【第33回ねりま光が丘ロードレース】2014年11月9日(日)開催!ただいまエントリー受付中。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

第33回ねりま光が丘ロードレース(2014年11月9日)

練馬区公式サイト:第33回ねりま光が丘ロードレース(平成26年11月9日開催)
ランネット:第33回ねりま光が丘ロードレース – RUNNET

nerima-hikari_20121111_01_edited

エントリー受付中!(2014年7月21日~8月29日)

練馬区・光が丘公園で開催される「ねりま光が丘ロードレース」。第33回大会のエントリーただいま受付中です。エントリー期間は7月21日(月)~8月29日。定員は計2,500人。先着順なので、お早めに!

20121111_002510249_iOS

種目・参加費

  • ハーフ(4,000円)
  • 10km(4,000円)
  • 5km(3,000円)

定員・計2,500人。先着順。

コース:光が丘公園内周・外周

nerima_hikarigaoka_20140724_01
参考:第33回ねりま光が丘ロードレース 募集パンフレット(PDF)

コースは光が丘公園内周・外周をぐるぐる周る周回コース。

2012年大会に参加したことがありますが、コース自体は走りやすいとは言えません。

道路に確保されたコース幅は狭く、周回遅れのランナーと重なると、随分走りにくくなる。自動車がコースのすぐ横を普通に走っているので、ランナーを追い越す際、コースから膨れる場合には、車にも気をつけなければならない。

公園内では、コース上を歩行者や自転車が普通に渡ったりしていたのでぶつからないよう、それにも気を使う必要があったかな。スタッフが頑張って誘導していたので、何とか走れた。

「第31回ねりま光が丘ロードレース」で走ってきた

でも、参加人数は多くない。
会場が広いこともあって、レース前・レース後は混雑なく動きやすかったです。

20121111_004028882_iOS

さくっと走るには良い大会だと思います。荷物預かりは無いけど、貴重預かり(A4サイズの封筒に入るもの)はあるので、おひとりさまにも嬉しいです。

「ねりま光が丘ロードレース」6つのポイント

  1. 距離はハーフ・10km・5kmの3種目13部門
  2. 充実の公園施設
  3. アクセス便利!新宿から電車25分
  4. 好評!!参加賞(バスタオル&スポーツドリンク)
  5. オリジナル記録証すぐ発行!
  6. スタートブロックは申告タイム順

【参考】第33回ねりま光が丘ロードレース 募集パンフレット(PDF)


はじめてのロードレース

僕が参加した時(2012大会)は、スタートブロックの整列は「早く並んだ順」でしたが、昨年(2013大会)から「申告タイム順」になったようです。いいですね。