第31回横浜マラソン(ハーフ)の報告(少し詳細)。

スポンサーリンク

第31回横浜マラソン(ハーフ)の報告(少し詳細)。

人生3度目のハーフマラソン大会。
90分以内という記録を狙う本気レースでもあり、
来年5月の高橋尚子杯ぎふ清流マラソン70分切りのための
トレーニングレースでもある。

まずは、タイムについて…。
Nike+ Sportswatch GPS での計測では、01:25:53 (平均ペース 4’02”/km)で完走。

タイムについては、runnetで正式な記録が公開されている。
Nike+での計測タイムとほぼ同じ。
ネットタイムで1時間26分を切っていた。
総合順位は130位あたり。(ハーフ参加者数は2823人)。

正式記録の
前半10kmのラップは40分30秒くらい。
10km地点からゴールまでラップは45分30秒くらい。

ちなみに、1kmごとのラップタイムは下記の通り(GPS計測)。

距離(km) タイム 1kmごとのラップタイム
1 4:39 4’39"/km
2 8:51 4’12"/km
3 12:23 3’32"/km
4 16:20 3’56"/km
5 20:14 3’54"/km
6 24:13 3’59"/km
7 28:08 3’55"/km
8 32:05 3’57"/km
9 35:55 3’50"/km
10 39:50 3’56"/km
11 43:48 3’57"/km
12 47:47 3’59"/km
13 51:48 4’02"/km
14 55:37 3’49"/km
15 59:41 4’03"/km
16 1:03:43 4’03"/km
17 1:08:00 4’16"/km
18 1:12:13 4’14"/km
19 1:16:27 4’14"/km
20 1:20:43 4’16"/km
21 1:24:44 4’01"/km
21.29 1:25:53 1’08” (※290m)

ペース配分なんかクソ食らえ的な、前半の走りっぷり…。
当初は、0~5kmは4’30”/kmペースで、
5~10kmは4’15”/kmペースで走る予定だった…。
しかし、調子が良く意外と走れていたことと、
周りのランナーも同じようなペースで走っていたので
4’00”/kmを上回る速さで疾走してしまった…。
それが後半の失速につながる…。うう…。
心肺には余裕があったが、17km地点から脚が動かなくなった…。
恐ろしい…。

5kmごとの感想。

【0~5km】
スタート地点は、目標タイムごとにエリア分けされていた。
僕は1時間30分以内を目指していたので、かなり前の方のエリアにつく。
スタートロスは40秒ほど…。

スタート直後はランナーの渋滞なので、周りに合わせて走る。
身体は軽い。最初の1kmを4’39”で通過したが、ゆっくりに感じる。

だんだんスピードが上がっていく。
ランナーの合間を縫って前へ前へ…。
ペースが早過ぎると感じたが、落とす気は全くない。
後半ボロボロになるかもしれないが、
このまま行って、あとは野となれ山となれ、という気分だった。

3km通過時の1kmラップタイムが3’32"。
これは下り坂があったため、スピードがかなり上がり、このタイム。

【5~10km】
この区間は特に問題なし。
3’50”/km~3’59”/kmのほぼイーブンペース。
適当な速さのランナーをペースメーカーにさせてもらった。

まだまだ呼吸は楽だし、身体も動く。
ペースを上げようと思えば、まだまだ上げられる。
そんな強気の5kmだった…。

横浜港シンボルタワーを過ぎ、東京湾が見渡せるコース。
ひらけた景色が爽快で、気分よく走れた。

【10~15km】
14km地点までは問題なし…。
呼吸がやや辛くなってきたが、まだまだいける。

11~12km地点。折り返しての14~15km地点。
首都高速湾岸線付近でのアップ

スポンサーリンク

SNSシェアボタン