【第69回びわ湖毎日マラソン】海外招待選手の多彩な経歴!

スポンサーリンク

第69回びわ湖毎日マラソン】(2014年3月2日)
公式サイト:びわ湖毎日マラソン大会
ランネット:第69回びわ湖毎日マラソン – RUNNET ランネット・大会ガイド&エントリー

biwako_marathon_20140214_01

日本で最古の歴史を誇る大会。琵琶湖畔のコースは風光明媚で高低差がなく記録が狙えます

第69回びわ湖毎日マラソン – RUNNET ランネット・大会ガイド&エントリー

いよいよ明日開催!
今年の注目は僕の中ではもう、川内優輝選手しかないのですが…。
(2週間前の「熊本城マラソン」で2時間10分台を出し調子よさそう。いよいよ2時間7分台なるか!?)

毎日新聞の「びわ湖毎日マラソン:海外招待選手の多彩な経歴」に目を通すと、楽しみ増えました。海外招待選手にもいろいろなランナーがいて面白い。こちらも注目!

びわ湖毎日マラソン:海外招待選手の多彩な経歴 

びわ湖毎日マラソン大会(毎日新聞社など主催)が2日、大津市の皇子山陸上競技場を発着点に開催される。日本勢では、埼玉県立高校定時制の事務職員をしながら各地のレースを転戦する「史上最強の市民ランナー」の川内優輝(埼玉県庁)が注目されるが、海外招待にも様々な経歴を持つ選手がいる。

びわ湖毎日マラソン:海外招待選手の多彩な経歴  – 毎日新聞

世界トップクラスのエリートランナーというと、幼い頃からばりばり走っているイメージがあるけど、そうでもない選手もいますね。

20代後半から本格的に取り組んで、現在はトップランナー。
そういう選手がいると、年齢は関係ないんだな、と励みになります。
その一方で、やっぱ生まれ持った素質かな…と。

スポンサーリンク

 

SNSシェアボタン

  • このエントリーをはてなブックマークに追加