませんね。絶対に見逃せません。川内優輝選手のほか、岩出玲亜選手(ノーリツ)らもエントリーしています。

【2016 男子マラソン 主な出場選手】

  1. Emmanuel Mutai (KEN) 2:03:13
  2. Wilson Kipsang (KEN) 2:03:23
  3. Tsegaye Mekonnen (ETH) 2:04:32
  4. Kenenisa Bekele (ETH) 2:05:04
  5. Vincent Kipruto (KEN) 2:05:13
  6. Sisay Lemma (KEN) 2:05:16
  7. Eliud Kiptanui (KEN) 2:05:21
  8. Evans Chebet (KEN) 2:05:33
  9. Mark Kiptoo (KEN) 2:06:00
  10. Alfers Lagat (KEN) 2:06:58
  11. 川内 優輝 (JPN) 2:08:14

【2016 女子マラソン 主な出場選手】

  1. Aberu Kebede (ETH) 2:20:30
  2. Amane Beriso (ETH) 2:20:48
  3. Birhane Dibaba (ETH) 2:22:30
  4. 岩出 玲亜 (JPN) 2:24:38
  5. Ruti Aga (ETH) 2:25:27
  6. Janet Ronoh (KEN) 2:26:03

※各選手右側の記録は自己ベストタイムです。

参考

今年はウィルソン・キプサングとケネニサ・ベケレの出場が決定。ウィルソン・キプサングは、2013年にベルリンの地で2:03:23という世界記録を樹立している選手。一方ケネニサ・ベケレは、長距離トラック競技で数々のタイトルを獲得しています。迫力ある高速レースが楽しみですね♪

via: 東京マラソン財団 / Tokyo Marathon Foundation – Facebook

結果は、レース後に掲載します。ベルリンマラソン2016は、現地時間2016年9月25日(日)あさ9:00スタートです。日本時間では25日(日)16:00スタートです。

2016 男子マラソン 総合結果

ベルリンマラソン2016、男子マラソンの結果は以下の通りです。

川内優輝選手は、2時間11分03秒の第13位に終わりました。自己ベストを更新する2時間07分台はおろか、サブ10すら達成できず、満足のいく結果ではなかったようです。

  1. 2:03:03  Bekele Kenenisa (ETH)
  2. 2:03:13  Kipsang Wilson (KEN)
  3. 2:05:31  Chebet Evans (KEN)
  4. 2:06:56  Lemma Sisay (ETH)
  5. 2:07:47  Kiptanui Eliud (KEN)
  6. 2:09:29  Ronoh Geoffrey (KEN)
  7. 2:09:46  Lagat Alfers (KEN)
  8. 2:09:48  Gebregergish Yohanes (ERI)
  9. 2:10:01  Kendagor Jacob (KEN)
  10. 2:10:22  Simotwo Suleiman (KEN)
  11. 2:10:24  Kiptoo Mark (KEN)
  12. 2:10:29  Mutai Emmanuel (KEN)
  13. 2:11:03  川内 優輝 (JPN)
  14. 2:13:16  Ekvall Mikael (SWE)
  15. 2:13:57  Habarurema Jean (FRA)
  16. 2:15:02  Uliczka Steffen (GER)
  17. 2:15:10  Richards Malcolm (USA)
  18. 2:16:07  Tiruneh Chalachew (ETH)
  19. 2:16:49  Abdulaziz Ebrahim (NOR)
  20. 2:16:58  Martelletti Paul (NZL)
  21. 2:17:56  Babeker Taye (ETH)
  22. 2:18:04  Laerte Dennis (BEL)
  23. 2:18:18  Arciniaga Nick (USA)
  24. 2:18:52  Brasevicius Ignas (LTU)
  25. 2:18:55  Teekens Mike (NED)
  26. 2:18:58  Koech Meshak (KEN)
  27. 2:19:00  Molenhuis Olfert (NED)
  28. 2:19:17  Spencer Stuart (GBR)
  29. 2:19:23  Bondarenko Vladimir (RUS)
  30. 2:19:25  von Wartburg Geronimo (GER)

