【みのかも日本昭和村ハーフマラソン 2016】僕の結果(リザルト)。ただ寝に行っただけ

スポンサーリンク

第10回みのかも日本昭和村ハーフマラソン大会(2016年1月10日)

第10回みのかも日本昭和村ハーフマラソン トップ画像
img via: みのかも日本昭和村ハーフマラソン大会 公式ページ

本日2016年1月10日(日)は、いまと昭和をつなぐ平和記念公園「日本昭和村」にて、「第10回みのかも日本昭和村ハーフマラソン」が開催されました。僕もエントリーしていますので、ここでは、僕の結果(リザルト)を掲載していきます。

関連記事 みのかも日本昭和村ハーフマラソン2016 1月10日(日)開催。エントリー・宿泊ホテル完了

スポンサーリンク

僕の結果(リザルト)4時間以上、布団の中で悶々

画像

僕の結果は、寝過ごして不参加です。

昨夜は21:00より前に眠りについたのですが、深夜1:00ごろに目が覚めてしまう。こんな中途半端な時間に起きても仕方がないので、もう一度眠ろうとしますが、頭がすっかり冴えてしまい、なかなか眠れません。

ひたすらジッと耐えて、再び眠りに落ちたのは多分5:00ごろ。それまでの約4時間、布団の中で「さっさと寝なきゃ、寝なきゃ」と悶々していました。次に目が覚めたのは、あさ9:00。ランナー受付はとっくに終了している時間でした(ランナー受付は8:30まで)。

これまでの経験上、本当に走りたいと思っていれば、たとえ睡眠不足でも(たいていは)時間通りに起きられます。今回こんな結果になってしまったのは、やはりやる気がなかった、ということでしょうね。最近のモチベーションの低さはいかんともしがたい。

合計20,000円以上かけて、ただ寝に行っただけ

画像

レースのあとは、すぐにシャワーを浴びてのんびりしたい。そう思って、会場近くのホテルを2泊分とっていました。しかし、みのかも日本昭和村ハーフを走らない以上、もうここに用はありません。1泊だけでチェックアウトしました(料金は2泊分で精算済み)。空いた時間は、オフィスへ戻ってパソコン作業でもしましょう。

交通費が往復4,000円、ホテルの宿泊代が12,000円、そして、みのかも日本昭和村ハーフの参加料が4,800円。合計20,000円以上かけて、ただホテルへ寝に行っただけ。

しかし僕自身は、この旅には果てしない価値があった、と信じています。そう思い込まなきゃやってられません。布団の中で悶々している間、素敵なアイディアもたくさん浮かびましたしね(そのほとんどは、目覚めた時にはスコンと忘れてしまっていて思い出せませんが…)。

今回の宿泊ホテル「美濃太田ステーションホテル」

今回宿泊したホテルは、美濃太田駅南口から徒歩3~4分の「美濃加茂ステーションホテル 」。せっかくなので簡単に紹介しておきます。

画像

僕の想像とは少し違っていて、建物の外観や内装が少し古めな感じです。ホテルを見た瞬間、「快適に過ごせるだろうか」と不安がよぎりました。でも寝るだけなら問題ありませんでした。
  

画像

部屋はめっちゃめちゃ広くて、ひとりだと空間を持て余します。部屋でヨガや太極拳をしたい方にはピッタリかもしれません。僕も快適にストレッチや体幹トレーニングできましたよ。
  

画像

テレビはBS放送も映るので、土曜夕方や日曜早朝(再放送)ならNHK BS1「ラン×スマ」を広々した部屋でゆっくり愉しめますね。またWi-Fiも無料で利用可能なので、パソコン作業するには最高です。
  

画像

喫煙ルームのようで、テーブルに灰皿が置いてあります。タバコの臭いもほんのりしますね。でもご安心を。空気清浄機が完備されているので、臭いが苦手な方でも大丈夫です。タバコを吸わない僕はフル稼働させました。
  

画像

部屋の広さに比べると、浴室は普通です。建物が少し古めなので、「もしかしたら、トイレはウォシュレット(温水洗浄便座)ではないかも!?」とドアを開けるときすっごく緊張しましたが、ちゃんとウォシュレットでした。

ウォシュレットじゃないと用を足せない! そんな面倒くさい人(僕のこと)も安心です。

画像

部屋の窓からは、こんな素晴らしい景色と出逢えました。「ホテルルートイン美濃加茂」が見えますね。次はあっちに泊まってみよう。

ちなみに部屋のカギは、カードキーとかではありません。普通の物理的なカギでがちゃがちゃ開け閉めします。オートロックでもないので、部屋に入ったら戸締まりをお忘れなく。

画像

ということで、お疲れさまでした。