【OSAKA淀川ウルトラマラソン2015】大会サイト開設。エントリーは明日から

スポンサーリンク

OSAKA淀川ウルトラマラソン2015(2015年3月29日)

osaka_yodogawa_ultra_20141127_01
img via: OSAKA淀川ウルトラマラソン2015 | JTB スポーツステーション

市民マラソン界のGoogle、Appleとも言えるランニング番組 NHK BS1「ラン×スマ」。そのランスマのなかで、中村優ちゃんが「サロマ湖100kmウルトラマラソン」を見事に完走を果たした姿に魅せられ、「ウルトラマラソン」の人気は確実に高まっています。

【関連記事】【ラン×スマ】8/9(土)中村優ちゃんの「サロマ湖100kmウルトラマラソン」後編!結果・ラップタイム有ります。

それにも関わらず、ウルトラマラソンの大会数は全国的にまだ十分ではありません(全国で12ヶ所らしい)。そこで、100kmウルトラマラソン「OSAKA淀川ウルトラマラソン2015」を2015年3月29日(日)に大阪・淀川で初開催します、という情報は、「産経WEST」のニュース記事などで存じておりました。

【関連記事】 【OSAKA淀川ウルトラマラソン2015】大阪初のウルトラマラソン。2015年3月29日(日)開催!国内最大規模の参加人数4,000人。

しかし公式大会サイトは見当たらず。大会要項はどうなっているのか、エントリー開始日はいつなのか、と悶々した日々を送っていましたが、昨日ついに、大会サイトが開設されました

スポンサーリンク

いきなり大会サイト開設。もう明日エントリー開始です

そして、昨日大会サイトが開設されたばかりですが、エントリー受付はもう明日から始まります。エントリー受付は、明日11月28日(金)午前10:00より開始。なんだか、いきなりですね。ここにきて怒涛の急展開を見せ始めました。

エントリーは先着順です。数少ない100kmウルトラマラソン、しかも記念すべき第1回大会ということで、すぐに定員に達してしまうかもしれません。エントリーはお早めに。

種目・定員・参加料

  • 100km 2,000人(16,000円)制限時間13.5時間
  •   70km 1,000人(11,000円)制限時間10時間
  •   50km 1,000人(  8,000円)制限時間7.5時間
osaka_yodogawa_ultra_20141127_02
img via: OSAKA淀川ウルトラマラソン(PDF)

大会の特徴・ランナーに嬉しいポイント

  1. かつて京都-大阪の舟運により栄えた淀川の右・左岸の河川敷を走行できる
  2. 大会当日早朝、京阪電車「淀川ウルトラマラソン号」(淀屋橋駅発臨時列車)運行(※100km参加者専用)
  3. 各年齢男女優勝者には「臨時列車オリジナルヘッドプレート」をプレゼント!
  4. 充実したエイドステーション(食の大阪にふさわしく、うどん・カステラ・ラーメンなど)
  5. 普段立ち入りできない「淀川大堰(よどがわおおぜき)」を往復通行できる
  6. 参加賞としてオリジナルTシャツ・オリジナル記念メダルをプレゼント!
osaka_yodogawa_ultra_20141127_03
img via:「OSAKA淀川ウルトラマラソン2015」大会パンフレット(PDF)

コース

淀川に沿って、ひさすら真っ直ぐ往復するコースのようですね。日頃の悩みなんて忘れて、とにかく走ることだけに没頭できそうです。

osaka_yodogawa_ultra_20141127_04
img via: OSAKA淀川ウルトラマラソン2015 | JTB スポーツステーション

ウルトラマラソン用のGPSランニングウォッチも忘れずに!

長時間のウルトラマラソンを走るなら、長時間バッテリーが持つGPSランニングウォッチの用意をお忘れなく(GPS稼働10時間ほどのGARMIN FA620j・220jでは最後まで持たないかもしれません)。

発売されたばかりの「GARMIN ForeAthlete 920XTJ」なら、GPS稼働時間は20時間以上。制限時間13.5時間の、OSAKA淀川ウルトラマラソンにも耐えられます。