30キロ付近からキプサングが抜け出したが、ベケレは粘り強く食らいつき、終盤のスパートで競り勝った。デニス・キメット(ケニア)の2時間2分57秒の世界記録には及ばなかった。

▼川内優輝の話 2時間7分台を狙っていた。最低でも10分は切りたかった。悔しい結果。自分の殻を破るレースをしたかった。これをステップに来年の世界選手権(ロンドン)を目指したい。

via: 川内優輝13位「10分は切りたかった…悔しい」 – 陸上 : 日刊スポーツ

【2016 川内優輝 スプリット・ラップタイム】

距離 川内優輝(13位) ケネニサ ベケレ(1位)
5km 0:15:04 (15:04) 0:14:21 (14:21)
10km 0:30:18 (15:15) 0:29:00 (14:40)
15km 0:45:35 (15:18) 0:43:37 (14:37)
20km 1:00:58 (15:23) 0:58:02 (14:25)
Half 1:04:21 ( 3:24) 1:01:11 ( 3:10)
25km 1:16:37 (12:17) 1:12:47 (11:37)
30km 1:32:28 (15:51) 1:27:30 (14:43)
35km 1:48:21 (15:54) 1:42:01 (14:32)
40km 2:04:23 (16:02) 1:56:55 (14:55)
Finish 2:11:03 ( 6:41) 2:03:03 ( 6:09)

2016 女子マラソン 総合結果

ベルリンマラソン2016、女子マラソンの結果は以下の通りです。女子の部はKebede Aberu選手が2時間20分45秒で制しました。岩出玲亜選手は2時間28分16秒で4位に入っています。

  1. 2:20:45  Kebede Aberu (ETH)
  2. 2:23:58  Dibaba Birhane (ETH)
  3. 2:24:41  Aga Ruti (ETH)
  4. 2:28:16  岩出 玲亜 (JPN)
  5. 2:28:34  Heinig Katharina (GER)
  6. 2:29:35  Ronoh Janet (KEN)
  7. 2:35:59  Dolinin Elena (ISR)
  8. 2:37:28  Fien Cassie (AUS)
  9. 2:38:00  McCarthy Claire (IRL)
  10. 2:39:10  Ganiel Gladys (IRL)
  11. 2:40:16  Chemtai Lonah Korlima (ISR)
  12. 2:42:38  Degan Julia (AUS)
  13. 2:44:15  Larsson Mikaela (SWE)
  14. 2:44:46  Kemppi Mikaela (SWE)
  15. 2:45:46  Sarrion Llorens Maria Teresa (ESP)
  16. 2:46:09  Galle Eva (BEL)
  17. 2:48:38  Kvernmo Kathrine (NOR)
  18. 2:48:40  Moen Guidon Karoline (NOR)
  19. 2:49:02  Gill Nadine (GER)
  20. 2:49:45  Dr. Gascoigne-Owens Johanna (GBR)
  21. 2:50:04  Rivard Susie (USA)
  22. 2:50:15  Alekseeva Ekaterina (RUS)
  23. 2:50:17  Slagle Amelia (USA)
  24. 2:50:44  Davis Emma (IRL)
  25. 2:51:31  Pena Carolina (CHI)
  26. 2:51:35  Daugaard Maibritt (DEN)
  27. 2:51:40  Bird Sara (GBR)
  28. 2:51:52  Schank Karin (LUX)
  29. 2:51:54  Hager Bronwyn (AUS)
  30. 2:52:24  Chang Chih-Hsuan (TPE)

 ▼岩出玲亜の話 2時間24分台で3位以内を狙っていたが、設定タイムより遅かった。冬の国内マラソンにつながるレースはできた。力を付けてまた戻ってきたい。

via: 川内優輝13位「10分は切りたかった…悔しい」 – 陸上 : 日刊スポーツ