【第29回サロマ湖100kmウルトラマラソン】完走率は56.5%

スポンサーリンク

第29回サロマ湖100kmウルトラマラソン(2014年6月29日)

img via: 第29回サロマ湖100kmウルトラマラソン

2014年6月29日(日)に北海道・サロマ湖を舞台に繰り広げられた「第29回サロマ湖100kmウルトラマラソン」。超過酷な大会として知られるサロマ湖100kmですが、その完走率は果たしてどのくらいだったのか。気になる完走率が、Facebookページにてさっそく発表されていました。さっそくチェックしておきます。

スポンサーリンク

サロマ湖100km 完走率は、わずか56.5%(100kmの部)

「第29回サロマ湖100kmウルトラマラソン」の気象状況や出走者・完走者・完走率は、Facebookページで発表された資料によると以下の通りとなっています。暑いですよ。

第29回サロマ湖100kmウルトラマラソン 完走状況

種目 出走者 完走者 完走率
100km 陸連男子 385 281 73.0%
100km 陸連女子 67 53 79.1%
100km 一般男子 2395 1273 53.2%
100km 一般女子 432 245 56.7%
100km 小計 3279 1852 56.5%
50km 男子 306 249 81.4%
50km 女子 180 144 80.0%
50km 合計 486 393 80.9%
総合計 3765 2245

saromanblue_20140701_01

ということで、最高気温28.9という、ウルトラマラソンをやるには非常に厳しい気象コンディションの中、100kmの部の完走率は全体でわずか56.5%でした(出走3,279人・完走1,852人)。

一見、過酷に見えるフルマラソンでさえ(実際、過酷ですけど)、一般的な大会では完走率は90%以上と実は高い値を誇っています(東京マラソンや名古屋ウィメンズマラソンでは完走率95%~97%)。フルマラソンでさえ十分過酷なのに、サロマ湖100kmウルトラマラソンのこの完走率の低さ、一体どれほど過酷なんでしょう…。まったく想像がつきません。

サロマ湖100kmウルトラマラソンでは、インターネットによるリアルタイム動画配信(生中継)が用意されていて、大会当日は僕も、自宅の涼しい部屋でアイスココアを飲みながらまったりと、そのライブ中継を拝見していました。フィニッシュ地点の様子も配信されていて、笑顔で、しかも元気いっぱいに駆け込んでくるランナーが結構たくさんいましたよ。

それで、「あれ!?もしかして、100kmって意外と楽なのかな。」とか思ったりしましたが、そんなことは全然まったくないようです。100kmに挑戦すらしない僕のまったくの勘違いのようです。

見事に完走を果たされた方も、残念ながら途中でリタイヤとなってしまった方も、とりあえず、お疲れさまでした。