【GARMIN Vivoactive】これはアスリート向けGPSスマートウォッチなのです。

スポンサーリンク

GARMIN(ガーミン)Vivoactive

garmin-vivoactive-20150107-01
Photo by: vivoactive Smartwatch | Garmin

2015年1月6日~9日(現地時間)に米・ラスベガスで行われている世界最大の家電見本市「CES(コンシューマー・エレクトロニクス・ショー)」。いちばんの注目はもちろん薄型高画質の4Kテレビ!…などではなく、市民ランナーにとっては、ランニング向けのGPSスマートウォッチですよね。

ただのGPSウォッチではありません。GPS”スマ-ト”ウッチです。あのGARMIN(ガーミン)が満を持してスマートウォッチ市場に参入。GPSスマートウォッチ「vivoactive」を発表しました。

スポンサーリンク

Vivoactiveの紹介動画

Vivoactiveの紹介動画がYouTubeにアップされていましたので、まずは動画をどうぞ!

Vivoactiveの特徴

このVivoactiveは既存製品の「vovofit」と「Foreruner/ForeAthlete」を合体して、さらに、いま流行りの機能を搭載した感じでしょうか。主な特徴は以下の通り。

【GPSランニングウォッチとしての特徴・機能】

  • GPS搭載
  • 50m防水
  • 高解像度カラータッチスクリーン
  • バイブレーションアラート搭載
  • 心拍計測が可能(心拍センサーが別途必要)
  • 歩数計の機能を搭載
  • ライフログ機能も搭載
    • 階段の上り下り・移動距離・カロリー消費・睡眠などの日常的な活動を記録
  • バッテリー稼働時間:
    • GPS稼働で最大3時間
    • ライフログ機能で最大3週間
  • ランニングだけでなく、サイクリング・ゴルフ・スイミングでも使える
  • GARMIN Connectへ走行データなどのアップロード可能
  • MyFitnessPalなどのサードパーティー製サービスとも連携が可能

【スマートウォッチとしての特徴・機能】

  • スマートフォンとの連携
    • メール・メッセージ・通話・カレンダー・ソーシャルメディアなどの通知を表示
    • 楽曲の操作も可能
  • ウィジェットやアプリのカスタマイズが可能
    • アプリストア「コネクト IQ」を利用
  • バンドや文字盤の交換が可能
  • 厚さ8mmの薄型
garmin-vivoactive-20150107-02
Photo by: vivoactive | Garmin
garmin-vivoactive-20150107-03
vivoactive | Garmin

米国での発売時期は2015年4月! 単体価格249ドル。

気になる日本での発売はいつなのか…は今のところ不明ですが、米国での発売時期は2015年4月とのこと。GarminのWebサイトでは、すでに予約受付中のようですね。

単体価格で249ドル・心拍センサー付きモデルは299ドル。

米国のAmazon.comを見ると、「Garamin Forerunner(FR)920XT」が心拍センサー付きで約570ドル、FR620が450ドル(単体は400ドル)、FR220が300ドル(単体は250ドル)くらいなので、Vivoactiveは結構お買い得感があるような気がします。

これからGPSランニングウォッチを買おうと思われている方は、日本発売を待ってVivoactiveをおひとついかがでしょう。

スポンサーリンク

SNSシェアボタン