【名古屋ウィメンズマラソン 2015】 大会結果。前田彩里が日本歴代8位の好タイム

スポンサーリンク

名古屋ウィメンズマラソン2015(2015年3月8日)

名古屋ウィメンズマラソン2015 トップページ画像
img via: 名古屋ウィメンズマラソン

女性だけのマラソン大会として世界一の規模(参加者)を誇り、世界陸上北京2015への最後の代表選考レースでもある名古屋ウィメンズマラソン2015が本日、2015年3月8日(日)に開催されました。大会の模様はフジテレビ系列で生中継されたので、ご覧になられた方も多く、結果もすでにご存知かと思います。

しかし僕は、名古屋ウィメンズの1時間後にスタートした名古屋シティマラソン2015で走っていたため、中継を観ることができませんでした。そして、結果も知りません。ということで、上位選手のみですが、記録・順位を掲載しておきます。今年の名古屋ウィメンズを制したのは誰なのか。そして、世界陸上の代表の行方は!?

関連記事 名古屋ウィメンズマラソン2015 海外・国内招待選手。木崎良子、早川英里、岩出玲亜らが出場

スポンサーリンク

上位選手の順位・記録

  1. 2:22:08 ユニスジェプキルイ・キルワ (バーレーン)
  2. 2:22:27 マリア・コノワロワ(ロシア)
  3. 2:22:48 前田 彩里(ダイハツ)
  4. 2:24:42 伊藤 舞 (大塚製薬)
  5. 2:28:09 竹中 理沙(資生堂)
  6. 2:28:19 野上 恵子 (十八銀行)
  7. 2:29:10 アンナ・インチェルティ(イタリア)
  8. 2:29:16 岩出 玲亜 (ノーリツ)
  9. 2:29:45 オレーナ・ブルコフスカ(ウクライナ)
  10. 2:30:21 早川 英里 (TOTO)
  11. 2:30:24 小田切 亜希 (満天屋)
  12. 2:30:52 井原 未帆 (清水化学)
  13. 2:31:15 渋井 陽子 (三井住友海上)
  14. 2:31:18 竹地 志帆 (ヤマダ電機)
  15. 2:31:23 高田 晴奈 (ヤマダ電機)
  16. 2:32:37 津崎 紀久代 (ノーリツ)
  17. 2:32:52 矢野 由佳 (キャノンAC九州)
  18. 2:34:35 田端 沙紀 (大塚製薬)
  19. 2:35:23 箱山 侑香 (ワコール)
  20. 2:35:28 アドリアナ・ダ・シルバ (ブラジル)
  21. 2:35:47 阿部 有香里 (しまむら)
  22. 2:36:10 竹村 理沙 (九電工)
  23. 2:36:32 坂本 喜子 (YWC)
  24. 2:37:09 藤田 真弓 (十八銀行)
  25. 2:38:55 折野 加奈 (三井住友海上)
  26. 2:40:30 黒木 沙也花 (九電工)
  27. 2:40:37 石本 里緒奈 (ノーリツ)
  28. 2:40:49 大江 茉莉香 (ヤマダ電機)
  29. 2:41:27 水口 侑子 (デンソー)
  30. 2:42:43 今野 まどか (新潟アルビレックスRC)
  31. 2:43:10 上谷田 愛美 (日立)
  32. 2:48:45 前田 恵子 (大阪学院大)
  33. 2:50:30 河合さおり (Honda-RC)
  34. 2:50:47 永田 幸栄 (ラフィネランニングスタイル)
  35. 2:51:16 田中 百子 (東京陸協)
  36. 2:51:30 井野 光子 (大阪陸協)
  37. 2:51:46 山﨑 祐佳 (小島プレス)
  38. 2:52:04 大久保 絵里 (ミキハウス)
  39. 2:52:42 河村 奈津紀 (トヨタスポーツマンク)
  40. 2:53:10 佐々木 寿子 (東京WINGS)
  41. 2:53:19 鈴木 遥 (ランビッツ)
  42. 2:53:45 吉松 千草 (熊本陸協)
  43. 2:53:45 田村 あすみ (関体協)
  44. 2:53:47 福田 美織子 (光市陸協)
  45. 2:53:58 馬渕 裕子 (関体協)
  46. 2:54:17 東 奈々 (大和走友会)
  47. 2:55:14 兼松 藍子 (Run up)
  48. 2:55:48 服部 淳美 (糟屋群陸協)
  49. 2:55:49 塚本 和美 (滋賀陸協)
  50. 2:55:56 久保田 文 (麦酒倶楽部)

ということで、今年のナゴヤウィメンズを制したのはユニスジェプキルイ・キルワ選手。2位のマリア・コノワロワ選手は、40代世界記録を大幅に更新しました。

追記

マリア・コノワロワ選手らロシアの5選手がドーピング違反で資格停止処分になったことが、2015年11月5日(木)、ロシア陸連より発表されました。マリア・コノワロワ選手は2年間の資格停止。2009年8月14日以降の記録抹消。「名古屋ウィメンズマラソン2015」での40代女子世界最高記録も取消しになります。(参考: コノワロワらが薬物違反で資格停止、昨年名古屋ウィメンズマラソンV ― スポニチ Sponichi Annex 陸上

