2013年は30レースに参加!「心に残ったマラソン大会」ベスト5!!

スポンサーリンク
スポンサーリンク

心に残ったマラソン大会ランキング2013

2013年も残り2週間。今年はいっぱい走りました。

参加した大会一覧はこちら

トレーニング・レースや小さい大会も含め、全部で30レースに参加(まだ2本残っていますが)。そんな僕が勝手に選びました、「心に残ったマラソン大会ランキング2013」!!1位~5位までの発表です。

1位:2013北海道マラソン(8月25日)

hokkaido_marathon_20130825_02

「思い出のマラソン大会は?」と言われると、真っ先に「北海道マラソン」が思い浮かびます。なので1位に選びました。

はじめてのひとり北海道はじめての真夏フルマラソンはじめてのサブ3見たこともないほど超長い給水ポイント(最長400m)。初ものづくしでした。

「北海道マラソン」前に走った30km大会では大撃沈。「こんなんでフルマラソンを無事に完走できるのか…」超不安な心境で臨む。でも、例年ほど気温が高くなかったこと、体調が絶好調だったこともあり無事に完走。ペースが堕ちること無くサブ3達成(2時間59分01秒)!

こんな僕でも、フルマラソンをしっかり走り切ることが出来るんだ!」フルマラソンに対して自信をつけることができた大会です。来年も是非参加したい!

「2013北海道マラソン」で走ってきました!!
>> 「北海道マラソン」にタグ付けされた記事をみる

2位:名古屋シティマラソン2013(3月10日)

nagoya-city_20130309_01_edited

「マラソンフェスティバル ナゴヤ・愛知2013」。
名古屋ウィメンズマラソン」のおまけ的な印象を受けます。

走りやすさは最悪

大会当日はウィメンズ/シティマラソンあわせて3万人のランナーが集結し、すごい混雑。参加者の多さに対して、通路は狭く、階段や坂道では大渋滞が発生。荷物預け場所に着くのに数十分かかり(空いていれば3~5分で着ける距離)、荷物を預けてからスタートまでに1時間ほど待たされます。(ランパン・ランシャツ姿でブルブル…)

レース後半は、先にスタートしたウィメンズのランナーに追いついてしまうため給水ポイントなどは大混雑しています。まともに取れません。タイム優先の場合、後半10kmを給水なしで走る覚悟が必要です。

「走る」点だけ見れば最悪な印象を持っていますが、それでも2位に選んだのはイベント性がとても高いから。大規模な都市型マラソンだけあって、盛り上がりは凄い。沿道で観戦する人もたくさんで声援も凄い。「マラソン大会を走った~!」という気分になれました。終わってみれば「よい大会だったな~」と。

荷物を預けてからスタートまでに1時間ほど待たれたけど、その間はナゴヤドーム通路のモニターで名古屋ウィメンズの放送を観戦できました。「さっきまでテレビで観ていたコースを、女子トップランナーが走っていたコースを、僕はいま走っている…」。なにか感じるものがあります。

ウィメンズを走る女性ランナー(約15,000人)だけで埋め尽くされるスタートブロック。その光景も独特なものがあり、他の大会ではなかなか味わえません。

あと、トイレがたくさん用意されていて、スタート直前でもすんなり済ますことができました。その点も僕にはポイント高い!

「名古屋シティマラソン2013」(ハーフの部)で走ってきました。
>>「名古屋ウィメンズ/シティマラソン」にタグ付けされた記事をみる

3位:第3回高橋尚子杯ぎふ清流ハーフマラソン(5月19日)

TakahashiNaoko_Gifu_20130519_01

高橋尚子さんとハイタッチ!が出来る。川内優輝選手マーティン・マサシ選手など日本・世界トップランナーの走りを間近で観られる。貴重な体験ができます!前日イベントも楽しいですよ(Qちゃんのランニングクリニック・トークショー、サンプラザ中野くんの生ライブなど)。

シーズン最後の本気レースに設定している、僕のお気に入り度ナンバーワン大会です。「毎年この大会で走る、そのために僕は生きている」そう言っても過言ではありません。今年もたくさんの声援に励まされて、自己最速でフィニッシュ(1時間16分30秒)!最高でした。

でも3位なのは、第1回大会から参加しているので新鮮味が薄れてるせいかな。大会運営は年々良くなっていて(Qちゃんもすごく頑張ってる)、どんどん走りやすくなってる印象です。しかし、「心に残った」という点ではこの順位です。来年の第4回大会はどんなことが待っているのか、楽しみです。

「第3回高橋尚子杯ぎふ清流ハーフマラソン」で走ってきました。
>>「高橋尚子杯ぎふ清流ハーフマラソン」にタグ付けされた記事をみる

4位:2013いびがわマラソン(11月10日)

ibigawa-marathon-20131109_51

人生3度めのフルマラソン西田ひかるさん金哲彦さん、そして高橋尚子さんがスタート前に登場してテンション上がりました!

