【ラン×スマ】2/1(土)観ました!「アンコール放送:教えて!金さん!スペシャル第4弾」

スポンサーリンク

今日(2/1)の【ラン×スマ】観ました!

昨年12月7日放送分のアンコール放送(再放送)でしたね。
今日の内容は観たことがあります。でも、また観ちゃう。

  • 教えて!金さん!スペシャル第4弾(2013年12月7日放送分)/NHK ラン×スマ


◆ フォームについて

ラン歴20年(!)の石原良純さんが登場。
フォームの問題点を解決するために、金さんがいろいろいじってます。

左右のバランスを整えるために

  • 骨盤をストレッチでほぐす
  • 後ろにしっかり引く腕振りをして、肩甲骨をほぐす
  • 体幹を意識して前傾

自分のフォームって、自分で見ることはほとんどないですよね。

自分では、普通のフォームで走れているつもりだけど…。
他から見たら、僕のフォームもおかしなことになっているかも。

人から「上下に揺れすぎ」「パワフルな走り」とか言われたことがあります。

確認したければ、誰かに動画撮影を頼めば済む話ですが。
(僕にはそんなことを頼める人がいませんよ。)

◆ コースの下見について

コースの下見について。
どういうところをポイントにして下見したらいいですか。
と、ランナーから金さんに質問。

僕の場合、コースの下見なんて、ほとんどまったくしません。
って、僕の場合に限らず、それが普通じゃないでしょうか。

前日の会場の雰囲気はどうなっているのかぁ

と、会場の下見に行くことはありますけど。
コースの下見は、距離は長いし時間はかかるしで、なんか面倒くさい

ただ、高低図だけはしっかり確認しておきます
金さんも「最低限、坂道はチェックする」と言ってましたね。

上り・下りがどこにあるのか、どのくらい続くか、高低差は何メートルか。
それくらいは知っておくと、前もって覚悟できます。レースプランも立てやすくなる。

それ以外、コースについてはレース本番のお楽しみ。

a0002_005570_m

◆ レース中の給水・給食について

給水や給食を摂るとトイレへ行きたくなってしまう
というランナーのお悩み。

僕の場合、今の寒い時期なら、ハーフマラソン程度の距離であれば給食はもちろん、給水なし

フルマラソンの時でも、給水は摂りますが、食べはしないです。
エイドで食べ物が置いてあると、がっつり!喰ってやりたい!
いつもそう思ってますが、そのためにペースを落とすのがイヤなので、我慢してスルーです。

それでエネルギー切れなく、最後まで持つので給食はなしです。

(※4月開催の「掛川・新茶マラソン」はファンラン(ゆるジョグ)で臨む予定。
名物フルーツステーションでは、がっつり!喰うつもりです。楽しみ!)

そんな僕にとっても、そして、すべてのランナーにとっても「トイレ問題」は重要です!
いびがわマラソン」の時は5回(!)、「みのかも日本昭和村ハーフ」では2回、トイレへ駆け込んでいます!

  • スタートのなるべく直前にトイレへ行っておく
  • 利尿作用のあるカフェインを摂らないようにする

それ以外に、何か対策はあるのかな。
と、金さんのアドバイスに注目すると

前日に食べるものを、もっと消化いいものにする。
(例えば、あったか~い「おかゆ」にするなど)
そういうことで改善できるかもしれない。

とのことです。なるほど!

食べてから便が出るまで7、8時間かかる。
前日に何を食べたかが重要!

らしいですよ。
大きい方の対策みたいですけど、参考になります!

いびがわマラソン」の前日は、なにを喰ってたっけ?
コンビニのパンかな。

ibigawa-marathon-20131109_51

◆ 後半に力を出すには

「後半に力を出すにはどんな練習をすればいいですか?」
とのランナーの質問。

ネガティブスプリットで走れ!

僕だったら、そう応えます。

目標のフィニッシュタイムから平均ペースを計算して。

じゃあ、そのペースで終始イーブンで行こう!

としても、たいていの場合、最後までイーブンペースで走れずに堕ちていくと思います。
(そのペースがかなり余裕のあるペースでない限り。)

平均ペースを挟んだネガティブスプリットで走る!
そのほうが、目標達成の確率は高い!
僕の経験からも(たいした経験ではないですけど)、そう感じます。

ネガティブスプリットについては、以下の本をご参考に。

マラソンは「ネガティブスプリット」で30分速くなる! (ソフトバンク新書)

自己ベスト必達! 「30kmの壁」もなくなる! 余力を残して後半抜き去る世界的潮流の走り「ネガティブスプリット」――余力を残して30km付近まで走り、そこから一気にペースを上げるレース戦略だ。
>>Amazonで詳細をみる

30キロ過ぎで一番速く走るマラソン サブ4・サブ3を達成する練習法 (角川SSC新書)

「速く走りたければ、最初はゆっくりいって、後半で速く走る。だいたい35km地点で一番速くなるように走るといい。そうするとタイムが出る。自己ベストが出せるんです」
>>Amazonで詳細をみる

◆ スパートをかけるタイミングは?

僕が最後のギアチェンジをするタイミング。

ラスト1km!
いったれ~!うんが~!!

です。

あと、ゴール地点が見えてくる(近づいてくる)200~300メートル手前。
そのくらいから、自然とお尻(大殿筋)に力が入り、ペースが急激に上がることもあります。

ちなみに金さんは、

すーっとイーブンで走ってたほうが結果的には、いいタイムがでるんですよね。
最後に急にダッシュすると肉離れなど、いろんなトラブルが起きます。

そうですね。同じ思いです。
一気に(無理に)ペースアップするより、それまでのペースを保っていたほうが良いと思います。

また、石原良純さんの発言。

全部イーブンで走れないの!

これにも激しく同意。
僕はネガティブスプリットでいきます。
終盤、崩させませんよ!

◆ レース後のケアについて

レース後はもちろん、練習の時も走った後はストレッチはしないです
全然まったく。軽いjogをするくらい。

走って、ダメージを受けた筋肉を伸ばしたくない。
何となくそう感じているので。

(※でも、走る前のストレッチは絶対行います。それもたっぷり1時間近く掛ける!)

金さんも

脚のストレッチはしない方がいい。
大体フルマラソンの場合、終わった直後は、脚には炎症が起きている。
なので、いじらない方がいい。(ケアをするなら)アイシングです。

とのことです。

脚のストレッチをする場合、ちょっと時間がたってから。
また上半身には、炎症はあまり起きていないそうなので、

腰とか背中のストレッチやります。

なるほど~。
一度観た内容でしたが、改めて勉強になりました。

次回の「ラン×スマ」は1か月後!?
3月1日(土)放送。

「紀州口熊野マラソン」特集!

ウルトラスマイル食べランナー・中村優ちゃんの登場です。

この「紀州口熊野マラソン」、明日(2/2)開催ですか!

[参考]

スポンサーリンク

 

SNSシェアボタン

  • このエントリーをはてなブックマークに追加