どうはしる30km?「東京30K冬大会」ではこう走る!

スポンサーリンク

2014東京30K(旧:荒川30K)冬大会」(2014年1月25日開催)
公式サイト:http://30k-series.com/tokyo-winter/index.shtml
ランネット:東京30K 冬大会(旧荒川30K) – RUNNET・大会ガイド&エントリー

tokyo30k_fuyu_20140107_01

東京30K冬大会」+「一色マラソン(ハーフ)」の2日連続マラソン大会
もう来週末に迫っているのでぼちぼち意識を向けておきます!

覚悟しておかないと、きっとこなせない。
(覚悟してても、こなせない時はこなせない。)

とくに東京30K。

最後に30km以上を速いペースで走ったのはいつ?
たぶん、昨年のいびがわマラソン(11/10)です。

それ以来、30km走は1回もやってない
ひとり練習では(速いペースの)30km走なんて、まずやりません。(というか、できません。)

なので、30km走の走り方をちょっと忘れてる。
過去の30K大会を振り返り、東京30Kへ向けて走り方を復習しておきます。

具体的な振り返りは次の記事で書くとして、結論。(↓)

東京30K冬大会」の目標は、翌日の「一色マラソン」を考慮して…

  • 翌日ハーフマラソンを楽々走れるくらいに、ダメージを抱えずに完走
  • でもタイムは、2時間を切りたい

それを踏まえ、東京30Kのレースプランは以下の通りになりました。

  • 最初の5kmはウォーミングアップ。速い遅いは気にせず、気持ちよく感じるペースで。
  • 5km過ぎてからが(僕の中で)レース開始!25kmまでは4’00″~3’50″/kmで。(同じようなペースのランナーを見つけて引っ付く!)
  • ラスト5km、余力があればペースアップ(3’50″→3’30″/km)。ムリそうなら、それまでのペースを維持。

まあ、大体いつも通りのレースプランかな。
(そして、レースプラン通りに走れたことはほとんどないけど。)

東京30Kでは、スタート前・レース中に「アミノバイタル GOLD」や「アミノバイタル パーフェクトエネルギー」が提供されます。エネルギー補給には困らないので、ひとり練習よりはずっと楽に走れるはず。頑張る!

アミノバイタル GOLD 30本入箱

オリンピック日本代表選手団を支えたアミノ酸コンディショニング。世界に挑むアスリートを支える必須アミノ酸4000mg(ロイシン高配合※BCAAなど)が配合されたスポーツサプリメント。
>> Amazonで詳細をみる

アミノバイタル パーフェクトエネルギー 130g×6本入り

後半で差をつける勝負ゼリー!アミノ酸(アラニン+プロリン)5000mgと糖質を含むセリーで、後半まで途切れない全力のパフォーマンスを!
>> Amazonで詳細をみる