残念ながら雨の中でのレース。寒い。楽しみにしていた景色はモヤモヤ。しかし、それがかえって神秘的というか幻想的というか。そんな雰囲気のなかで走ることができ、それはそれで楽しめました。(でもやっぱり晴れがいい)

平坦な部分はほどんど無く、常に上っているか下っているかのタフなコース。そのコースを「北海道マラソン」以上のペースで、撃沈することなく完走できた。このことは、僕のフルマラソンに対する自信をますます深めてくれました

それ以上に嬉しかったのは、コース上にトイレがたくさんあったこと!しかも、次のトイレまでの距離表示もある!この日、終始トイレを求めていた僕にとってはすごく有り難かった。「あと数キロいけばトイレがある。大丈夫だ。」落ち着いて走ることができました。ありがとうございます!

でも、いちばん感動したのは、やはりちびっ子たちの応援ですね。冷たい雨の中、「がんばってください~!」と懸命に声援を贈ってくれる。「ハイタッチ!(ロータッチ?)してくれ~」と待ち構えるポーズもかわいかったです。あれはもう衝撃的でした。

「いびがわマラソン」も来年また参加したい大会!ただし、前日受付はアクセスが不便だし、当日受付でも問題無さそうなので行かない。

11/10の練習 「2013いびがわマラソン」 3時間01分30秒!
>>「いびがわマラソン」にタグ付けされた記事をみる

5位:RUNNETフライデーナイト・リレーマラソン in 国立競技場 夏大会(8月2日)

friday-night-relay_20130802_05

リレーマラソンをチームで楽しく走る人々を横目に、ひとりたんたんと走りました。自分史上もっとも撃沈した大会。ここまでボロボロにされたのは初めて。なので(悪い意味で)心に強く残っています。

この3週間前にも3時間ラン大会を走り、ちょい撃沈しています。でも「あの時は日中の開催。今回は夜の時間帯。日が沈んでいくらか涼しくなっているから、今回は大丈夫だろう」タカを括ってました。

よく3時間歩かずに走り通せたなと思います。ぶっ倒れていてもおかしくなかった。今思えば奇跡です。

でも本当にキツかったのは、走り終えた後
身体をまともに動かすことができず、気分もメチャメチャ悪い!

競技場のロッカーに預けた荷物を取りに、バックストレート側スタンド(約400メートルの距離)へ移動。それだけでも休みやすみで50分ほど掛かる。その場に倒れ込み、そのまま国立競技場で一晩過ごしたい気分でした(幸いなことに12時間リレーの部があるため大会は朝までやってる)。

しかし、終電前にホテルへ戻りベッドの上で休みたい。その気持ちのほうが強かったので、ふらふらしながら移動。東新宿のホテルまで戻るのにひと苦労でした。

帰りの電車は混雑していて座れない。立っているのが辛くて、1~2駅ごとに降りる。そして、ホームの隅っこで地面に寝転がって休んでました。ホテルがある東新宿駅に到着しても階段をのぼる気力が出ず、階段わきでしばらく座り込む。普通なら20分ほどの電車移動。いったいどれだけ時間をかけたのだろう…。

ホテルに到着したのは確か深夜1時ちかく。なんとかかろうじて部屋にたどり着けた。その時の安堵感はすんごいものです。いい経験が…できた…?

「北海道マラソン」、「いびがわマラソン」を無事に完走できて、フルマラソンへの自信を得られました。でも調子に乗っていると、この大会の時みたいにまた酷いことになるよ。自分に言い聞かせています。

「RUNNETフライデーナイト・リレーマラソン in 国立競技場 夏大会]を振り返る
>>「RUNNETフライデーナイト・リレーマラソン in 国立競技場」にタグ付けされた記事をみる

————

以上、僕の「心に残ったマラソン大会ランキング2013」1位~5位でした。