【仙台国際ハーフマラソン2015】エントリー開始。ランネットは90分で定員締切り(一般の部)。

スポンサーリンク

第25回仙台国際ハーフマラソン(2015年5月10日)

仙台国際ハーフマラソン2015 トップページ画像
img via: 仙台国際ハーフマラソン

2015年5月10日(日)開催の「第25回 仙台国際ハーフマラソン」。エントリー受付が本日1月13日(火)より開始されました。RUNNET(ランネット)での受付は20時より開始されています。ランネット受付は先着順ですのでお早めに!

スポンサーリンク

ハーフ(一般の部)は開始1時間30分ほどで定員締切り!

で、ハーフ(一般の部)のランネット受付はすでに終了しました。ランネット受付の定員7,000人(一般の部)が、開始からわずか1時間30分ほどで定員締切りとなりました

ハーフマラソン(一般の部)のランネットによる先着受付につきましては、申込予定人数に達したため、締め切りました。 たくさんのお申し込みありがとうございました。

新着情報 | 仙台国際ハーフマラソン

早い段階で定員に到達することは予想していましたが、まさかこんなに早いとは…。昨年はエントリー開始から定員締切りまで2日間ほど掛かっていたようなので、今回ももう少し猶予があるかと予想していましたが、見込みが甘かったです。

このような結果を招いたのは、前回大会の様子がNHK BS1「ラン×スマ」で取り上げられたことが要因の1つではないでしょうか。

ラン×スマと言えば市民マラソン界のApple・Googleと言っても過言ではないですからね。その影響は計り知れません。しかも、あの森山直太朗さんが走った大会となれば、そらあんた、こんなことになりますよ(?)。

ということで、みなさんお疲れさまでした。また来年。

【関連記事】【ラン×スマ】6/7(土)森山直太朗さんの「第24回仙台国際ハーフマラソン」特集・後編!

諦めないで! まだ抽選の郵便振替があります!

いやいや、エントリー合戦に敗れてしまったみなさん、まだ諦めないでください! 今回は「抽選枠」が用意されています!  郵便振替での申込みは「抽選」での選考となります。

「抽選」の定員は全定員(10,000人)のおよそ2割(1,800人)。意外とたくさん用意されていますね。でも仙台国際ハーフの人気っぷりを考えると、この抽選枠もすんごいことになりそうですが、とりあえず希望は残されていますので頑張りましょう!

郵便受付の申込み期間は1月20日(火)まで。抽選結果の発表は、申込み締切から約1ヶ月後に郵送でお知らせとのこと。(ということは、結果発表は2月20日~下旬くらいになるのかな?)

果たして抽選倍率はどのくらいになるのか、注目です。

ハーフ(登録の部)はまだ受付中。

ちなみに、ランネットのハーフ(一般の部)は締切りとなりましたが、ハーフ(登録の部)はまだエントリー受付中です。登録の部での参加資格は以下の通り。

【ハーフ(登録の部) 参加資格】

  • 大会当日、満18歳以上の男女(高校生を除く)
  • 日本陸連登録者
  • 以下のいずれかの公認記録をクリアしていること
    • 男子:10km 42分00秒・ハーフ 1時間40分00秒・フル 3時間40分00秒
    • 女子:10km 51分00秒・ハーフ 1時間50分00秒・フル 4時間10分00秒

まだまだ受付中ですが、一般の部に比べて登録の部の定員は少ないので(先着枠1,200人・抽選枠300人)、いずれにしてもエントリーはお早めに!