【富山マラソン2015】エントリー開始日決定。通常枠は4月20日より先着順

スポンサーリンク

富山マラソン2015 (2015年11月1日)

富山マラソン2015 トップページ画像
img via: 富山マラソン2015 | 公式サイト

北陸新幹線の開業(2015年3月14日)を機に、2015年11月1日(日)に初開催される「富山マラソン2015」。エントリー開始日がついに決定しました。 先日に実施計画が発表され、4月下旬よりエントリーを開始することは知っていましたが、詳細については不明なままでした。しかしこの度、ついに具体的な開始日が発表されました。また、大会ゲストも発表されています。

スポンサーリンク

通常枠は4月20日(月)お昼12:00よりエントリー開始!

気になるエントリー開始日は以下の通り。富山県民先行枠と通常枠が用意されています。

【富山マラソン2015 エントリー開始日時】

  • 先行枠:4月1日(水)お昼12:00より開始
  • 通常枠:4月20日(月)お昼12:00より開始

通常枠は抽選の郵便振替(定員500人)が用意されていますが、ほとんどの方はRUNNET(ランネット)からのエントリーになると思います。

ランネットエントリーの場合はなんと先着順です。第1回大会でありながら(第1回大会だからこそ)すでに人気大会となっています。エントリーはあっという間に締切りになるかもしれません。お早めに。

ちなみに先行枠には、以下の3つが用意されています。対象となる方は先行枠でどうぞ!

名称 対象 エントリー方法 定員(先着)
富山県民枠 富山県民 ランネット 500人
富山マラソン応援枠 15,000円納付された方 ランネット 300人
国内ツアー枠 大会前後に宿泊される方 富山マラソンHP
(JTB、日本旅行)
500人

種目・定員・参加料

  • フルマラソン 10,000~12,000人(10,000円)
  • 車いす(10km)30人(3,000円)
  • 5km 1,000人(3,000円・高校1,500円)
  • 3km・2km 1,000人(3,000円・高校1,500円・中学小学1,000円)
toyama_marathon_20141207_02
img via: 富山マラソン2015 実施計画(PDF)

富山マラソン2015 種目・募集人員・エントリー期間
img via: 大会概要 | 富山マラソン2015

大会ゲストが発表。有森裕子さんと金哲彦さん

【2015.02.24 追記】

2015年2月24日(火)に大会ゲストが発表されました。ゲストはこのおふたり、有森裕子さんと金哲彦さんです。レースに出場するかどうかは今のところ不明ですが、一緒に走ることができると嬉しいですね。

有森裕子さんは、僕も出場した奈良マラソン2014(2014年12月14日)の時も大会ゲストとして招かれていました。レースを走ることはありませんでしたが、ランナーにひたすら声援を送っていました。その時のテンションがものすごかったのを覚えています。

コースの真ん中に立って、選手とハイタッチしたり、「ふぉー!ふぉー!」と本家HG以上に叫んでいましたっけ。その姿にはこちらもテンション上がり、すごく励まされました。あのテンションで声援を送り続けるのは、フルマラソンを一本走るよりもきっとキツいはずです。

今回の富山マラソン2015ではどんな有森裕子さんを見られるのか注目です。

11月1日(日)開催の「富山マラソン2015」の大会ゲストが決定しました!有森裕子さんと金哲彦さんです!!皆さんご存じかもしれませんが、有森裕子さんは、元プロマラソンランナーで、バルセロナ五輪で銀、アトランタ五輪で銅メダルを獲得されてい…

Posted by 富山マラソン実行委員会事務局 on 2015年2月23日

ゲストランナー・招待選手も発表。藤原新選手、野尻あずさ選手

【2015.04.08 追記】

そして、ゲストランナー・招待選手も発表されました。

富山マラソンのゲストランナー、招待選手が決定しました。ゲストランナーは、俳優、気象予報士の石原良純さんです!横浜マラソン2015ではサブ4を達成されています。招待選手は、プレ大会の盛り上げにもご協力いただいた藤原新さん、野尻あずささんで…

Posted by 富山マラソン実行委員会事務局 on 2015年4月6日

招待選手は、富山と縁の深い藤原新選手・野尻あずさ選手のおふたり。そしてゲストランナーは、3月15日(日)に初開催された「横浜マラソン2015」で、サブ4(4時間切り)を初めて達成された石原良純さんです(横浜マラソン2015のフルマラソンコースは、実は182.6m短かったですけど)。

記念すべき第1回大会の富山マラソン2015で、それぞれどんな走りを魅せてくれるのか楽しみですね。石原良純さんは、”公認コース”で今度こそ「真のサブ4」達成となるのか注目です。

【関連記事】

スポンサーリンク

SNSシェアボタン