【大阪30K 2015】エントリー完了。結果速報はランナーズアップデートで

スポンサーリンク

2015大阪30K(2015年10月3日)

大阪30K トップページ画像
img via: 大阪30K

ランナーズ30Kシリーズの「2015大阪30K」が2015年10月3日(土)に大阪・淀川河川公園で行われます。エントリー受付は6月22日(月)午前0:00より開始。すぐに定員が埋まってしまう大会ではありませんが、先着順ですのでエントリーはお早めに。

そして大阪30Kでは「ランナーズアップデート」を導入しています。大会当日の、結果速報の確認は「ランナーズアップデート」からどうぞ。

スポンサーリンク

今年は30km + 3時間

毎年、大阪マラソン2015(10月25日)の3週間前~1ヶ月前に開催され、大阪マラソンへ向けての脚づくりに、もはやこの大阪30Kは欠かせませんね。充実したフードサービスやキロ4分15秒~7分のペースメーカーが用意されていて、ひとりでは過酷な30km走も、みんなでわいわい楽しく走ることができます。

そして、今年の大阪30Kはちょっとすごいですよ。午前中の30kmレースの後に、午後からはなんと3時間走が行われます。両方ともにエントリーすることが可能なので(しかも、少しお得な参加料で) ウルトラマラソンランナーの方もいかがでしょうか。

フルマラソンの前に、長時間身体を動かす経験をしておこう

サブスリー(フルマラソン3時間以内)の人は別として、フルマラソンでは、4時間、5時間と身体を動かし続けます。レースの前にこの経験をしておくことが結果を出すポイントです。個人の走力や目指すレベルにもよりますが、大会の30日前前後の「3時間走」で長時間運動に身体を慣らしておくことが重要です。 (レース直前に行うと疲れが抜けないまま本番を迎えることになるので注意しましょう。)

via: 今年は「3時間走」の部を新設! | 大阪30K

種目・定員・参加料

2015大阪30Kの種目・定員・参加料は以下の通り。

種目 定員 参加料
30km 3,000人 6,500円
3時間走 2,000人 4,500円
30km + 3時間走 10,000円

前回(2014)は「30kmの部」のみでしたが、前述の通り今回は「3時間走」が新設されました。ちなみに、30kmの参加料は前回と変わらず6,500円。

大会スケジュール(予定)

【10月3日(土)】

  •   7:00 会場オープン
  •   9:00 30km スタート
  • 13:00 30km 終了
  • 14:00 3時間走 スタート
  • 17:00 3時間走 終了

コースマップ

大阪30K コースマップ
img via: コース&アクセス | 大阪30K

メイン会場の淀川河川公園が発着点。30kmの部は、豊里大橋と新十三大橋で折り返して、2周(2往復)するコースとなっています。

一方、3時間走の部は、淀川河川公園と新十三大橋の片道2.5kmをひたすら往復するコース。30kmの部と比べると短いですが、あまりコースを長くすると、競技終了の3時間を過ぎてから、すぐに戻って来られない場合がありますからね。時間走の場合は、このくらいがちょうど良いかもしれません。

会場アクセス(淀川河川公園)

メイン会場の淀川河川公園は、新大阪駅から電車1分の「西中島南方駅」で下車、そこから徒歩5分とアクセス良好です。新大阪駅からでも1.5kmほどしか離れていないようなので、歩いて行けますね。

ペースランナー決定

ランナーズ30Kシリーズの魅力といえば、正確なペースを刻んでくれるペースランナーの存在ですね。2015大阪30Kでは、4分15秒と4分30秒~7分00秒までの30秒ごとにペースランナーが配置されていて、みなさまの目標達成をお手伝いしてくれます。

そのペースランナーが大会サイトで発表されました。今年は昨年に続き、月刊ランナーズでもおなじみ「あすリードRC」代表の松井祥文さん。そして、チームスタッフの方々が担当されます。レース中のペースメイクだけでなく、給水の取り方、30K後の目標大会までの過ごし方など、様々なアドバイス・ステージイベントを用意しているとのこと。これは楽しみです。

追記 フル3時間30分を狙う人のために、今年は新たに4分45秒のペースランナーも登場します。まさに至れり尽くせり。

参加賞Tシャツのデザイン決定

追記

参加賞Tシャツのデザインが決定しました!袖には「Strive to the next level」の文字。意味は「次のレベルに向かって(に上がる)努力する」です。速乾性ロングスリーブですので、秋冬のマラソンシーズンに最適です!

Posted by 大阪30K on 2015年8月7日

参加賞Tシャツのデザインも発表されました。ランナーズ30K大会の長袖Tシャツはなかなかモノが良くて、普段の練習でもたくさん活用しています。

ちなみに以下の写真は、2014東京30K冬大会のTシャツ。黒は僕の好きな色なので、30K大会の中では一番のお気に入りです。

2014東京30K冬大会 参加賞Tシャツ

2014東京30K冬大会 参加賞Tシャツ

締切りまであと1週間。僕もエントリーしました

2015.08.10 追記

大阪30Kのエントリー受付は8月17日(月)まで。残り1週間に迫り、定員3,000人の「30kmの部」はエントリー数2,800人を突破。締切り間近ですので、エントリーはお早めに。

大阪30K エントリー完了画面

で、僕もエントリーしました。

最近はフトコロ事情が厳しいので、宿泊を必要とする遠方の大会は敬遠していましたが、記録を狙う本気レース「第1回さいたま国際マラソン」(11月15日)への脚づくりの一環として、思いきってエントリーしました。

