日本版【GARMIN ForeAthlete 225J】8月24日(月)発売

スポンサーリンク

GARMIN ForeAthlete 225J(2015年8月24日発売)

garmin-foreathlete-225j-img-03
img via: 携帯用ハンディGPSナビゲーターのトップシェアを誇るGARMIN(ガーミン)の正規代理店いいよねっと ForeAthlete225J

心拍センサーを胸に着け外しするわずらわしさからこれで解放。光学式心拍センサー搭載のGSPランニングウォッチ「GARMIN ForeAthlete 225J」がまもなく発売されます。海外モデル(Forerunner 225)はすでに販売されていますが、日本版(ForeAthlete 225J)はいよいよ2015年8月24日(月)発売。待ちきれません!

心拍センサー内蔵モデルといえば、既存製品では「EPSON Wristable GPS SF-810 」や「SONY Smart B-Trainer 」などがありますけど、やっぱりGARMIN(ガーミン)しか考えられませんよね。

関連記事

スポンサーリンク

最大の特徴: 心拍センサー着け外しのわずらわしさから解放

Forerunner 225: Know Your Zone with Garmin

「GARMIN ForeAthlete 225J」の最大の特徴は、心拍センサーを胸に付け外しするわずらわしさから解放されること、これに尽きます。本体の裏側に光学式心拍センサーが搭載されていて、手首の血管にLEDを照射することで心拍の計測が可能。もう心拍センサーを別途用意する必要がなくなります。

厳密には計測するのは「心拍」ではなく「脈拍」ですが、不整脈・脈欠損がない限りほぼ「心拍数 = 脈拍数」とのこと。脈拍技術テクノロジーについては以下の動画をどうぞ。以下の動画はEPSON(エプソン)のものですが、GARMINでも同じような仕組みになっていると思います。

120670535675

僕も心拍トレーニングを行うことがありますけど、胸ベルトタイプの心拍センサーは装着したり外したりするのが本当に面倒くさいですよね。僕はとくに不器用で、装着に時間がかかることかかること。その間に走るモチベーションが落ちてしまい「今日の練習やーめた!」なんてこともよくあります。あと、心拍センサーは行方不明になりやすいので、探すのにも時間を取られてしまったり。

ForeAthlete 225Jがあれば、走り出す前に(心拍センサーの準備に時間を取られて)モチベーションが低下することもなくなりますね。準備や片付けの時間短縮にもつながり、人生の限られた時間を有効活用できること間違いなし。今使っているForeAthlete 620Jがまだまだ元気ですけど、ささっと買い替えてしまったほうが賢い選択かもしれません。

その他の特徴: FA220J + 心拍センサー + ライフログ機能

REVIEW – Garmin Forerunner 225 GPS Watch & Heart Rate Monitor – Best GPS Running Watch 2015

その他の特徴は、一日のステップ数や消費カロリーなどを計測する「ライフログ機能」が搭載されていること。前モデル「ForeAthlete 220J」と比較すると、ForeAthlete 225Jは「ForeAthlete 220J + 光学式心拍センサー + ライフログ機能」という感じでしょうか。

ForeAthlete 220Jに備わっている以下の特徴は、もちろんForeAthlete 225Jにもあります。

  • 見やすいカラーディスプレイ
  • 準天頂衛生みちびき対応GPSチップ
  • 加速度センサー(Gセンサー)内蔵
  • Live Track機能
  • スマートフォン経由でGARMIN Connectに走行データのアップロード

ForeAthlete 220Jよりはサイズ・重量が少しだけ大きくなっていますけど、心拍センサーが別途不要になるならこのくらいはOKです。なお、上位モデルForeAthlete 620Jに搭載されている「ランニングダイナミクス機能(ピッチ・上下動・設置時間の計測)」や「VO2Max(最大酸素摂取量)計測」は、さすがにForeAthlete 225Jにはありません。

