【大阪マラソン2014】抽選倍率・エントリー数が確定、過去最低

スポンサーリンク

第4回大阪マラソン(2014年10月26日開催)

大阪マラソン2014 トップページ画像

2014年10月26日(日)に行われる「第4回大阪マラソン」。一般エントリー受付はすでに締切られ、あとは抽選結果を待つだけとなっております。

今かいまかと抽選結果を待ちわびていますが、その前にエントリー数の確定値が発表されました。果たして、今年のエントリー数は何人なのか、抽選倍率はいくつなのか、チェックしておきます。

スポンサーリンク

抽選倍率・エントリー数、過去最低

大会サイトでの発表によると、今年のエントリーは総数145473人。そのうちフルマラソンのエントリー数は、137,768人(エア・グループ含む)となりました。フルマラソンの定員は28000人なので、単純計算すると抽選倍率は4.92倍となります。さすが大阪マラソン。エントリー数も抽選倍率も半端ないですね。

第4回大阪マラソン ランナーエントリー数が確定しました。 エントリー総数145,473名。

大阪マラソン組織委員会は、10月26日(日)に開催する第4回大阪マラソンのランナー募集を4月3日(木)から5月8日(木)17時まで行いました。その結果、ランナーエントリー総数は145,473名となり、内訳は次のとおりとなりました。抽選結果は、6月上旬から順次、申込者全員に通知します。

しかし実はこれ、大阪マラソンの中では、最も少ないエントリー数・最も低い抽選倍率となっています。初めて倍率5倍を切る結果となりました。

参考までに、今回を含むこれまで4大会のエントリー数は以下の通りとなっています。第1回大会で最高のエントリー数を誇り、そこから徐々に減少の一途をたどっています。大阪マラソンに一体何が起こっているのでしょう!?

【過去大会のフルマラソン・エントリー数(ペア・グループ含む)】

  • 第1回(2011): 154,822人
  • 第2回(2012): 145,254人
  • 第3回(2013): 143,351人
  • 第4回(2014): 137,768人

ただし、”国外”エントリー数は今回が過去最高とのこと(フル4622人・チャレンジラン682人)。

抽選結果は6月上旬に発表

過去最低のエントリー数・抽選倍率ということで、当選しそうな気がしなくもないですが、倍率5倍はやはり狭き門ですね。

そう簡単には、当選してくれそうにないので、落選した場合の代替レースはすでに決めています。大阪マラソンに落選した場合は、同じ日10月26日(日)に愛知・名古屋の庄内緑地公園で行われる「第7回ナゴヤアドベンチャーマラソン」にエントリーするつもりです。

今年の10月26日(日)は大阪と愛知のどちらを走ることになるのか。抽選結果は、6時上旬に発表予定とのこと。まだ先のことですが、そわそわしながら待つことにします。

【関連記事】【第7回ナゴヤアドベンチャーマラソン】開催日決定!10月26日。「大阪マラソン2014」と同じ日!

スポンサーリンク

 

SNSシェアボタン

  • このエントリーをはてなブックマークに追加