【第28回やぶはら高原ハーフマラソン】エントリー受付、定員締切りでした。

スポンサーリンク

第28回やぶはら高原ハーフマラソン(2014年7月20日)

やぶはら高原ハーフマラソン トップページ画像
img via: やぶはら高原ハーフマラソン【公式】

先日(4月20日)に開催された「第13回恵那峡ハーフマラソン」へ行った時、他のマラソン大会のチラシを頂きました。そのチラシというのは、2014年7月20日(日)に長野・木祖村の「こだまの森」で開催される「第28回やぶはら高原ハーフマラソン」のお知らせです。

スポンサーリンク

夏場にハーフマラソンができる貴重な大会

やぶはら高原ハーフマラソンのチラシ

7月20日(日)というと、夏場ではないですか!

この時期は、マラソンやるには暑くてしんどいため、開催される大会は少ないです。そんな時期に大会でハーフマラソンを走ることができるのは、なかなか貴重ですね。しかも公認コースとのこと。これは興味が湧いてきましたよ。

自宅から最寄駅までの移動時間、約4時間

自宅から大会会場の最寄り駅「薮原駅」までの移動時間を調べてみると、4時間ほど掛かることが分かりました。4時間というと日帰り参加は無理で、前泊が必要となります。近いとは決して言えません。しかし、4時間くらいならめちゃめちゃ遠い、というわけでもありません。僕の許容範囲内に十分入っています。

薮原駅から大会会場はけっこうな距離がありますけど、無当日は料送迎バスも出るとのことです(移動時間20~30分くらい)。

エントリー受付はすでに定員締切りでした

マラソン大会100撰にも選ばれていて、チラシを見れば見るほど魅力的に感じます。

「よし、エントリーしよう!」

そう思って大会サイトにアクセスしたところ…。なんと、エントリー数がすでに定員に達してしまい、受付を終了していました。定員に達したのは、ちょうど昨日(4月25日)のことです。

yabuharakogen_20140426_03

大会サイトにアクセスするのがあと1日早ければ、エントリーに間に合っていたのかもしれなかったのですね。これは参加してみたかったのですが、また来年。

大会の特徴

やぶはら高原ハーフマラソン 大会の特徴

ちなみに大会サイトでは、、大会の特徴として以下4点があげられています。

  1. 景観を満喫できるコース!!
  2. ハーフの制限時間は3時間!!  
  3. 3コース23種目の設定!
  4. ランナー思いのサービス

また、RUNNET(ランネット)の大会レポートなどで参加されたランナーの声を聞いてみると、「ここまで坂の多いマラソンコースもないだろう」「今までに味わったことのないキツさ」とのこと。起伏の激しいコースを走り、真夏の暑さも加わって、すんごくキツそうです。

やぶはら高原ハーフマラソン 高低図

こんな公認コース、ありかよ!」との声も。

でも、心も身体も鍛えられていいですね。夏場は暑くて記録が狙えませんし、トレーニングとしては最高かもしれません!? ますます魅力的です。来年こそは…。