【川内優輝】入庁6年めで初異動。第1希望の久喜高へ。

スポンサーリンク

第5回穂の国・豊橋ハーフマラソン 大会会場

本日2014年3月30日(日)は愛知・豊橋で「第5回穂の国・豊橋ハーフマラソン」が開催。警報が発令するほどの激しい雨に降られ、そして強風に吹かれ、僕たちが穂の国・豊橋ハーフで「ひぃ、ひぃ」している頃、お隣・韓国では「仁川国際ハーフマラソン」が行われました。

この仁川国際ハーフマラソンには、川内優輝選手が出場しています。果たして、川内優輝選手の結果はどうだったのか!? その結果は…ネット上で情報が見当たりませんので、まだ分かりませんが、川内優輝選手に関する重大ニュースが発表されているの見つけました。

スポンサーリンク

川内優輝選手、県立県立久喜高定時制へ異動

穂の国・豊橋ハーフマラソン 大会会場の桜祭り

川内優輝選手は、4月1日付で県立春日部高定時制から県立久喜高定時制へ異動するとのことです。昨年の異動希望時期に、異動先の第1希望として久喜高を挙げており、その希望がかなう形となりました。

「川内優輝選手といえば、春日部高校。 春日部高校といえば、川内優輝選手。」 そのイメージをずっと持ってきましたけど、来月からはその認識を「久喜高校」に改めなければならないようですね。

ちなみに、異動先の久喜高でのお仕事は、これまでと変わらない事務職です。久喜高は、春日部高よりも川内選手の自宅から近くて、通勤時間が減ります。勤務先が近くなる分、練習に集中できるなどメリットは大きいようですね。 環境が変わって大変だなと思いましたが、川内優輝選手にとっては、より快適な環境となるようです。

異動について、川内優輝選手も以下のようにコメントしています。よかったです。

環境は変わらないようです。 (16週連続出場の)レースも予定通り走れます。

川内「第1希望」のラン通勤圏に異動

公務員ランナーに絶好の競技環境が整った。今秋アジア大会(9月19日開幕、仁川=韓国)陸上男子マラソン代表の川内優輝(27=埼玉県庁)が、4月1日付で県立春日部高定時制から県立久喜高定時制に異動することを29日、埼玉県教育委員会が発表した。

via: 川内「第1希望」のラン通勤圏に異動 – 陸上ニュース : nikkansports.com

スポンサーリンク

SNSシェアボタン