【GARMIN(ガーミン)ForeAthlete 620J・220J】RUNNET(ランネット)にて紹介ページ公開!

スポンサーリンク
スポンサーリンク

GARMIN(ガーミン)ForeAthlete 620J・220J

ランネット:GARMINがここまで進化した!GPSに次世代の機能を搭載して新登場!!

garmin_fa620j_220j_01

RUNNET(ランネット)にて紹介ページ公開!

RUNNET(ランネット)にて、GARMIN(ガーミン)のGPSランニングウォッチ「ForeAthlete 620J」「ForeAthlete 220J」の紹介ページが公開されています。

  • 機能紹介編
  • ランナー検証編
  • 対談編

の3つで、GARMIN ForeAthlete 620J・220Jの魅力を語っています。

【参考】GARMIN | GARMINがここまで進化した!GPSに次世代の機能を搭載して新登場!!

ざっくりまとめると、

620Jは「ランニングダイナミクス(ピッチ・上下動・接地時間)」「VO2max(最大酸素摂取量)」の計測機能、リカバリアドバイザー機能を推している印象です。

220Jは、驚きの軽さ(40.7g!)見やすい低反射ディスプレイが魅力みたいですね。

20140711_025919672_iOS

また、専用レシーバが無くても、スマートフォンなどを経由して走行データを簡単に転送できる!そのため、練習・レースの振り返りやSNSへの投稿がより手軽に行える。

現在の走行位置をリアルタイムで、友人や家族と共有できる「ライブトラッキング(Live Track)」機能を搭載。

このあたりも売りなようです。

20140723_022916000_iOS20140723_022933000_iOS
[スマートフォン経由で走行データの転送・確認がより簡単に!]

気になる距離計測の精度は?

GPSランニングウォッチで、気になることのひとつと言えば「距離計測の正確さ」ですよね。その「距離計測の正確さ」については、僕も実際に検証しています(1回だけだけど)。

その時の結果は、7500m走って誤差プラス40m。データ記録方法を「毎秒」にしたところ、1%未満の誤差で、満足のいく結果が得られています。

【関連記事】

ちなみに、620J・220Jは加速度センサー(Gセンサー)内蔵。GPSをうまく受信できない場所でも、距離・ペース計測に対応しているとのこと。これは嬉しい!

スポンサーリンク

SNSシェアボタン