【青梅マラソン 2016】賞金総額500万! エントリー9月25日開始。川内優輝も参戦表明

スポンサーリンク

第50回記念 青梅マラソン(2016年2月21日)

青梅マラソン2016画像
img via: 第50回記念 青梅マラソン

毎年2月第3日曜に東京・青梅市で行われる「青梅マラソン」。来年の2016大会は2016年2月21日(日)に開催。2016大会の募集要項はまだ発表されていませんが、前回(2015)の情報などを参考に、青梅マラソンをチェックしていきます。

今回も東京マラソン2016の1週間前、そして京都マラソン2016と同じ日に開催です。1週間ずれている東京マラソンはともかくとして、京都マラソンとどちらを選ぼうか悩ましいところですね。今回の青梅マラソンは、長い歴史の節目を飾る記念すべき50回大会。しかもあの川内優輝選手も参戦を表明していて、例年以上に盛り上がること間違いなし。ランナーなら一度は青梅で!

追記 8月1日(土)に大会サイトがリニューアル。さすが第50回記念大会だけあって、すごく立派になりました。同時に募集要項も発表されましたので追記していきます。

スポンサーリンク

エントリー9月18日(金)開始(予想)

青梅マラソン2016のエントリーは9月18日(金)・19日(土)・20日(日)の3日間で実施されると「予想」しています。というのも、前回と前々回は以下の3日間でしたので。

青梅マラソン エントリー期間

  • 前回(2015大会): 2014年9月19日(金)~21日(日)
  • 前々回(2014大会):2013年9月20日(金)~22日(日)

青梅マラソンのエントリー受付は、各日ごとに定員を振り分け。たとえば、初日のエントリーが定員に達しても、翌日・翌々日に再度募集が行われます。そのため1日や2日くらいエントリーを逃してしまっても、まだ申込みのチャンスがあります。

青梅マラソンのエントリー合戦はすごく激しいので、申込みチャンスが増えるのは嬉しいですね。その分1日あたりの定員は少なくなりますが…。いずれにしても、エントリーはお早めに。

ちなみに、同日開催の「京都マラソン」の抽選結果発表はおそらく10月上旬になると思います(昨年は10月7日発表)。「京都マラソンの結果をみてから青梅マラソンにエントリーにしよう」という手は今回も使えなさそうです(ただし、青梅マラソンの二次エントリー(抽選)には間に合うかもしれません)。

関連記事 【第49回青梅マラソン】二次エントリー開始!10月8日(水)午前9:00より(抽選)。「京都マラソン」抽選結果のあとでも間に合います!

本当は、エントリー9月25日(金)お昼12:00開始

2015.08.01 追記

2016大会のエントリー開始日が発表されました。

エントリーは2015年9月25日(金)開始。昨年・おととしを参考に「今年は9月18日(金)開始だ!」などと勝手な予想を立ててはいけません。青梅マラソン2016のエントリーは2015年9月25日(金)お昼12:00より開始です。

青梅マラソン2016 エントリー期間

  • 9月25日(金)12:00~
  • 9月26日(土)12:00~
  • 9月27日(日)12:00~
  • 9月28日(月)10:00~(※最初の3日間で定員に達しなかった場合)

初日から3日間(9月25・26・27日)はそれぞれお昼12:00から受付を開始。各日ごとに定員が振り分けられています。この3日間で定員に達しなかった場合は、9月28日(月)午前10:00よりエントリー再開するとのことですが、最初の3日間だけで定員に達すると思われます。

種目・定員・参加料(2015版)

前回(2015)の種目・定員・参加料です。今回(2016)は記念すべき第50回大会ですので、定員や参加料に変更があるかもしれません。

種目 定員 参加料 制限時間
30km 15,000人 5,000円 4時間
10km 4,000人 4,000円
高校3,000円
1時間20分

「手荷物預かり」はオプション申込み(有料500円)。しかも30kmの部へのエントリー者限定で、先着1,500人だけです。1人で参加されるなど手荷物預かりが必要な方は、エントリーの際に手荷物預かりの申込みもお忘れなく。

oume_marathon_20140919_04
img via: 第49回青梅マラソン 大会要項(PDF)

また、「手荷物預かり」とは別に「貴重品預かり」も用意されています。A4サイズの専用封筒に入る大きさに限定されますが、こちらは事前申込み不要。でも有料(100円)です。

青梅マラソン 荷物預かりキット

補足

手荷物預かりの申込みは、後日送られてくる案内メールからの申込みになるとのこと。エントリーと同時ではないようです(ローソンDoスポーツの場合)。

種目・定員・参加料(2016版)