関連記事 第1回さいたま国際マラソン エントリー開始。20分で定員締切り

「3時間走の部」とセットで走りたいところですけど、さすがにそれは身体が持ちそうにないので、「30kmの部」だけの申込み。エントリーしたからには、フトコロ事情がどうとかはあまり考えずに、しっかり楽しみますね。

大阪30Kには過去(2013)に一度エントリーしたことがありますが、台風で中止になりました。今回が初参加です。

宿泊ホテル「ホテルオークス新大阪」を予約

2015.08.10 追記

エントリーしたついでに、宿泊ホテルの予約もしておきました(もちろん、じゃらんnetでね)。新幹線など使えば、僕の自宅(愛知県西尾市)からでも日帰り参加は十分可能ですが、大会当日の朝はゆっくりのんびりしたいので、ホテルに前泊します。

予約した宿泊ホテルは「ホテルオークス新大阪 」。大会会場最寄り駅「地下鉄御堂筋線西中島南方駅」2番出口すぐ、「阪急南方駅」から徒歩1分、というアクセスの良さで選びました。

あと宿泊料金がとってもお手頃なのも選んだポイントです。「早割7日前・限定シングルB」プランで1泊2日わずか4,800円。

大阪30Kの場合、会場周りにお手頃な宿泊ホテルが充実しているのも嬉しいですね。大会規模もそこそこですので「ホテルが足りない!」という状況に陥ることも少なそうですし。

ということで、大阪30Kの宿泊ホテル予約は「じゃらんnet」からどうぞ。

移動手段はJR東海ツアーズ「ぷらっとこだま」

2015.08.10 追記

JR東海ツアーズ ぷらっとこだまの画像
img via: ぷらっとこだま|京都 旅行をはじめ新幹線のお得なツアーはJR東海ツアーズ

フトコロ事情が厳しい僕としては、マラソン大会の交通費も馬鹿になりません。場合によっては、マラソン参加費の何倍もかかることがありますよね。

少しでも交通費を抑えたいなら「格安の高速バス」という選択肢がありますが、今回は費用だけでなく時間もかけたくないので、東海道新幹線がおトクに乗れるJR東海ツアーズ「ぷらっとこだま」を利用しようと思っています。

ぷらっとこだま 名古屋発の料金

のぞみ・ひかりには乗れず「こだま」に限定されますが、名古屋-新大阪間は通常よりも往復4,000円以上おトクに(しかもドリンク1本引換券つき)。さらに移動時間は高速バスの半分以下(高速バスが3時間近くかかるのに対し、こだまは1時間ちょっと)。

大阪30Kに参加するなら「ぷらっとこだま」を使わない手はありませんね。交通費も移動時間もしっかり節約して、万全の状態で大阪30Kに臨みます。

ナンバーカードが到着。ランフォト2.0に登録しました

2015.09.18 追記

大阪30Kナンバーカードの画像

10月3日(土)の「大阪30K」まであと3週間に迫り、ナンバーカードと計測チップが手元に届きました。「ついに、いよいよか!」とテンション上がりますね。ドキドキしてきましたよ。

ちなみに参加案内は同封されていませんでした。大会サイトにPDFファイルが掲載されていますので、そこからダウンロードする形式のようです。さっそくダウンロードしておきました。

そして、ナンバーカードが届いたら、「ランフォト2.0」の登録を忘れてはいけませんね。ランフォト2.0とは、大会当日に撮影されたレース中の自分の写真が、自分のFacebookタイムラインへその日のうちに自動投稿される画期的な写真サービス(なんと無料)。

大阪30K ランフォト2.0のご案内

プロカメラマン撮影による自分の雄姿を、Facebook上の多くの友人に自分の雄姿を見てもらえるとなれば、ますますテンション上がりますね。僕の場合、友人は極めて数少ないのですが、自分自身への思い出としてもちろん登録しておきます。

登録方法は超簡単。以下の手順を踏んで、数十秒で完了です。

ランフォト2.0 登録手順

  1. 次のリンクへアクセス → ランフォト2.0 | 大阪30K秋大会
  2. 自分のナンバーカード番号を入力して、「次へ」をクリック
  3. 「Facebook へ」をクリックして、Facebookへログイン
  4. 投稿写真の公開範囲を選択して、「OK」をクリック
  5. あとは大会当日に、写真が自動的にアップされるの待つだけ

なお、ランフォト2.0は、ナンバーカードに印字されているバーコードで個人を識別しています。当日はバーコード部分が隠れてしまわないように気をつけましょう。

今回はナンバーカードの他に、胸や帽子など正面から見やすい位置に貼り付ける「バーコードシール」も同封されているとのこと。至れり尽くせりですね。あれ!? でも、見当たりません。開封した際にどこかへ飛んでいってしまったのかな? あとでよく探してみます。

結果・順位(ランナーズアップデート)

大阪30Kでは、結果速報をすぐに確認できる「ランナーズアップデート」を導入しています。ご自身の記録はもちろん、友人や気になるあのランナーはどうなったのか、結果速報の確認は以下の「ランナーズアップデート」からどうぞ。

僕の結果(リザルト)

追記

2015年10月3日(土)を迎え、「2015大阪30K」が無事開催されました。僕もしっかり走ってきました。僕の結果については、以下の記事をご覧ください。

関連記事 2015大阪30K秋大会 結果(リザルト)