12/8の練習 「マラソントレーニング in 庄内緑地公園 vol.7」(ハーフの部) 1時間15分02秒!

スポンサーリンク

今日の練習。

午前 ・アップjog 4.4km
・マラソントレーニングin庄内緑地公園vol.7(ハーフ)
・ダウンjog 4.4km
午後

今日の体重。
朝: —
昼: —
夕: 67.6kg
夜: —

「マラソントレーニング in 庄内緑地公園 vol.7」(ハーフの部)で走ってきました!本気レース(いたばしリバーサイドハーフマラソン:12/1)以降、最初の大会です(大会と呼ぶには規模は小さいですけど)。

maratra_20131208_03

本気レースを無事に終えたことで緩んでしまった気を引き締めること、それが今回の目的です。ひとり練習では出せないタイム(ハーフ1時間19分~17分)で走って、今後へ向けてほどよく刺激を与えられたらいいな。そう思っていました。

けれど、スタートして2km走ったところで、そんな考えはどこかへ消えました。

maratra_20131208_04

maratra_20131208_05

今日の結果。
手元のガーミン FA610によると21.26km走って、タイムは1時間15分02秒(大会計測のグロスタイムは1時間15分04秒)。まさかの75分台。「ほどよく」どころでは無かったです。

GARMIN_20131208_01

GARMIN_20131208_02

5kmごとのスプリット(ラップ)は以下の通り(GARMINの計測から算出)。

  • 5km: 0:17:52(17:52)
  • 10km: 0:35:29(17:37)
  • 15km: 0:53:11(17:42)
  • 20km: 1:10:42(17:31)

先頭グループに引っ付いて行ったらこんなことになりました。3’35"/km~3’30"/kmペースで、今日予定していたペースより少し速いとは思いましたが、無理している感じはなかったので、これで行ってしまえ、と。

想像もしていなかった速さで10km地点を通過。このままで最後まで行けるのかと不安に。心肺にはまだまだ余裕がありましたが、脚が最後までもってくれるのか、14km過ぎたあたりでずるずるペースダウンしてしまうのではないか。そんな不安を抱いていました。でも終わってみれば、ちゃんと最後までもってくれた!

15km過ぎたところで集団から単独で抜け出す形に。それで、16km地点で「ラスト5km!」とグッと行ってみました。けれど、ペースはそれほど上がらず。気持ちを入れたけど空回りした感じでバテてきた。さすがに呼吸も苦しくなってきます。

ここで、ひとり練習で行うクルーズインターバル(5km*3本)の3本目のことを思い出す。5kmクルーズインターバルでは、たいていの場合、2本目までで消耗しきってしまい、3本目は5kmどころか500メートルだって走りたくない!たいていいつもそんな思いで3本目を走り出します。

めちゃめちゃキツいし、ペースだってボロボロ。一歩踏み出すたびに「もうムリ!もうムリ!」と心のなかで叫んでいます。けれど、そんな状態におちいっていても、最後の1本5kmを(かろうじて)走り切れてしまう(もちろん、ダメなときもあるけど)。

「それに比べれば、今の自分にはまだ余裕がある。残り数キロ、絶対に走り切れる!」と自分を励ましながら最後を粘ります。気分良くフィニッシュするために、ペースは絶対に落としたくない。最後の最後まで頑張りました。

で、1時間15分02秒(大会計測は1時間15分04秒)でフィニッシュ。非公式記録ですが、自己最速タイムを1分近く更新出来ました。

maratra_20131208_06

今日走って、本気レース後の休養気分はとりあえず抜けたかな。次の本気レースへ向けて明日からしっかり走り込んでいきます!(走る距離は増やさず、負荷を上げていく。)

まずはハーフを1本消化。次の本気レース「読売犬山ハーフマラソン」(2/23)まであと、

  • 10km:1本
  • ハーフ:6本
  • 30km:2本

今日こんなにガツン!と走ってしまって、明日のひとり20Kペース走(4’00"/km)をしっかりこなせるのか心配です。

————

ちなみに、庄内緑地公園までは栄生駅から走って行きました(帰りも)。徒歩ルートで約4.4km。アップjog・ダウンjogにはちょうど良い距離です。

maratra_20131208_01

maratra_20131208_02

スポンサーリンク

 

SNSシェアボタン

  • このエントリーをはてなブックマークに追加