2016.08.01 追記

2016大会の募集要項が発表されました。種目・定員・参加料は以下の通り。

種目 定員 参加料 制限時間
30km 15,000人 7,000円 4時間
10km 4,000人 5,000円
高校3,000円
1時間20分

種目・定員に変更はありませんが、残念なことに参加料が値上げされました。30kmの部はなんと2,000円もアップ。これも時代の流れですね。オプションの荷物預かり(有料)は変わらず先着1,500人。必要な方はエントリー時に荷物預かりの申込みもお忘れなく。

また、10kmの部にはチーム戦エントリーがあります。最大5名のエントリーで上位3名のネットタイムで競い合うもので、今回で4回目の実施。チーム戦としてのエントリー費用は無料。チーム戦エントリーを行えば、個人参加としても同時にエントリーされます。

エントリー方法 インターネットなど3種類 → 今年は2種類

青梅マラソン エントリー方法
img via: 第49回青梅マラソン 大会要項(PDF)

前回(2015)の場合、エントリー方法は以下の3種類が用意されていました。

【青梅マラソン エントリー方法】

  • インターネット
  • ローソン・ミニストップ店頭 Loppi
  • 電話

インターネットの場合、エントリーサイトはランネットではなく「LAWSON DO SPORTS」(ローソンチケット)ですのでご注意ください(事前の会員登録をお忘れなく)。

また、郵便振替申込みによる先行エントリー(先着順)も9月1日より行われました。先行エントリーの対象者は高校生・60歳以上(大会当日)のランナーに限定されていて、申込みには専用の申込書が必要です。

追記

青梅マラソン エントリー方法 画像

img via: 第50回記念青梅マラソン 大会要項(PDF)

2016大会では、電話受付が廃止されたようです。インターネットと店頭 Loppiのみ(他には、後述する「高校生・60歳以上対象の郵便振替」があります)。

郵便振替の先行エントリー(先着順) 今年もあります

郵便振替の先行エントリー(先着順)は今年もあります。郵便振替は、高校生・60歳以上(大会当日)に限り、9月1日(火)~9月7日(月)まで受付。郵便振替用紙付き大会要項の配布は8月13日(木)~8月28日(金)まで。定員は以下の通りで先着順です。お早めに。

郵便振替申込み 定員

  • 60歳以上 30kmの部: 600人
  • 60歳以上 10kmの部: 800人
  • 高校生の部: 300人

市民優先枠 7月15日(水)エントリー開始(抽選)

先述した高校生・60歳以上限定の先行エントリーとは別に、「青梅市民優先枠の先行エントリー」の案内が大会サイトで発表されました。

2015年7月27日(月)時点で青梅市内に在住の方であれば、市民優先枠のエントリーが可能です。市民優先枠の定員は以下のとおり。先着順ではなく、申込みが定員を超えた場合は抽選になるとのこと。

【市民優先枠 種目・定員】

  • 30km 900人(抽選)
  • 10km 600人(抽選)

市民優先枠のエントリー期間は7月15日(水)〜7月27日(月)。すでに開始しています。申込みはインターネットではなく、往復ハガキで受付。抽選結果の通知は8月7日(金)発送予定とのこと。

市民優先枠の申し込みは往復ハガキにて受け付けます。 往復ハガキに【往信裏】住所、氏名(フリガナ)、性別、年齢、電話番号、出場種目(30キロの部、10キロの部)、【返信表】出走者本人の住所、氏名を記入のうえ、 青梅マラソン大会事務局(〒198-0036東京都青梅市河辺町4-16-1 青梅市総合体育館内)へ送付してください。 募集期間7月15日(水)から27日(月)まで。(当日消印有効)

via: 事務局からのお知らせ|青梅マラソン

当選された方は入金手続きのために、一度、大会事務局へ行く必要があるようです。

【市民優先枠 当選者の入金手続き】

  1. 大会事務局にて、当選ハガキと引換えに「申込み要項」をもらう(8月28日(金)まで)
  2. 申込み要項に付属する郵便振替用紙で参加料を入金する(9月1日(火)〜9月7日(月)まで)

高低図・コースマップ(日本陸連公認)

30kmの部(日本陸連公認)

青梅マラソン コース高低図

青梅マラソン コースマップ
img via: マップ|青梅マラソン

青梅マラソンのコースは、30km・10kmともに日本陸連公認コース。せっかく走るなら、非公認よりもやっぱり公認がいいですよね。

川内優輝、青梅マラソンへの参戦を表明

今回の青梅マラソンには、あの川内優輝選手が参加を表明しています。7月5日(日)のゴールドコーストマラソンから帰国後に、「第1回大会(67年)が、私の誕生日と同じ3月5日に行われた縁もある。50回はぜひ走りたい」と、参戦の意思を明かしました。

