【金沢マラソン 2015】 エントリー開始。抽選結果は6月上旬に発表。

スポンサーリンク

金沢マラソン2015(2015年11月15日)

kanazawa_20141208_01
img via: 金沢マラソン2015

金沢・富山と東京を結ぶ北陸新幹線が、おとといの3月14日(土)に開業されました。そして、この北陸新幹線の開業を記念して2015年11月15日(日)に初開催される「金沢マラソン2015」のエントリー受付も、ついに始まります。

宿泊権付きツアー(長期宿泊ツアー)での申込みはすでに始まっていますが、一般エントリー受付は本日3月16日(月)午前10:00より開始となります。エントリー数が定員を超えた場合は抽選となるため、あわてる必要はありません。しかしそれでも、忘れないうちにエントリーしておきたいですね。エントリー期間は4月30日(木)17:00まで。抽選結果の発表は、6月上旬になるとのこと。

ちなみに、同じく北陸新幹線の開業を記念して新設された「富山マラソン2015」は、2015年11月1日(日)開催です。今年の11月は、金沢マラソン・富山マラソンなどを中心に、北陸のマラソン大会巡りなんていかがでしょう。

【関連記事】富山マラソン2015 エントリー日決定。通常枠は4月20日より先着順

スポンサーリンク

気になる抽選倍率は!?

記念すべき第1回大会ということで、抽選倍率がどのくらいになるのか、気になるところです。金沢市の山野市長は、1万2千人の出場枠に対し、4万人~5万人の応募があるだろうと予想していうようですが、果たして。初っぱなから、「福岡マラソン」などに負けないくらいの人気っぷりをみせるのか、注目です。

(福岡マラソンの場合は、「抽選倍率は2倍を超えたい」とコメントしていましたが、フタを開けてみたら、地元枠は約11倍、通常枠は約5倍となりました。)

【関連記事】福岡マラソン2014 エントリー数が確定。地元枠の抽選倍率 11倍越え

種目・定員・参加料

  • フルマラソン 12,000人(10,000円) 制限時間7時間

高低図・コースマップ

金沢マラソン2015のコースは、金沢の魅力がまるっと満喫できる回遊型コース。もちろん日本陸連公認コースです。そして、国際陸連(IAAF)、国際マラソン・ロードレース協会(AIMS)の公認コースでもあります。北陸でのフルマラソンコースとしては、唯一のIAAF公認コースになるとのこと。

kanazawa_20141208_03

kanazawa_20141208_02
img via: コース紹介|金沢マラソン2015

コース紹介動画

スポンサーリンク

SNSシェアボタン