名古屋シティマラソン 2014 結果・速報(リザルト)川内優輝、出場

スポンサーリンク

スポンサーリンク

2014 名古屋シティマラソン
同日開催 名古屋ウィメンズマラソン
(2014年3月9日)

名古屋シティマラソン 画像

名古屋シティマラソン2014は、2014年3月9日(日)に開催されました。2014大会のハーフの部にはあの川内優輝選手が、あくまで一般参加ランナーとして出場しています(ゲストランナーでは決してない)。ここからは、名古屋シティマラソン2014での川内優輝選手の結果速報(リザルト)を掲載していきます。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

2014 名古屋シティマラソン 川内優輝、出場

2014 川内優輝選手の結果

川内優輝選手の結果は、ランナーアップデートによると以下の通りです。

距離スプリットラップ
5km0:15:0515:03
10km0:30:0715:02
15km0:45:4015:33
20km1:01:0515:25
Finish1:04:1703:12

川内優輝選手は、ハーフを1時間04分17秒でフィニッシュ。優勝こそ海外ゲストランナーのスコット・ウェストコット選手(オーストラリア)に譲りましたが、見事な走りで2位を獲得しました。

ちなみに、この前週にはびわ湖毎日マラソンを走っており(2時間10分38秒の4位)、足裏のマメをつぶしています。疲労やダメージなど残る万全ではない状態でこの走り、さすがです。

 

公務員ランナー川内優輝(27)=埼玉県庁=は1時間4分17秒で2位。スコット・ウェストコット(38)=オーストラリア=に3秒差で敗れ、「オーストラリアの刺客にやられた」とうめいた。今大会は一般参加で、1泊4100円のカプセルホテルに泊まり、地下鉄で会場入り。前週にびわ湖毎日マラソンを完走して足裏のマメがつぶれていた。

via:【ハーフマラソン】川内、2位も足の裏はボロボロ:その他:スポーツ:スポーツ報知

 

2014 スタート直前、川内優輝選手を探す

名古屋シティマラソン 画像

名古屋シティマラソン2014には僕も出場しました。

川内優輝選手が名古屋シティマラソン2014に参加する。しかもゲストランナーではなく、あくまで一般参加ランナーとして。

その情報を事前に得ていた僕が大会当日、スタートブロックに着いて最初に行ったことは、もちろん川内優輝選手を探すことです。一般参加とはいえ、さすがに一番先頭を確保してもらっていることでしょう。そう思い、少し後方から最前列をキョロキョロ見渡します。

しかし、見当たりません。

参加者が多く、(スタート直後の)走りやすさは最悪の名古屋シティマラソン。エリートランナーが一般参加ランナーに紛れて走るのはちょっと危ないから、誰かに出場を止められたのかも?

(※名古屋シティマラソンは、最初のランナー渋滞さえ抜けてしまえば、コース幅がとても広くて走りやすい。途中で、1時間前にスタートしたウィメンズランナーに追いついてしまいますが、給水ポイントがめちゃめちゃ混雑する以外は特に問題ありません。)

それとも、最前列を用意されず、先頭ブロック(Jブロック)のどこかに紛れている?

いやいやまさかそんなこと…、と思いながらも、自分の横や後ろなども探します。

 

名古屋シティマラソン 画像

 

そのうち、川内優輝選手を無事発見。いつのまにか、一番先頭にひょこっと現れました。グリーンのウィンドブレーカーを羽織って、海外選手2人くらい(?)と談笑していました。

あくまで一般参加のためか、スタートセレモニーでは川内優輝選手の紹介は一切なし。最前列周辺のランナーからは「おお、川内さんがいる!」などの声があがりましたが、ほとんどのランナーには、川内優輝選手が参加していたことすら認識されずに終わったと思います。事前に知っていないと、たぶん絶対にわからない。

スタートまでは、川内優輝選手の後ろ姿をじーっと眺めていましたが、号砲が鳴ると同時にさよならです。最前列の川内優輝選手はぐわっと飛び出し、僕は軽いランナー渋滞に巻き込まれてモタモタ。あっという間に見失いました。

9km地点あたりで、折返してきた川内優輝選手とすれ違うことができましたが、ビュン!と一緒の出来事です。

 

2014 男子ハーフ 結果

名古屋シティマラソン 画像

 

  1. 1:04:14  Scott Westcott
  2. 1:04:17  川内 優輝
  3. 1:08:24  島 智也
  4. 1:11:25  辰巳 慶宏
  5. 1:11:42  木原 圭介
  6. 1:11:44  清水 優
  7. 1:11:50  岸本 寛
  8. 1:12:16  鶴間 大貴
  9. 1:12:49  神谷 泰光
  10. 1:13:34  Cesar Garcia

 

表彰式での川内優輝選手は、他の入賞者と同じで賞状や副賞をただ受け取るだけ。舞台上でのインタビューや挨拶などは一切ありません。「おお、ほんとに普通の一般参加ランナーっぽい」と感じるほど、ふつうに普通の扱われ方でした。

川内優輝選手自信は、表彰を受ける際に観衆の方へ向かって何度もお辞儀。ピシッとした姿勢がすごく丁寧でりりしい印象を受け、さすがだなと思いました。

 

2014 女子ハーフ 結果

  1. 1:18:43  田畑 郁恵
  2. 1:21:46  伊藤 恵梨
  3. 1:23:48  山神 由佳
  4. 1:25:01  伊藤 理絵
  5. 1:26:37  佐藤 香澄
  6. 1:29:00  漆畑 美保
  7. 1:30:27  岡田 奈巳
  8. 1:30:55  長木 聡子
  9. 1:33:02  本山 理奈
  10. 1:34:51  河合 亜加理

2014 男子クォーター 結果

  1. 0:34:00  山内 康平
  2. 0:34:44  東田 薫
  3. 0:35:10  高田 由基
  4. 0:35:18  伊東 和也
  5. 0:35:18  石黒 航平
  6. 0:35:19  森下 香月
  7. 0:35:34  小關 泰広
  8. 0:36:00  井上 裕介
  9. 0:36:13  高野 拳輔
  10. 0:36:41  中村 十識

2014 女子クォーター 結果

  1. 0:38:33  上戸 涼香
  2. 0:40:06  市川 博子
  3. 0:43:25  中野 花菜
  4. 0:45:00  吉原 樹里
  5. 0:46:50  松﨑 綾子
  6. 0:47:52  松下 澄子
  7. 0:47:59  高田 芙美
  8. 0:48:33  上野 江利子
  9. 0:49:46  深津 明美
  10. 0:50:36  大原 かな

 

 

タイトルとURLをコピーしました