【川内優輝】「第33回北方領土ノサップ岬マラソン大会」に招待選手として参戦!

スポンサーリンク

川内優輝選手が「第33回北方領土ノサップ岬マラソン大会」(8月17日(日)開催)に招待選手として参戦することが決まったようです。参加種目はハーフか10kmか書かれていませんが、川内優輝選手のことなので、きっとハーフだと思います。

ノサップマラソン 招待選手に川内さん/根室

北方領土ノサップ岬マラソン大会実行委員会(実行委員長・石垣雅敏根室市副市長)が9日、根室市役所で開かれ、33回目となる今年の大会を8月17日と決めた。招待選手には、最強の市民ランナーと言われる埼玉県庁の川内優輝さん(27)が決定。

釧路新聞~釧路と根室地域のニュースをお届けするウェブサイト!~

今秋のアジア大会(10/3)へ向けて、夏レースの予定もぼちぼち決まってくる頃かな。

川内優輝選手の参戦予定レース一覧(3/2~)!
正確な情報か怪しいのもありますので注意!)

  • 3/2 びわ湖毎日マラソン(フル) ▶結果 2:10:38
  • 3/9 名古屋シティマラソン(ハーフ) ▶結果 1:04:17
  • 3/16 さいたまシティマラソン(ハーフ)→藤原新選手も3kmの部で登場! ▶結果 1:04:49
  • 3/23 小郡ロードレース大会(ハーフ) ▶結果 1:05:21
  • 3/30 仁川国際マラソン(韓国、ハーフ)▶結果 1:06:04
  • 4/6  さが桜マラソン(フル) ▶結果 2:13:02
  • 4/13 (?)本庄早稲田の杜 クロスカントリー&ハーフマラソン大会
  • 4/20 とくしまマラソン(フル)
  • 4/27 (魚津しんきろうマラソンに来てくれると嬉しいな)
  • 5/4 ハンブルクマラソン(ドイツ、フル)→元世界記録保持者ハイレ・ゲブレシラシエ選手も参戦
  • 5/11 仙台国際ハーフマラソン(ハーフ)
  • 5/18 高橋尚子杯ぎふ清流マラソン(ハーフ)
  • 5/25 (黒部名水マラソンに来てくれると嬉しいな)
  • 6/1 千歳JAL国際マラソン(フル)
  • 6/8 秩父宮記念ミューズの森チャレンジロードレース大会
  • 6/15 隠岐の島ウルトラ(50キロ)
  • 7/6 ゴールドコーストマラソン
  • 8/17 第33回北方領土ノサップ岬マラソン(ハーフ?)
  • 9/19~ アジア競技大会(男子マラソンは10/3開催)
  • 10/19 ちばアクアラインマラソン2014(ハーフ)

20130824_074820087_iOS

スポンサーリンク

◆ 北方領土ノサップ岬マラソン大会について

川内優輝選手を招待選手に迎える「北方領土ノサップ岬マラソン」。どんな大会なのかなと、少し調べてみました。今年(第33回大会)のWebサイトはまだ用意されていないので、前回大会などを参考にしています。

大会目的

北方領土ノサップ岬マラソン大会は、マラソンを通じ、北方領土問題について皆さんのご理解と関心をいっそう深めていただこうという目的で開催されています。

参考: 根室市役所 [ 【領土対策】ノサップ岬マラソン大会 ]
(※Webサイトの更新が第30回大会で止まってる…。)

種目・参加費は

  • ハーフ(3,000円。高校以下1,000円)
  • 10km(3,000円。高校生以下1,000円)
  • 3.7km(1,300円。高校生以下300円)

長い距離のマラソン大会が少なくなる8月にハーフマラソンがあるのはいいですね!…と思いますが、真夏の暑さの中では、僕はきっとまともに走れない。

第30回大会からは、コースは陸連未公認コースとなっているようです。それでも、登録の部があるのは何だろう?スタートブロックの整列で、登録者を優先させるためなのかな。

コースマップ・会場

nosappumisaki_20140410_01
参考: 第32回北方領土ノサップ岬マラソン 参加の手引き(PDF)

コースマップは上図の通り。
特徴は「太平洋を見ながら壮大な北の大地を走る高低差の大きい過酷なレース」。給水5km毎。距離表示も5km毎。残り5kmからは1km毎表示。

参考:第32回北方領土ノサップ岬マラソン – RUNNET

種目ごとにスタート地点が異なるみたい。ハーフスタート地点の付近になる「納沙布岬」。どんなところなのでしょう。フィニッシュ地点は全種目同じ「根室市役所前」とのこと。

Google Mapsで「根室市役所前」場所を調べると…北海道の端っこですね(東側)!「ノサップ岬」は先端!ちょっとテンション上がりました。根室駅から徒歩5分。その根室駅へはどう行くのが便利なのだろう。

参加人数

参加人数は毎年500人~700人とのこと。規模はそれほど大きくないですね。前回は608人で内訳は

  • ハーフ:292人
  • 10km:238人
  • 3.7km:78人

招待選手として、川内優輝選手の参戦が決まり、今年の参加人数はどうなるでしょうね。増えるかな。

エントリー開始時期

エントリーは6月頃の開始と思われます。参加しようかどうか、悩める時間はまだありますね。

[参考]