【2014 ニューヨークシティマラソン】今年も参戦!川内優輝選手、今井正人選手。

スポンサーリンク

2014 TCS New York City Marathon(ニューヨークシティマラソン)(2014年11月2日)

tcs_new_york_city_marathon_20140912_01
img via: NYC Marathon

 2014年11月2日(日)開催の2014年11月2日(日)開催の「2014 TCS New York City Marathon(ニューヨークシティマラソン)」。昨年に続き、今年も川内優輝選手、今井正人選手が参戦します!

New York Road Runners」に出場選手が紹介されていて、川内優輝選手、今井正人選手の名前が掲載されていました。

スポンサーリンク

前回(2013大会)の結果!

前回(2013大会)の結果は

  • 今井正人選手: 2時間10分45秒(6位)
  • 川内優輝選手: 2時間12分29秒(11位)

以下の関連記事から2013大会の動画(YouTube)を観ることができます。

【関連記事】YouTubeで「New York City Marathon 2013」を観ました!!すんごい!

川内優輝選手は6位以内、最低でも10位以内を目指していましたが、目標順位を達成することはできず。レース後のインタビューでは以下のように語っています。

” I thought that even in a worst-case scenario I would make the top ten, so it’s very disappointing that I couldn’t stay with Meucci and ended up 11th. 

If I had been able to run a race like Imai did, steady after 25 km and moving up late in the race, it would have been a much better result.”

japan running news: ING New York City Marathon – Japanese Results

それでも、初めての「ニューヨークシティマラソン」で、学んだことは多かったようです。「2010年大会の藤原新選手よりも良い結果でした(ははは)」とのこと。

(※藤原新選手は2010年大会に出場し、結果はDNF(途中棄権)でした。)

“But, this was my first time racing in the U.S. and in a race of this level.  The field here was stronger than either of the World Championships I’ve run in and I placed better here than I did in either Daegu or Moscow, so it wasn’t all bad.  And I did better than Arata Fujiwara (Miki House) did in 2010.” [laughs]

japan running news: ING New York City Marathon – Japanese Results

2度めの「ニューヨークシティマラソン」ではどんな走りを魅せてくれるのか、楽しみです。今回もインターネットでライブ中継されるはず。前回は見逃してしまいましたが、今回は絶対に観ます。