【リトライ東京 ハーフ&10km】僕の結果。初めての雨天レース。

スポンサーリンク

リトライ東京 ハーフ&10km(2012年4月14日)

リトライ東京 ハーフ&10km 大会会場

雨が降りしきり、もう4月中旬だというのに凍えそうなほどの寒さのなか、都立大島小松川公園で開催された「リトライ東京・ハーフ&10km」で走ってきました。僕の結果を掲載します。

スポンサーリンク

僕の結果 ハーフ1時間23分57秒

僕の結果は、手元の時計でハーフ1時間23分57秒。

タイムはかなり微妙ですが、実はコレは初めての雨天レース。「初雨天レースのわりには、まあまあの結果だった。」と思うことにします。

1kmごとのペース・ラップタイムは以下の通りです。

ペース・ラップタイム

20120414_run

スタート前は、雨と寒さで身体がガチガチに凍えていました。「こんなひどいコンディションで果たして走れるのだろうか…」と思っていましたが、走ってみると意外とやれてしまうものですね。。

暖かくなってきた4月だから、この程度で済んだのかもしれません。これが1月、2月だったらと思うとゾッとします。低体温症とかになったりして…。(ちなみに、今日は2月下旬並の気温だったらしいですよ。)

 スタート前から、あまりの寒さで瀕死でした

スタート前やレース中の状況を少し詳しく書いておきます。

東京は昨日の夜からずっと雨で、翌日の今日になっても(そして今も)降り続いていました。

(リトライ東京に参加するほとんどの人と同様に)天気予報が外れて、雨が止むことを願っていましたが、その願いは叶わず。朝起きた時に、外から聞こえてくる雨音で、テンションはもうガタ落ちです。

リトライ東京 ハーフ&10km 大会当日のコース

「こんな雨の中を走るのか…。」

大会へ行くのが本当に憂鬱に感じました。もう行くのは止めにしたかったのですけど、それでも「雨の中でのレースは、きっと貴重な経験になる」と自分に言い聞かせ会場へ向かいます。

20120413_234106000_iOS

スタート前のスタート地点で待機する頃には、来たことを本気で後悔しましたよ。

雨でずぶ濡れになるわ、寒さで身体は芯から冷えてしまいガクガクブルブル凍えるわ。動いても全然温まらないので、ウォームアップも全く意味がありません。あまりに寒すぎて、かえって身体を動かす気にもなりません。ただただ震えているだけです。

もうね、走る前から、なんか瀕死の状態です。

いつも半袖のランニングシャツとランパンでレースに臨んでいるので、今回もそうしたのですが、せめて帽子やグローブ、アームカバーあたりは用意しておけば良かったと思います。

おまけに尿意まで催す始末。 スタート直前にものすごくトイレへ行きたくなりましたが、スタートまで時間がないのでそのまま我慢して出発しました。

レースの途中でトイレへ寄るようなことはしたくなかったので(そもそもトイレが見当たらない)、完走までの1時間23分もの間、ずーっと我慢していました。辛かったです。

レース内容について

今日は1時間20分切りを目標にしていましたが、あまりの寒さでペースを気にする余裕は一切ありません。凍えて身体が思うように動かず、一歩一歩走ることだけでもう精一杯。途中から気持ちを切り替えて「遅くてもいいから、完走することに集中しよう」と決めていました。

リトライ東京 ハーフ&10km スタート前

10km過ぎたあたりで、身体が温まってきたのか走りに余裕が出てきました。次第に寒さが和らいでいき、雨もほとんど気にならなくなった(尿意は相変わらず厳しかったですけど。)

結果を見れば、今日のペースはそれほど速くありませんでしたが、最後までペースを落とさず走り切れたことは、僕にとっては大きいです。

ハーフマラソンを走るといつも、17km過ぎたあたりからガクッとペースが落ちますけど、 
今回はそれがありませんでした(前半抑えめに入ったおかげかな)。

また、レースによるダメージもほどんど無い感じです。今すぐにでも練習を再開できそうなくらい元気いっぱい。走る前から瀕死な状態で、あまりガツンと行かなかった分、スタミナを温存できたのでしょうかね。

次は「高橋尚子杯ぎふ清流ハーフマラソン」

次のレースは5月20日(日)に岐阜で開催される「高橋尚子杯ぎふ清流ハーフマラソン」。 ぎふ清流ハーフで良い記録が出せるように、明日からしっかりトレーニングを積んでいきます。

スポンサーリンク

 

SNSシェアボタン

  • このエントリーをはてなブックマークに追加