【第34回魚津しんきろうマラソン】エントリー数歴代2位!高速バスで行く!

スポンサーリンク

第34回魚津しんきろうマラソン】(2014年4月27日開催)
公式サイト:魚津しんきろうマラソン 公式HP
ランネット:第34回魚津しんきろうマラソン – RUNNET ランネット・大会ガイド&エントリー

uodu_shinkirou_20140317_01

第4回高橋尚子杯ぎふ清流ハーフマラソン」(5/18)へ向けてのトレーニングレースとして、ハーフの部にエントリーした「魚津しんきろうマラソン」。全種目のエントリー数は5,753人に達し、これは過去2番めに多いとのこと。(ちなみに過去最多は2012年の5,884人。昨年(2013年)は5,370人)

  • 蜃気楼(しんきろう)がみられる!かもしれない「しんきろうロード
  • 会場付近に「ミラージェランド(日本海最大級の観覧車ある!)」「魚津水族館」「魚津埋没林博物館」など、マラソン以外にも楽しめる!
  • ゲストランナーが豪華!渋井陽子選手野尻あずさ選手
  • 公認大会で陸連登録者にも嬉しい
  • 富山駅から電車30分くらいで着ける。遠方からでも参加しやすい

などなど魅力はたくさんです(特に「しんきろうロード」が楽しみ!)。このエントリー数の多さもうなずけます。

しんきろうマラソン要項パンフレットol
参考:コース図 | 魚津しんきろうマラソン 公式HP

さて、その「魚津しんきろうマラソン」へ向けて、移動の足・高速バスを予約しました!当初は電車行こうかとも考えていましたが。電車代が高価くつくし(往復2万円くらい)、乗り換えも面倒。

高速バスなら、

  • 名古屋駅を出発後、終点・富山駅まで乗り換えなし。
  • しかも座席指定制。安心してぐっすり寝ていられる。
  • 交通費は往復7,500円程度。電車に比べて安い!
  • 移動時間も3時間40分ほど。電車とそれほど差がない。

高速バスを選ばない理由はありません。
ということで、ポチッと予約!「ハイウェイバス ドットコム」でさくっ!と申し込みました。

ちなみに「第7回信州なかがわハーフマラソン」(5/5)へも、同じく高速バスで行ってきます。今後、地方大会への参戦で、高速バスの利用機会がどんどん増えてくるかも。

[関連記事]


蜃気楼 (講談社文庫)