関連記事 【GARMIN(ガーミン)ForeAthlete 620J】「ランニングダイナミクス」を使ってみた!ピッチ・上下動・接地時間を計測した。

ForeAthlete 225Jと220J 仕様比較

【本体仕様】

項目 ForeAthlete 225J ForeAthlete 220J
本体サイズ H 54.9mm
W 48mm
D 16mm
H 45mm
W 45mm
D 12mm
ディスプレイ カラー(低反射)
直径2.54cm(1インチ)
180×180ピクセル
カラー(低反射)
直径2.54cm(1インチ)
180×180ピクセル
重量 約54g 40.7g
バッテリータイプ 充電式リチウムイオン 充電式リチウムイオン
稼働時間 時計モード: 6週間
時計+ライフログ: 4週間
GPS+心拍: 10時間
時計モード:6週間
GPS: 10時間
防水性能 50m完全防水 50m完全防水
操作インタフェース 5ボタン 5ボタン
GPSチップ みちびき対応高感度 みちびき対応高感度
Gセンサー
電子コンパス × ×
気圧高度計 × ×
光学式心拍計

【トレーニング機能】

項目 ForeAthlete 225J ForeAthlete 220J
保存データ容量 約200時間 約1000ラップ
自動ポーズ
自動ラップ
自己ベスト
ペースアラート
バーチャルペーサー × ×
心拍ゾーンゲージ
カロリー計算
(心拍ベース)
消費カロリー
ワークアウト
VO2Max × ×
リカバリー
アドバイザリー
× ×
予想レースタイム × ×
ランニング
ダイナミクス
× ×
トレーニング効果 × ×

【ライフログ機能・その他】

項目 ForeAthlete 225J ForeAthlete 220J
ステップ数 ×
自動ゴール ×
ムーブバー ×
睡眠モニター ×
スクリーン
カスタマイズ
LiveTrack機能

ForeAthlete 920XTJや620Jとの仕様比較

ついでなので、上位モデルForeAthlete 920XTJや620Jとも仕様比較してみました。

【本体仕様】

項目 225J 920XTJ 620J
本体サイズ H 54.9mm
W 48mm
D 16mm
48mm
55mm
12.7mm
H 45mm
W 45mm
D 12.5mm
ディスプレイ カラー(低反射)
直径2.54cm(1インチ)
180×180ピクセル
カラー(低反射)
2.9×2.1cm
205×148ピクセル
カラー
直径2.54cm
180×180ピクセル
重量 約54g 約61g 43.6g
バッテリータイプ 充電式リチウムイオン 充電式リチウムイオン 充電式リチウムイオン
稼働時間 時計モード: 6週間
時計+ライフログ: 4週間
GPS+心拍: 10時間
時計: 4ヶ月
トレーニング: 22時間
ウルトラトラック: 38時間
時計: 6週間
GPS: 10時間
防水性能 50m完全防水 50m完全防水 50m完全防水
操作インタフェース 5ボタン 6ボタン 4ボタン
タッチパネル
GPSチップ みちびき対応高感度 みちびき/GLONASS
対応高感度
みちびき対応高感度
Gセンサー
電子コンパス × ×
気圧高度計 × ×
光学式心拍計 × ×

【トレーニング機能】

項目 225J 920XTJ 620J
保存データ容量 約200時間 約100時間 約200時間
自動ポーズ
自動ラップ
自己ベスト
ペースアラート
バーチャルペーサー ×
心拍ゾーンゲージ
カロリー計算
(心拍ベース)
消費カロリー
ワークアウト
VO2Max ×
リカバリー
アドバイザリー
×
予想レースタイム ×
ランニング
ダイナミクス
×
トレーニング効果 ×

【ライフログ機能・その他】

項目 225J 920XTJ 620J
ステップ数 ×
自動ゴール ×
ムーブバー ×
睡眠モニター ×
スクリーン
カスタマイズ
LiveTrack機能

関連記事

こうやって比較すると、最上位モデルのForeAthlete 920XTJは(光学式心拍センサー以外)全部入りで圧倒されます。でも、ForeAthlete 225Jも十分に魅力的。心拍センサー装着のわずらわしさから解放されるメリットがどれほど大きいことか計り知れません。

今使っているForeAthlete 620Jはまだまだ元気ですけど、普段のジョグやちょっとした心拍トレーニングの時はForeAthlete225Jで、レースやがっつりポイント練習でランニングダイナミクス(ピッチ・上下動・設置時間)を計測したい時はForeAthlete 620Jで、と使い分けるもアリかなと思うようになってきましたよ。予備として1本置いといてもいいですし、気分によって使い分けてもいいですし、飾ってうっとりするのもいいですし。GPSランニングウォッチは何本あっても困りませんね!? とりあえず1本いかがでしょうか。