【GARMIN(ガーミン)ForeAthlete 620J】620J(毎秒)と610(毎秒)のGPS距離計測を比較した!

スポンサーリンク
スポンサーリンク

GARMIN(ガーミン) ForeAthlete 620J

620Jのデータ記録方法を「毎秒」にした!

昨日7月12日(土)の10km大会にて、「GARMIN(ガーミン) ForeAthlete 620J」のGPS距離計測を使ってみたところ、10kmコースで400mもの距離誤差が出ました。

GARMIN_20140712_01
(620J計測では9.6kmと400m短い。)

誤差が出るのは仕方がないとしても、さすがに10kmで400mもの誤差はいただけないです。

「もう少し精度が良くならないかな」と思い、データ記録方法(記録間隔)をデフォルト(初期状態)の「スマート」から「毎秒」に変更してみました。

【関連記事】

「毎秒」にすると、より正確なトレーニングデータを取得できる。その反面、「スマート」に比べて内蔵メモリーを消費してしまうとのことです。

620J(毎秒)と610(毎秒)のGPS距離計測を比較!

データ記録方法を「毎秒」に変更したことで、果たして精度が良くなるのか。今日の練習で試してみました。

とは言え、距離表示のあるコースが近くにないので、とりあえず前モデル「GARMIN(ガーミン) ForeAthlete 610 」と比較してみます。610の方も「毎秒」にして計測します。

20140712_235712112_iOS
こんな風に、610(左)と620(右)を左腕に装着して、同時に計測してみました。

さすがに2つも着けると、左腕がお、重…!?

重くない!全然まったく重くない!

610の重量は約72gもあるのに対し、620Jはわずか約43g!!これは軽すぎですね。あまりに軽すぎて、GARMINをひとつしか装着していないような感覚です!?

ちなみに、「GARMIN(ガーミン) ForeAthlete220J 」はさらに軽い約40g!

結果!約16km走って220mの差!

で、結果です。適当なコースを80分、約16km走って220メートルほどの差が出ましたよ。

  • 610は16.13km
  • 620Jは15.91km

620Jの方が約220mほど短く計測されました。どちらが実際の距離に近いのか分かりませんが、同じメーカーのGPSランニングウォッチで、思っていた以上に差が出ましたね。(jogペースだと、1kmごとのラップで5秒~10秒以上の差。)

僕の610は、実際の距離より少し長く計測される傾向があるので(20kmで200~300mは長くなる)、620Jの方が案外いい線いっているのかも!?と期待しますが…。

GARMIN_20140713_07_610
↑610での計測

GARMIN_20140713_07_620j
↑620Jでの計測

地図上の走行軌跡も比較!

地図上の走行軌跡も比較してみました。これはどっこいどっこいかな。

周回コースをぐるぐる周ったところ、610の軌跡の方がズレが少ない感じですが(620Jは同じコースなのに、軌跡が少しバラけている)。

昨日の「庄内緑地公園・サイクリングロード(外周)」の比較ほど大きな差はありません。610でも620Jと同じような具合で、走行軌跡が地図上の本来のコースから外れている部分はいっぱい見られました。

GARMIN_20140713_08_610
↑610での計測

GARMIN_20140713_08_620j
↑620Jでの計測

次回は距離の分かるコースで測る!西尾市八ツ面山!

とりあえず610と比較してみましたが…。

620Jを「毎秒」に変更して距離計測の精度があがったのかどうか。結局のところ、全然分かりませんでした。やはり距離の分かるコースで測ってみないとダメですね。

次は距離表示のあるコースで試してみることにします。

yatsuomoteyama_20131220_ 028

近場(愛知県西尾市内)で距離表示のあるコースといえば…。西尾市が誇る名山「八ツ面山」ですね!標高なんと67メートル。

1周1500メートルの遊歩道があり、100メートルごとに小さな距離表示があったはず。近いうちにそこで計測してきますね。

yatsuomoteyama_20131220_ 012

【関連記事】COOLPIX S01で撮影しました。西尾市八ツ面山(愛知県)からの景気。

スポンサーリンク

SNSシェアボタン