【名古屋ウィメンズマラソン 2015】本仮屋リイナ、白鳥久美子、長谷川理恵さんらの結果

スポンサーリンク

名古屋ウィメンズマラソン2015(2015年3月8日)

名古屋ウィメンズマラソン2015 トップページ画像
img via: 名古屋ウィメンズマラソン

女性だけのマラソン大会として世界一の規模(参加者)を誇る名古屋ウィメンズマラソン2015が3月8日(日)に行われました。出走者は17,846人で過去最多。ギネス記録を4大会連続で更新です。一方、完走率は96.6%と過去最低を記録。晴天に恵まれすぎて、マラソンやるには暑かったことが影響したのかと思います。

【関連記事】名古屋ウィメンズマラソン2015 ティファニーペンダントのデザイン発表。今年の完走率は?

さて、この名古屋ウィメンズには東海テレビアナウンサーの本仮屋リイナさん、お笑い芸人の白鳥久美子さんが出場しています。

本仮屋リイナさんの姿は影も形も見当たりませんでしたが、白鳥久美子さんはレース途中の14km過ぎで追い抜いたのを覚えています(僕は、名古屋ウィメンズの1時間後にスタートする名古屋シティマラソン・ハーフの部に出場していました)。オフィシャルテレビ撮影ランナーを隣に付けて、元気いっぱいに走られていましたよ。

しかしその後、白鳥さんがどうなったのか分かりません。果たして無事に完走できたのか、それとも!? ということで、気になる白鳥久美子さんと本仮屋リイナさんの結果をランナーアップデートでチェックしておきます。

また、大会オフィシャルサポートランナーとして、長谷川理恵さん、izuさん(出岡美咲さん)、三原勇希さんも出場しています。長谷川さん、izuさん、伊原さんの結果もあわせて確認しておきます。なお、名古屋シティマラソン(ハーフの部)には安田美沙子さんと鈴木あやさんが出場。おふたりの結果については、以下の記事をどうぞ。

【関連記事】速報 名古屋シティマラソン2015 僕と安田美沙子さんと鈴木あやさんの結果

スポンサーリンク

本仮屋リイナさんの結果

東海テレビアナウンサーの本仮屋リイナさんは、今回が3度目のナゴヤウィメンズとなります。2013大会は、初のフルマラソンでありながら4時間39分34秒(ネットタイム)という好タイムで完走。昨年の2014大会では4時間42分16秒という結果をたたき出しています。

今回の目標はサブ4(4時間切り)とのことですが、果たして目標は達成できたのか!? 本仮屋リイナさんの結果は、ランナーアップデートによると以下の通りです。

距離 スプリット (ネットタイム) ラップ ペース
5km 00:52:20 (0:33:15) 0:33:15 6’39″/㎞
10km 01:22:35 (1:03:30) 0:30:15 6’03″/㎞
15km 01:53:48 (1:34:43) 0:31:13 6’14″/㎞
20km 02:26:12 (2:07:07) 0:32:24 6’28″/㎞
25km 03:01:28 (2:42:23) 0:35:16 7’03″/㎞
30km 03:38:12 (3:19:07) 0:36:44 7’20″/㎞
35km 04:16:18 (3:57:13) 0:38:06 7’37″/㎞
40km 04:53:08 (4:34:03) 0:36:50 7’22″/㎞
Finish 05:08:55 (4:49:50) 0:15:47 7’11″/㎞

結果は4時間49分50秒(ネットタイム)で見事に完走。目標のサブ4を達成できず、それどころか昨年(2014)よりも遅く、不甲斐ない結果で悔しいとのこと。しかしそれでも、たくさんの方から声援を受け、名古屋ウィメンズをたっぷり満喫できたようです。

白鳥久美子さんの結果

お笑い芸人の白鳥久美子さんは、今回が2度目のフルマラソン挑戦。最初のフルマラソンは、東京マラソン2014。日本テレビの「ヒルナンデス!」の番組企画で出場し、その時の結果は、6時間09分38秒で完走を果たしたようです。

東京マラソン2014から約1年が経過し、白鳥さんはどのくらい成長したのでしょうか。僕がレース中にスイ~っと追い抜いた白鳥久美子さんの結果は、ランナーズアップデートによると以下の通りです。

