【横浜マラソン 2015】 完走メダルのデザインが発表

スポンサーリンク

横浜マラソン2015(2015年3月15日)

横浜マラソン2015 トップページ画像
img via: 横浜マラソン2015 | 横浜を走る、世界が変わる。

こじんまりしたハーフ・10km大会から、大規模な市民参加型フルマラソン大会へと生まれ変わって初開催となる横浜マラソン2015。先日は参加案内・ナンバーカード引換証が送られてきました。

そして今度は、完走メダルのデザインが発表されました。3月15日(日)の大会まであと3週間に迫ったこのタイミングでついに、横浜マラソンのFacebookページで発表されました。参加されるランナーの皆さんは、モチベーションアップのためにもお見逃しなく。テンション上がります。

スポンサーリンク

横浜マラソンの完走メダル

完走メダルのデザインは横浜らしく「船の舵輪」をイメージしたようです。「これぞ横浜マラソン!」という感じがいいですね。

僕の場合、参加賞や運営の良し悪しなどはどうでもよく「マラソン大会は走ることさえできればいい」「トレーニングにさえなればいい」と常々思っていますが、この完走メダルなら欲しいです。

見た目が少しゴツくて、ズシっと重そうな印象を受けましたけど、実際はどうなのでしょう。手にする瞬間を楽しみにしています。

なお、完走メダルはフルマラソンだけでなく、10kmと2kmの全種目で用意されているとのこと。さらに、完走できなくてもリタイア受付にて「出走記念メダル」(完走メダルと同じもの?)を受け取ることができるようです(参加のご案内 p.12)。

でもせっかく走るなら、たとえ同じものでも、完走後にもらえる完走メダルが絶対にいいですよね。出走記念メダルはいりません。一度走り出したなら、完走メダルを目指して最後まで頑張ります!

モヤモヤが吹き飛びました

国内フルマラソン大会として、間違いなく最高級(税込み・手数料込みで15,966円)。ナンバーカード引換証は届いたのに、、自分のスタートブロックはいまだ不明。公認大会でないのもちろん、公認コースでもない(申請はしたけど公認にまで至らなかったらしい)。そして、それらについて公式な発表が無い。

【関連記事】横浜マラソン2015 参加案内が来た。スタートブロックは不明

などなど、横浜マラソンに少しモヤモヤした感情を抱いていました。「横浜マラソン、本当に大丈夫かな…」と。

しかし、今回の完走メダル発表で、モヤモヤな感情が吹き飛びましたよ。こんなに素晴らしい完走メダルを作るマラソン大会が、良くないはずが無いです(僕は単純なのです)。フルマラソン大会として初開催の横浜マラソン2015、とても楽しみです。

スポンサーリンク

SNSシェアボタン