【東京マラソン2014】結果一覧掲載!まだ観てないけど…。

スポンサーリンク

東京マラソン2014】(2014年2月23日開催)
公式サイト:東京マラソン 2014 | 東京がひとつになる日。

tokyo_marathon_20140218_01

東京マラソン2014」の結果(男子)をまとめてみました。

※ 僕は同日開催の「読売犬山ハーフマラソン」に参戦。
※ そのため、リアルタイムでは観られませんでした。ちなみに録画もまだ観ていません。

東京マラソン2014 男子成績一覧(20位まで)

  1. ディクソン・チュンバ (ケニア) 2:05:42(大会新)
  2. タデセ・トラ (エチオピア) 2:05:57(大会新)
  3. サミー・キトワラ (ケニア)  2:06:30(大会新)
  4. マイケル・キピエゴ  (ケニア)  2:06:58
  5. ピーター・ソメ (ケニア)  2:07:05
  6. ジョフリー・キプサング (ケニア)  2:07:37
  7. デレサ・チムサ (エチオピア)  2:07:40
  8. 松村 康平 (三菱重工長崎)  2:08:09
  9. 小林 光二 (SUBARU)  2:08:51
  10. アベル・キルイ (ケニア)  2:09:04
  11. 黒﨑 拓克 (コニカミノルタ)  2:09:07
  12. 酒井 将規 (九電工)  2:09:10
  13. 石川 末廣 (Honda)  2:09:29
  14. サイラス・ジュイ (日立物流)  2:09:35
  15. 宮脇 千博 (トヨタ自動車)  2:11:50
  16. アブデラヒム・ブーラムダン(モロッコ) 2:12:09
  17. 高田 千春 (JR東日本)  2:12:09
  18. 涌井 圭介 (ヤクルト)  2:12:12
  19. 佐藤 舜 (上武大学)  2:12:15
  20. 池田 泰仁 (NTT西日本)2:13:49

76.  藤原 新(ミキハウス)2:30:58

  • 2時間05分46秒の自己最速を持つディクソン・チェンバ(ケニア)が優勝。
  • 優勝タイムは2時間5分42秒の大会新記録。
  • 優勝賞金800万円。コースレコードのタイムボーナス300万円。副賞BMW。
  • 3位まで大会新を記録。
  • 7位までケニア・エチオピア勢が独占。

【東京マラソン】男女ともアフリカ勢が大会新で優勝

東京マラソン(23日、東京都庁~東京ビッグサイト=42・195キロ) 約3万6000人が参加して行われ、男子はディクソン・チュンバ(27)=ケニア=が2時間5分42秒、女子がティルフィ・ツェガエ(29)=エチオピア=が2時間22分23秒のともに大会新記録で初優勝した。

▶ 【東京マラソン】男女ともアフリカ勢が大会新で優勝:その他:スポーツ:スポーツ報知

日本勢(男子)はと言うと、

  • 松村康平(三菱重工長崎)が2時間08分09秒で日本人トップの8位。
  • 今回3回めのマラソン。自己最速を2分3秒更新。
  • 小林光二(SUBARU)が9位。
  • 黒崎拓克(コニカミノルタ)が11位。
  • 初マラソンの宮脇千博(トヨタ自動車)が15位。
  • 藤原新(ミキハウス)は2時間30分58秒の76位。
  • 日本人5人がサブ10(2時間10分以内)。

松村2時間8分台、5人が2時間10分切る アフリカ勢が上位席巻

世界最高峰シリーズ「ワールド・マラソン・メジャーズ」(WMM)に加入して2回目の開催となった東京マラソン(産経新聞社など共催)は23日、アジア大会(韓国・仁川)の男子代表選考会を兼ねて行われ、27歳の松村康平(三菱重工長崎)が自己記録を2分以上更新する2時間8分9秒で日本人トップの8位になり、代表入りが有力となった。

