【いびがわマラソン 2017】エントリー5月29日開始。31分で定員締切り

スポンサーリンク

第30回記念 いびがわマラソン(2017年11月12日)

いびがわマラソン画像
img via: いびがわマラソン 公式サイト

高橋尚子さんに「日本一きついコース」と言わしめたいびがわマラソン。過去にはランスマの中村優ちゃんが駆け抜け、金哲彦さんもハーフマラソンを爆走。金哲彦さんの愛弟子、内藤大助さんと金田朋子さんもこの地で悲願のサブ4を達成しました。今度はどんなドラマが生まれるのでしょうか。

2017年の第30回記念大会へ向け、ホームページがリニューアルされました。募集要項やエントリー開始日など詳細も発表されています。いびがわマラソン2017についてチェックしていきましょう。レース後には結果速報(リザルト)も掲載します。

スポンサーリンク

2017 開催日・募集定員・エントリー

第30回記念 2017年11月12日(日)開催

いびがわマラソン2017の開催日は 2017年11月12日(日)に決定しています。

前回と同じ時期ですので、スケジュールの調整もつけやすい。同じ日には、さいたま国際マラソンや福岡マラソンなど他にも人気大会がたくさん開催されます。でもここはやっぱり、いびがわマラソンですね。

いびがわマラソン 画像

2017 種目・定員・参加料

いびがわマラソン2017の種目・定員・参加料は以下の通り。

種目定員参加料制限時間
マラソン6,500人
・ネット 5,750人先着
・郵便振替 500人抽選
・応援枠 250人先着
7,000円
※記念品なし 500円引き
5時間30分
ハーフ3,500人
・ネット 2,850人先着
・郵便振替 300人抽選
・応援枠 350人先着
5,000円
※記念品なし 500円引き
3時間

種目は前回(2016)と同じですが、マラソンの定員が500人増員(6,000人→6,500人)、その分ハーフの定員が500人減員です(4,000人→3,500人)。

また参加料も、マラソンが1,000円だけ値上げされました(6,000円→7,000円)。2014年までは5,000円で参加できた いびがわマラソンもついに7,000円。これも時代の流れですね。

最前列の「Sブロック」あり(マラソンのみ)

いびがわマラソンでは2016大会から、最前列からスタートできるスペシャルブロック(Sブロック)が設立されます(マラソンの部のみ)。このSブロックに立つには、以下の資格タイムをクリアしていることが必要です。

2014年1月1日以降のグロスタイム

  • 男子 3時間30分以内
  • 女子 4時間00分以内

記録を証明する記録証などのコピーを実行委員会事務局へ郵送またはメールで提出する必要があります(いびがわマラソンでの記録であれば、事務局へ大会年を伝える)。記録を狙うなら、是非ともSブロックからスタートしたいところです。

一般エントリー 2017年5月29日(月)開始

RUNNET(ランネット)での一般エントリー受付は、2017年5月29日(月)20:00に開始。受付期限は6月9日(金)までですが、超人気大会だけあって、エントリー合戦は厳し目です。エントリーはお早めに。

また、抽選の郵便振替申込みの受付期間も、2017年5月29日(月)~6月9日(金)です。先着順のネットエントリーに敗れてしまった場合に備えて、抽選枠が用意されているのは嬉しいですね。

揖斐川町民を対象とする地元枠、10万円以上の寄附で出走できるいびがわ応援団枠も用意されており、こちらの受付期間は2017年5月1日(月)~8月18日(水)です。

定員締切りまでどのくらい?

前回(2016)は、31分で定員締切り

超人気大会だけあって、いびがわマラソンのエントリー合戦は壮絶です。

参考までに前回(2016)は、マラソンは31分で、ハーフは32分で定員に達し受付を終了しました。ちなみに前々回(2015)は21分で、2014大会は37分で定員締切りです。

今回のエントリーも激戦が予想されます。エントリーはお早めに。

今回(2017)は、31分で定員締切り

あとで掲載します。いびがわマラソン2017のRUNNETエントリーは、2017年5月29日(月)20:00開始です。

追記

2017年5月29日(月)20:00を迎え、いびがわマラソン2017のRUNNETエントリーが始まりました。実際にRUNNETをチェックしていたところ、ハーフの部(定員2,850人)は開始23分ほどで、フルの部(定員5,750人)は31分ほどで定員締切りとなりました。今回も大激戦でしたね。

いびがわマラソンの公式サイトによると、受付終了の時刻はハーフの部が20:22、フルの部が20:30とのことです。 

抽選倍率はどのくらい?

