【VMware ESXi】ネットワークコントローラの問題を解決するために、Intel(インテル)製のLANカードを購入しました。

スポンサーリンク

VMware ESXiを自作PCにインストール

4788097742_d8f6ae055c_b
Photo by: Sven

使わなくなったPCにVMware ESXi 3.5のインストールを試みましたが、Marvell製のNICが認識されず、ネットワークが使えないという結果に陥り、そこでイントール作業を断念していました。その時の様子は以下からどうぞ。

▶ 【VMware ESXi】自作PCにインストール! ネットワークコントローラーの問題で失敗!

スポンサーリンク

Intel製のLANカードを購入!

このネットワークコントローラの問題の手っ取り早く解決する方法は、「Intel製のLANカードを購入して使う」ことなのですけど、フトコロ事情の問題で購入しようかどうか迷っています。でも結局、買ってしまいましたよ。購入したのは以下のLANカード。

  • Intel PRO/100 S Desktop Adapter(i82550)

100Mbpsなので中古(ヤフオク)で1,500円程度とそれほど高くありませんでした。

Intel製LANカードなら認識されるのか試します。

それではさっそく、Intel製LANカードを自作PCに取り付けて、ちゃんと認識されているか試してみます。

Device Name  Hardware Label  Status
[X] vmnic0   <MACアドレス>  (Connected)

上記のように表示され、無事に認識されてました。さすが、Intel製のNICですね。

このままネットワーク設定へ

このままIPアドレス、サブネット、デフォルトゲートウェイを設定します。

設定しました。次にリモートのパソコン(Windows)から、Webブラウザを起動してESXiへHTTP(S)アクセスします(192.168.0.21へアクセス)。
  

VMware_ESXi_20141220_01

上図の通りアクセスできました。ネットワークはちゃんと使えますね。そして「Download VMwaqre Infrastructure Client」をクリックして(上図の赤枠)、クライアントソフトをインストール。以上で、とりあえずの作業は完了です。

その後で、以下の作業も行いましたが…。

  • VMware Infrastructure Clientでログイン
  • ストレージの設定
  • CentOSのISOファイルをESXiへアップロード
  • など

これらの作業については、また別の記事で書くことにします。とりあえず、自作PCにVMware ESXiの環境を用意することができました。

スポンサーリンク

SNSシェアボタン