【東京マラソン】松村2時間8分台、5人が2時間10分切る アフリカ勢が上位席巻 – MSN産経ニュース

「つかめたものはある」76位藤原新

25キロ過ぎて失速した藤原。女性ランナーにも抜かれ、2時間30分58秒の記録にも「これが今の精一杯。体調が上がっていない中でベストは尽くせたし、つかめたものはある」。

【東京マラソン】「つかめたものはある」76位藤原新 – MSN産経ニュース

宮脇、ほろ苦初マラソン

初マラソンの宮脇は目標の2時間8分台に遠く及ばず、15位。「何もできなかった。悔しいというより、ふがいない」と唇をかんだ。

【東京マラソン】宮脇、ほろ苦初マラソン – MSN産経ニュース

(僕が)気になる藤原新選手のスプリットタイムは以下の通り。

tokyo_marathon_20140224_01

インフルエンザにかかり、十分な練習が積めず、体調も上がらないまま強行出場。

終盤のペースはキロ5分にまで落とされ、ものすごくキツかったに違いない(多分)。
それでも最後まで辞めずに、東京マラソン完走!

このスプリットタイムを見るだけで、なんか涙が出そうになります。
お疲れさまでした。次ですね!

女子の方は…。

  1. ティルフィ・ツェガエ(エチオピア)2:22:23(大会新)
  2. ベルハネ・ディババ(エチオピア)2:22:30(大会新)
  3. ルーシー・カブー (ケニア) 2:24:16(大会新)
  4. キャロライン・ロティチ  (ケニア)  2:24:35(大会新)
  5. ジャネット・ロノ (ケニア) 2:26:03
  6. アルビナ・マヨロワ (ロシア) 2:28:18
  7. 伊藤 舞 (大塚製薬) 2:28:36
  8. 新宅 里香 (しまむら) 2:31:15
  9. 上谷田 愛美 (日立)  2:31:34
  10. 吉冨 博子 (F-DREAM) 2:32:38
  11. 野尻 あずさ (ヒラツカ・リース) 2:33:39

85. 渋井 陽子(三井住友海上)3:11:05

東京マラソン:日本勢女子トップの伊藤7位

東京マラソンは23日、女子で日本勢トップの7位に入った伊藤舞(大塚製薬)だが、タイムは2時間28分36秒で「自己ベスト(2時間25分26秒)更新を達成できず悔しい」と声のトーンは上がらなかった。

東京マラソン:日本勢女子トップの伊藤7位 – 毎日新聞

伊藤、自己ベスト届かず「悔しい」 東京マラソン女子

女子で日本選手トップの7位となった伊藤舞(大塚製薬)に笑顔はなかった。「自己ベストを更新できる準備ができたと思っていたので悔しい」。

伊藤、自己ベスト届かず「悔しい」 東京マラソン女子:朝日新聞デジタル

吉冨、2年連続10位 東京マラソン女子

女子の吉冨博子(ファーストドリーム)が2時間32分38秒で、2年連続の10位でゴールテープを切った。故障明けで満足のいく練習ができなかった状態での結果に「10位以内には何としても入りたかった。現状では満足」と喜んだ。

吉冨、2年連続10位 東京マラソン・女子/佐賀新聞ニュース/The Saga Shimbun :佐賀のスポーツ

渋井陽子85位「何も言えない」

元日本記録保持者の渋井陽子(三井住友海上)は、3時間11分5秒の85位。序盤から先頭集団についていけず、ゴール後、肩にかけたタオルで涙を拭うと「残念な結果に終わってしまった」とつぶやいた。

【東京マラソン】渋井陽子85位「何も言えない」 – MSN産経ニュース

【東京マラソン】渋井、引退も 自己最悪85位

女子マラソンの前日本記録保持者の渋井陽子(34)=三井住友海上=は、序盤からレースについていけず、3時間11分5秒の85位と自己最低の結果に終わった。中盤からはジョギングのようなペースで、ラスト2・195キロは15分17秒もかかった。

▶ 【東京マラソン】渋井、引退も 自己最悪85位:その他:スポーツ:スポーツ報知

スポンサーリンク

 

SNSシェアボタン

  • このエントリーをはてなブックマークに追加