関連記事 ゴールドコーストマラソン2015 結果(リザルト)川内優輝、出場

公務員ランナー川内優輝(28)=埼玉県庁=が7日、第50回の記念大会となる来年の青梅マラソン(16年2月21日、報知新聞社主催)に参戦することを明かした。

via: 【マラソン】公務員ランナー川内が青梅マラソンに参戦! : スポーツ : スポーツ報知

さらに川内優輝選手はリオ五輪代表レースについてもコメント。当初は「福岡国際マラソン」(2015年12月6日)に照準を合わせていましたが、なかなか調子が上がらないため「びわ湖毎日マラソン」(2016年3月6日)へ変更する可能性を明かしています。

※リオ五輪マラソン代表の選考基準は7月2日(木)に日本陸連から発表。複数の選考レースに出場した場合、2時間06分30秒の設定記録を突破しない限り、最初のレースを評価対象にするとのこと。

日本陸連は2日、2016年リオデジャネイロ五輪マラソン代表について、国内選考会で男子は2時間6分30秒、女子は2時間22分30秒の設定記録を突破した選手から1人を優先して選ぶなどとした選考基準を発表した。複数の選考会に挑戦した場合は設定記録に到達しない限り、最初のレースが評価対象となることも明文化した。

via: 【マラソン】五輪代表、設定記録の突破者選手から1人を優先して選出 : スポーツ : スポーツ報知

どの選考レースに出場するかは福岡国際の申込み時期の9月までに考えたいとのことですが、びわ湖を選んだとしたら、青梅マラソンはびわ湖へ向けての重要な調整レースとなり、ますます盛り上がりそうですね。やはり2016年2月21日(日)は京都よりも青梅マラソンを選ぶべきでしょうか。これは非常に悩ましいところです。

関連記事 京都マラソン2016 開催日発表。エントリー7月28日開始

追記

川内優輝選手は、9月20日(日)に南アフリカ・ケープタウンで開催された「ケープタウンマラソン2015」に出場。この大会で目標タイム2時間10分~12分台をクリアすることができず、「福岡国際」を回避して、「びわ湖」でリオ五輪代表の座を狙ってくる可能性が高くなりました。

関連記事 ケープタウンマラソン2015 結果(リザルト) 川内優輝、人生を左右する挑戦

「コースレコード賞」設置。瀬古利彦さん超えで賞金300万円!

2015.09.17 追記

第50回記念大会の男女「30kmの部」において、大会新記録を達成した日本人最上位の選手(男女それぞれ)に賞金200万円を授与する「コースレコード賞」の設置が、9月17日(木)に大会実行委員会から発表されました。

現在の青梅マラソン大会記録は以下の通り。この大会記録を更新すれば(かつ日本人トップであれば)賞金200万円が手に入ります。

【青梅マラソン 大会記録】

  • 【男子】1時間30分21秒(伊藤正樹 2013年)
  • 【女子】1時間39分09秒(野口みずき 2004年)

さらに男子の場合は、1991年(第15回大会)にオープン参加した瀬古利彦さんの参考記録1時間29分32秒も更新すれば賞金100万円を追加。つまり最大で300万円の賞金がゲットできます。

さすが第50回記念大会、何かやるとは思っていましたが本当にやってくれました。日本人ランナーの育成を目的として、この「コースレコード賞」を設けたようですね。何であれ賞金総額500万円(男子300万+女子200万)は非常にインパクトがあります。果たして、賞金200万円(あるいは300万円)を手中に収める選手は現れるのか? 第50回記念青梅マラソンからますます目が離せません!

青梅マラソンのエントリー、定員に達しました

2015.09.27 追記

2015年9月25日お昼12:00を迎え、第50回記念青梅マラソンのエントリー受付が開始。そして、3日間におよぶ激しいエントリー合戦を終え、青梅マラソンは30km・10kmともに定員締切りとなりました。おつかれさまでした。

青梅マラソン エントリー完了
img via: 第50回記念 青梅マラソン

エントリーに間に合わずくやし涙をのんだみなさん、まだ諦めないでください。まだ二次募集があるかもしれません。昨年は、「抽選方式」の二次エントリーが10月8日(水)午前9:00~10月9日(木)17:00で行われました(抽選結果 10月15日(水)発表)。今年もあるかもしれません。

関連記事  【第49回青梅マラソン】二次エントリー開始!10月8日(水)午前9:00より(抽選)。「京都マラソン」抽選結果のあとでも間に合います!

追記 二次募集あります。

第50回記念大会のエントリー二次募集を実施します。 種目は30キロの部、10キロの部(チーム戦は無し)。 ローソンDOスポーツからのインターネットエントリー のみとなります。 応募者の中から抽選で当選者を決定します。 募集期間 2015年10月14日(水)午前10時~16日(金)午後5時まで。

via: 青梅マラソン – Facebookページ

受付期間は10月14日(水)午前10:00~10月16日(金)17:00まで。二次募集の抽選結果は10月23日(金)発表予定。

スポンサーリンク

 

SNSシェアボタン

  • このエントリーをはてなブックマークに追加