先着順のRUNNETエントリーとは別に、抽選の郵便振替申込みが用意されています。超人気大会のわりに、抽選倍率はそれほど高くありません。

参考までに、過去2大会の倍率は以下の通りです。今回は抽選枠の定員が減ったとはいえ、まだまだ狙い目かもしれません。

いびがわマラソン 抽選倍率

大会申込数定員倍率
2016(第29回)2,6501,000
・フル 600
・ハーフ400
2.65
2015(第28回)2,2001,000
・フル 600
・ハーフ400
2.20

コース・会場アクセス

コースマップ(日本陸連公認)

いびがわマラソン コースマップ
img via: いびがわマラソン 公式サイト

いびがわマラソンのコースは、アップダウンが非常に激しく、高橋尚子さん曰く「日本一きついコース」です。このいびがわマラソンでサブ4(4時間切り)を達成できれば、日本中のどのコースでもサブ4を達成できるとのこと。

僕としては、奈良マラソンの方がキツいんじゃないかな、とこっそり思っていますが、いずれにしてもそんじょそこらのコースとはケタが違います。

関連 奈良マラソン2014 完走率は93.1%。僕の結果! サブ3達成。

練習不足で臨んだ前回は心も身体もバキバキにへし折られ、「いびがわマラソンは、やっぱり日本一だわ」と痛感させられました。十分準備してご参加ください。ちなみに日本陸連公認です。ここまで厳しいコースなると、公認かどうかなんてどうでもいいです。

関連 いびがわマラソン2015 結果・順位・完走率(ランナーズアップデート)

会場アクセス「揖斐川町役場」

大会会場の揖斐川町役場までは、最寄りの揖斐駅から徒歩28分ほど(約2.3km)とアクセス良好です。大会当日は揖斐駅から無料の送迎バスも運行されるので、歩きたくない方も安心です。また、名古屋駅発の直行バス「マラソンバスGOGO」も用意されています(要事前申込・往復4,000円)。

2017 当日スケジュール

2017年11月11日(土)

  • 12:00~19:00  安心カード受付

2017年11月12日(日)

  • 06:30~08:45  安心カード受付
  • 09:45  マラソンの部
  • 10:30  ハーフの部
  • 10:35  ウォーキングの部

2017 大会ゲスト

いびがわマラソン2017に華を添える大会ゲストは、以下の方々に決定しています。当日はそれぞれどんな走りを魅せてくれるのか注目です。

2017 大会ゲスト

  • 高橋 尚子さん(スペシャルアドバイザー)
  • 金 哲彦さん
  • 中村 優ちゃん
  • 西田 ひかるさん
  • 高石 ともやさん

【金コーチと中村優ちゃん】 NHKのランスマを思い出させるような、このお二人のランニングミーティングが大会前日に、楽しめます。 昨年も300名をこえる皆さんが、いびがわを熟知したお二人から、アドバイスや楽しみ方を教えてもらいました。 参加…

いびがわマラソン実行委員会さんの投稿 2017年11月7日(火)

2017 結果・速報・完走率

結果はレース後、以下の記事に掲載します。第30回記念いびがわマラソンは2017年11月12日(日)あさ09:45より順次スタートです。

関連

いびがわが、30回を記念して、初めてつくった「完走メダル」です。 もみじの型に、青いステンドグラスの川、とっても美しい仕上がりです。 このメダルをさげた大勢のランナーが、最高の笑顔で行き交う、そんな姿が楽しみでなりません。

いびがわマラソン実行委員会さんの投稿 2017年11月6日(月)