【西尾の抹茶・和(なごみ)】振って、点てる。ペットボトルで本格「抹茶」飲料。発売です!

スポンサーリンク

西尾の抹茶ロール

スポンサーリンク

抹茶といえば「西尾の抹茶」

抹茶と言えば「西尾の抹茶」。僕の地元・愛知県西尾市の抹茶ですよね!

西尾市は、抹茶の原料となるてん茶の生産量が全国トップクラスを誇り、地域ブランド「西尾の抹茶」を使用したさまざまな商品を生み出しています。

西尾の抹茶 – 日本有数の抹茶の生産量を誇る

【お抹茶文化でいっぷく 西尾の茶室・カフェめぐり】お抹茶の里、西尾ではお茶する文化がいたるところに。お茶屋さん、和菓子屋さん、カフェなどお茶を楽しむためにさまざまな趣向を凝らしています。

香り高い西尾の抹茶 | 西尾市観光協会

西尾抹茶のうさぎクリーム大福

「西尾の抹茶・和(なごみ)」発売!

その「西尾の抹茶」から、本格的な抹茶を楽しめるペットボトル飲料「西尾の抹茶・和(なごみ)」が発売される!!との記事がありました。紹介しておきます。(西尾市民として。)

西尾の抹茶・和(なごみ)
参考:JA西三河-西三河の自然の恵|青年部コラボレーション

振って、点てる――。

『ペットボトルで抹茶を飲む』という発想から誕生した、JA西三河青年部と『西三河の自然の恵』のコラボレーション商品第1作。西尾の茶農家が心を込めて育て、製造した本格抹茶をどこでも手軽に味わえる一品です。

平成26年5月27日に発売予定!

JA西三河-西三河の自然の恵|青年部コラボレーション

キャップをひねって振って点てる

この「西尾の抹茶・和(なごみ)」の特徴は、抹茶粉末と水が分離された状態でパッケージされていることだと思います。

  • ペットボトルのキャップ内に、「西尾の抹茶」粉末が1.8グラム入っている
  • キャップをひねるとボトル内の水に、抹茶粉末が放出される
  • 30回以上縦に振って泡立てれば、上品な風味になる

とのこと。

自分で振って点てて、本格的な「西尾の抹茶」が手軽に楽しめる。いいですね!ボトル内の水と分けて、キャップ内に抹茶を入れておく。このアイディアは新しい!と感じましたよ。さすが「西尾の抹茶」です。

(※でもその仕組みの商品、すでにありました。)

【参考】

5月27日より西尾市内で発売

1本170ml入りで300円。西尾市内のAコープや産直店舗、茶業関連の小売店で5月27日より発売されるとのこと。愛知県西尾市にお立ち寄りの際にはぜひ!

ヴェルサウォーク西尾「茶々屋・南山園」の抹茶ソフトクリーム
関連記事:【茶々屋 南山園】「ヴェルサウォーク西尾」で「西尾の抹茶」を堪能!!

ちなみに、僕は抹茶の苦味(にがみ)がどうも好きではないので飲みません!(抹茶ソフトクリームや抹茶大福や抹茶ロールなど甘さがきわ立ていれば大好きですけど。)

でも、美ボディ目指してジョギングを頑張る友人(極めて数少ないうちのひとり)は抹茶が大好き。市内で見かけたら買ってプレゼントしようと考えています。

そして「西尾の抹茶」なら美味しくて、抹茶苦手な僕でもごくごく行けそうな気がする。試してみよう!


西尾抹茶モンブラン 5個入

スポンサーリンク

 

SNSシェアボタン

  • このエントリーをはてなブックマークに追加