距離 スプリット (ネットタイム) ラップ ペース
5km 00:57:29 (0:38:23) 0:38:23 7’40″/㎞
10km 01:35:43 (1:16:37) 0:38:14 7’38″/km
15km 02:14:32 (1:55:26) 0:38:49 7’45″/km
20km 02:55:30 (2:36:24) 0:40:58 8’11″/km
25km 03:40:05 (3:20:59) 0:44:35 8’55″/km
30km 04:26:34 (4:07:28) 0:46:29 9’17″/km
35km 05:16:01 (4:56:55) 0:49:27 9’53″/km
40km 06:05:49 (5:46:43) 0:49:48 9’57″/km
Finish 06:22:54 (6:03:48) 0:17:05 7’46″/km

結果は6時間03分48秒(ネットタイム)で見事に完走。自身のベストタイムも6分近く更新されました。

大会オフィシャルサポートランナーの結果

長谷川理恵さんの結果

長谷川理恵さんは今回が産後3度目のフルマラソン。自己ベストは3時間15分36秒。2012年10月に第1子を出産して、産後最初のフルマラソン・東京マラソン2014では3時間31分26秒、2度目のゴールドコーストマラソン2014では(途中トイレ休憩を挟みながらも)3時間24分23秒を記録しています。

今回は「ゴールドコーストマラソンの3時間24分を切りたい」と目標を語っていたようですが、果たして結果は!? 長谷川理恵さんの結果は以下の通りです。

距離 スプリット (ネットタイム) ラップ ペース
5km 00:23:38 (0:23:02) 0:23:02 4’36″/km
10km 00:46:02 (0:45:26) 0:22:24 4’28″/km
15km 01:09:11 (1:08:35) 0:23:09 4’37″/km
20km 01:32:34 (1:31:58) 0:23:23 4’40″/km
25km 01:56:19 (1:55:43) 0:23:45 4’45″/km
30km 02:21:10 (2:20:34) 0:24:51 4’46″/km
35km 02:48:04 (2:47:28) 0:26:54 5’22″/km
40km 03:17:04 (3:16:28) 0:29:00 5’48″/km
Finish 03:29:17 (3:28:41) 0:12:13 5’33″/km

結果は3時間28分41秒(ネットタイム)。目標の3時間24分は惜しくも達成なりませんでしたが、サブ3.5(3時間30分切り)にきっちり納めました。さすがですね。

izuさん(出岡美咲さん)の結果

izuさん(出岡美咲さん)は今回がフルマラソン初挑戦。izuさんの結果は以下の通りです。

距離 スプリット (ネットタイム) ラップ ペース
5km 00:28:20 (0:27:40) 0:27:40 5’32″/km
10km 00:54:48 (0:54:08) 0:26:28 5’17″/km
15km 01:22:42 (1:22:02) 0:27:54 5’34″/km
20km 01:51:09 (1:50:29) 0:28:27 5’41″/km
25km 02:20:45 (2:20:05) 0:29:36 5’55″/km
30km 02:52:58 (2:52:18) 0:32:13 6’26″/km
35km 03:30:22 (3:29:42) 0:37:24 7’28″/km
40km 04:08:49 (4:08:09) 0:38:27 7’41″/km
Finish 04:22:51 (4:22:11) 0:14:02 6’23″/km

結果は4時間22分11秒(ネットタイム)。初のフルマラソンを好タイムで見事に完走しました。

三原勇希さんの結果

最後に、三原勇希さんの結果です。三原勇希さんもフルマラソン初挑戦。果たして結果は!?

地点名
Point
スプリット (ネットタイム)
Split (Net Time)
ラップ
Lap
通過時刻
Time
5km 00:31:09 (0:30:33) 0:30:33 6’06″/km
10km 01:00:26 (0:59:50) 0:29:17 5’51″/km
15km 01:29:44 (1:29:08) 0:29:18 5’51″/km
20km 01:58:36 (1:58:00) 0:28:52 5’46″/km
25km 02:27:20 (2:26:44) 0:28:44 5’44″/km
30km 02:55:57 (2:55:21) 0:28:37 5’43″/km
35km 03:23:37 (3:23:01) 0:27:40 5’32″/km
40km 03:49:50 (3:49:14) 0:26:13 5’14″/km
Finish 04:00:27 (3:59:51) 0:10:37 4’50″/km

結果は3時間59分51秒(ネットタイム)。やってくれました。初のフルマラソンで、いきなりサブ4(4時間切り)を達成してくれました。しかも、とても美しい完璧なネガティブスプリットでラップタイムを刻んでいます。引っ張ってくれたコーチのおかげもあるかもしれませんが、これは素晴らしいですね。

三原勇希さんのマラソン伝説は、この名古屋ウィメンズ2015から始まる…のかどうか分かりませんが、次回の走りにも注目したいです。