【ゴールドコーストマラソン 2014】結果・速報(リザルト)川内優輝、出場

スポンサーリンク

ゴールドコースマラソン2014(2014年7月6日)

ゴールドコーストマラソン トップページ画像
img via: トップページ | ゴールドコーストマラソン2014 2014年7月5、6日開催

ゴールドコースマラソンの2014大会は、2014年7月5日(土)~6日(日)に開催されました。川内優輝選手や藤原新選手も出場。大会当日の様子は、Ustreamでインターネットライブ配信されていたので、僕も早起きして観戦していました。

川内優輝選手と藤原新選手は、どんな走りを魅せてくれたのか。ここからは、おふたりのゴールドコースマラソン2014での結果をチェックしていきます。

関連 【ゴールドコーストマラソン2014】日本時間7月6日朝6:20スタート!川内優輝選手、藤原新選手の走りが観られる!?デジタルライブ中継あります。

スポンサーリンク

2014 ゴールドコーストマラソン 結果・速報

2014 川内優輝の結果

2時間10分01秒の大会タイ記録で前回大会(2013)を制した川内優輝選手。今年の2014大会では、大会連覇はもちろん、大会記録更新の期待も掛かっています。そんな川内優輝選手の結果は、大会サイトでの速報結果によると以下の通りです。

ゴールドコーストマラソン2014 川内優輝選手のラップタイム・スプリットタイム
川内優輝選手のラップタイム・フィニッシュタイム

川内優輝選手の結果は、2時間11分25秒の第3位に終わりました。

川内優輝選手の姿を、途中から見失う

スタートしてから、しばらくの間は15ほどの先頭集団の真ん中あたりで、藤原新選手と並んで走っていました。しかし、スタートから50分ほど過ぎると、川内優輝選手は「あれ!?どこ行った?」な状態に。インターネット配信の映像が鮮明でないこともあり、その姿を見失いました。藤原新選手の姿は見えていましたけど…。

さらに、スタートから60分過ぎたあたりで、先頭集団がバラけて、トップ争いは4、5人に絞られます。その中には、日本人選手はもう見られません。

英語での実況であるため、僕には何言っているのか分かりません。そして、フルマラソンレースの途中で、先に行われたハーフマラソンの表彰式や大会紹介などが挟まれて、レース展開がよく分からなくなります。スタートから90分が経過する頃には、先頭集団のひとり(ケニアのSILAH KIPKEMBOI LIMO選手)が前に出て、独走体制なりました。

ちなみに、そのSILAH KIPKEMBOI LIMO選手は2時間09分15秒(映像で目視確認した記録)で優勝。サブ10を達成し大会新記録も樹立されたので、優勝賞金15,000豪ドル+大会記録更新5,000豪ドルの計20,000豪ドルを獲得しました。おめでとうございます。

川内優輝選手のラスト2.195kmは、どの選手よりも速かった

実況では、川内優輝選手の名前がいっぱい出ていましたが(英語のため、何を言っているのかは不明)、途中から画面に映ることがまったく無くなり、どうなっているのか分かりません。

しかし1位・2位の選手がゴールした後、突然、川内優輝選手が3番手でフィニッシュ地点に現れ、「おお、姿が消えていたのに、いつの間にかここまで巻き返していたのか。」と驚かされました。

最後の2.195kmは6分31秒で疾走。どの選手よりも速かったようですね。さすが川内優輝選手です。

でも、川内優輝選手は大会記録更新(サブ10)をきっと狙っていたでしょうから、今日の結果には満足できていないかもしれません。

2014 藤原新選手の結果

さて続いて、藤原選手の結果です。藤原新選手の結果は以下の通りです。

ゴールドコーストマラソン2014 藤原新選手のラップタイム・フィニッシュタイム
藤原新選手のラップタイム・フィニッシュタイム

藤原新選手の結果は、2時間25分11秒。スプリット・ラップタイムを見ると、25kmを過ぎた頃からキロ4分オーバーまで崩れてしまい大撃沈です(35km過ぎから少し持ち直していますが)。

藤原新は、リオ五輪が行われる2016年までの2年間という長いスパンでトレーニングプランを計画しています。今回の「ゴールドコーストマラソン」は、その2年間プランの最初のレースに過ぎません。きっとこれからです。

2014 女子の結果 加藤麻美、優勝

ちなみに、女子は日本人選手が1位・2位でフィニッシュ。加藤麻美選手が2時間28分51秒(自己ベスト)で優勝、新宅里香選手が2時間30分37秒(自己ベスト)で2位に輝きました。