日本人トップは前田彩里

そして日本人トップは、1月の大阪国際女子マラソンの初マラソンで、日本学生記録(2時間26分46秒)をマークしたばかりの前田彩里選手(ダイハツ)です。日本歴代8位の2時間22分48秒という好タイムで、世界陸上代表を有力にしました。日本人女子が23分を切ったのは8年ぶりとのことです。

【女子マラソン日本歴代十傑(2015年3月8日現在)】

  1. 2時間19分12秒 野口みずき ベルリン2005
  2. 2時間19分41秒 渋井陽子 ベルリン2004
  3. 2時間19分46秒 高橋尚子 ベルリン2001
  4. 2時間21分45秒 千葉真子 大阪国際2003
  5. 2時間21分51秒 坂本直子 大阪国際2003
  6. 2時間22分12秒 山口衛里 東京国際1999
  7. 2時間22分46秒 土佐礼子 ロンドン2002
  8. 2時間22分48秒 前田彩里 名古屋ウィメンズ2015
  9. 2時間22分56秒 弘山晴美 大阪国際2000
  10. 2時間23分23秒 重友梨佐 大阪国際2012

日本人2位の伊藤舞も、世界陸上の代表選考に

先日の全日本実業団 山口ハーフで1時間10分を切り、ハーフの自己ベストを更新したばかりの伊藤舞選手(大塚製薬)も、24分台の好タイムで日本人2位(全体4位)を決め、世界陸上の代表選考に名乗りをあげました。

日本人3位(全体5位)の竹中理沙選手は、今日が初マラソン。目標の2時間26分30秒切りは達成できませんでしたが、2時間28分09秒の構想を魅せてくれて、「きつくなってからも楽しく走ることができた。とても良い経験になった」と明るい表情で語ったようです。

名古屋ウィメンズマラソン2015 21.5kmの関門

昨年11月の横浜国際女子マラソン女子10代日本最高記録(2時間27分12秒)を樹立し、今回2度目のマラソン挑戦(20歳になって最初のフルマラソン)の岩出玲亜選手(ノーリツ)にも注目が集まっていましたが、今回は2分近くタイムを落として29分台の第8位。20km手前で先頭集団から離され、「最初から心と体がバラバラだった。理由は分らない」とのこと。

日本陸連ナショナルチームメンバーの早川英里選手(TOTO)は第10位。19回目のマラソン挑戦、ベテランの渋井陽子選手(三井住友海上)は2時間31分15秒の第13位で、「そろそろ限界か」と引退をほのめかしています。水口侑子選手(デンソー)は2時間41分27秒の第29位でした。

前田彩里のランナーズアップデート

ちなみに、前田彩里選手の5kmごとのラップタイムは、ランナーズアップデートによると以下の通りとなっています。いい走りしてますね。

距離 スプリット (ネットタイム) ラップ ペース
5km 00:16:51 (0:16:50) 0:16:50 3’22″/㎞
10km 00:33:32 (0:33:31) 0:16:41 3’20″/㎞
15km 00:50:32 (0:50:31) 0:17:00 3’24″/㎞
20km 01:07:30 (1:07:29) 0:16:58 3’23″/㎞
25km 01:24:16 (1:24:15) 0:16:46 3’21″/㎞
30km 01:41:10 (1:41:09) 0:16:54 3’22″/㎞
35km 01:58:17 (1:58:16) 0:17:07 3’25″/㎞
40km 02:15:31 (2:15:30) 0:17:14 3’26″/㎞
Finish 02:22:48 (2:22:47) 0:07:17 3’19″/㎞
 

世界陸上北京2015 代表の座の行方は!?

ナゴヤウィメンズマラソン2015が終わり、世界陸上北京2015の代表選考レースの結果がすべて出そろいました。各選考レースで、日本人上位を獲得した選手(代表選考の対象選手)は以下の通りです。この中から最大3名までが、世界陸上北京2015の代表選手に選ばれます。

前田彩里選手は今日の結果で、代表の座をほぼ確実にしたと思われますが、どの選手が選ばれるのか、選考の行方に注目です。

【世界陸上北京2015 代表選考】

代表枠は最大3人。横浜国際、大阪国際、名古屋ウィメンズの日本人上位3人と、2014年8月の北海道マラソンの日本人1位が選考対象となります。日本陸連が設定した2時間22分30秒をクリアした選手やナショナルチームのメンバーが優先的に選考。世界陸上で8位以内に入った日本人最上位選手は、リオ五輪2016の代表に内定します。

北海道マラソン

  • 2:30:26 (1位) 野尻 あずさ

横浜国際女子マラソン

  • 2:26:57 (1位) 田中 智美
  • 2:27:21 (3位) 岩出 玲亜
  • 2:28:54 (5位) 野尻 あずさ

大阪国際女子マラソン

  • 2:26:39 (3位) 重友 梨佐
  • 2:28:36 (4位) 渡邊 裕子
  • 2:29:08 (5位) 城戸 智恵子

名古屋ウィメンズマラソン

  • 2:22:48 (3位) 前田 彩里
  • 2:24:42 (4位) 伊藤 舞
  • 2:28:09 (5位) 竹中 理沙