「2013北海道マラソン」で走ってきました!!

スポンサーリンク

(すでに2日以上経過して今更という感じですが、改めて…)
「2013北海道マラソン」で走ってきました!!

20130825_06_edited

先のエントリでも報告した通り、タイムは
グロスで2時間59分10秒、
ネットは2時間59分01秒
無事完走することができました。

20130825_04_edited

20130825_00

ガーミン FA610での
ラップタイム、心拍計測は以下の通り。

(※2km付近で何故かGPS信号ロスト、
10km~11kmはトンネル内走行によりGPS信号ロスト。
そのため、ラップタイムがおかしな事になっています。)

20130825_09

20130825_10

全体的には、だいたいイーブンペースで走れました。
ペースはそれほど上がっていなくても、
後半の心拍数は160bpm強まで上がっていますね。
体温上昇や発汗による血液量減少などの要因も
あるのだと思います。面白い。

今回の目標であった
30km地点までしっかり抑えて走る。
最後までペースを落とさずに走る。
を達成することができ、とりあえず満足しています。

何より、大きなダメージや故障なく
無事に生きて完走することができて良かったです!

20130825_02_edited

レース内容を振り返ろうと思いますが、
実はもうあまり覚えていません。

呼吸や走りのリズムをしっかり抑えめに
一定で刻むことばかりに一生懸命だったので
どこをどう走ったのか、どう感じたのか記憶にございません。

でも、頑張って思い出してみよう。

北海道マラソン当日。
雨の予報が出ていましたが、
快晴に恵まれ、しかもかなり涼しく感じました。

20130825_01_edited

それでもスタート時の気温は26.5℃、
最高気温は29.0℃に達したようで
フルマラソンを走るには厳しい気象条件。

しかし、連日35℃以上の猛暑を
過ごしてきたためか、とても涼しく感じます。
例年通りなら今日よりずっと暑いので、ツイていましたね。

ランニングキャップやネッククーラーは着けず
ランパン・ランシャツ、サングラスのみで挑みました。

30km地点までは心拍数を145bpmくらい
(上がっても150bpmまで)に抑えて走ることを
意識していましたが、
スタート直後からガーミンに表示される心拍数と
にらめっこするのは疲れてしまいそう。

なので、最初の3kmは、
雰囲気に慣れることと身体をほぐす意味も含め
周りの流れに沿って走りました。
ペースが速くても遅くても、心拍数が高くても低くても気にしない。
ただし、無茶に速くすることはしない。
気持よくリラックスできるくらいで。

3km地点を過ぎてからは、
心拍数を確認しながら進んでいきます。
気温が高くなかったためか、4’15"/kmより速くても
25km地点あたりまでは平均心拍150bpmいかないくらい。

序盤から
"よし!このペース(4’15"/km~)で30km地点まで行くぞ!"
という意識では30kmまで長すぎて途中でダレてしまいそう。

そこで、まずは10km地点までしっかり。
次に20km地点、そして30km地点、と10kmごとに分割し、
あと9km、あと8km…と1km毎にカウントダウンしてました。
そう考えた方が心理的な負担が軽そうだったので。

給水ポイントでは、体温をあげないようにするため
全身に水をバッシャバッシャかけていました。

この給水ポイントがすんごく長い!
1箇所につき200m近く続いていたんじゃないでしょうか(もっと?)。
走りながら紙コップを取っても取っても、まだまだ続く!
こりゃすげー!!と感動しました。
おかげで十分に身体を冷やすことが出来ました。
ありがとうございます!

(水をかけすぎて、ランニングシューズまでビショビショになり、
走りにくかった場面がありましたけど、いい思い出です。)

17kmあたりで左肩が痛みはじめました。
肩が痛くなるのは練習でも経験済み。
前腕を下げて、ぶらぶら気味にすると
痛みがやわらぐのでそうしました。
少し走りにくいですが、痛みをひどくするよりはマシです。
(その肩の痛みも、終盤には気にならないほどになりました。)

その後、折り返しで戻ってくるランナーや
折り返しへ向かうランナーとすれ違いながら
ひたすら淡々と走ります。

30km地点に到達。
ここで自問してみる。

"残り12.195km、行けるか?"
"全然行けます!"

左肩は痛いし、脚や腰はかなり疲労していてキツいことはキツい。
そこからガーッとペースアップできる感じでもありませんでした。

でも、心肺や気持ちには、自分でも驚くほど余裕がある。
今のペースで行けば、十分完走できそうだし
ゴールが近づけばペースは自然に上がるかもしれない。
そう思い、とりあえずその状態を維持して走り続けました。

ここで初フルマラソン(2012年3月の板橋Cityマラソン)を
思い出す。

あの時は28kmくらいからもうひぃひぃで、
36km付近の給食、シャーベットを食べたあと、
"さあ、行くぞ!"と気合を入れたのに急に脚が動かなくなり
終盤は走ってんだか、歩いているんだかのボロボロな状態で
かろうじて完走…。

あの時に比べたら、今は嘘のように楽です。
今日の体調がすこぶる良いこともあるのだろうけど
少しはマラソンランナーとして成長できていることを
実感しました。
僕でもやればできるじゃん。的な感じで。

で、40km地点あたりで突然の土砂降りです。
少し前までは快晴だったのに、ひどい雨。

この雨の影響を受けたランナーは多いと思いますが
僕の場合、身体が程よく冷やされて元気になりました!

"恵みの雨だ!行ったろー!"
"でも、この雨が続くと完走後にもらう完走証や荷物が
ずぶ濡れになるなぁ…。どうしよう。折りたたみ傘で間に合うかな。"
そんなことを考えながら。
(完走後、ほどなくして雨はあがり濡れずに済みました。)

最終関門の41.6km地点を通過。
これが北海道マラソン最後の600mだ!
残った力を振り絞ります。

大雨で視界がかすみ、
フィニッシュゲートがなかなか見えてこない。
ラスト600mはそれまでのどの600mより
長く感じましたが、無事にゴールに到着!

"終わったー!長かったー!でも短かったー!"
フィニッシュ地点の時計を見て、"あ、3時間切れた。"
で、僕の「2013北海道マラソン」は終わりました。

スポンサーリンク

 

SNSシェアボタン

  • このエントリーをはてなブックマークに追加