【香川丸亀国際ハーフマラソン 2015】前日記者会見 神野大地選手は自己ベスト更新を目指す

スポンサーリンク

第69回 香川丸亀国際ハーフマラソン(2015年2月1日)

kagawa_marukame_half_marathon_20140903_01
img via: 香川丸亀国際ハーフマラソン

明日(2月1日)は市民ランナーにとって贅沢な1日となりますね。午前中は香川丸亀国際ハーフマラソン、お昼からは別府大分毎日マラソンが開催。

僕は暖かい部屋であたたかいホットココアを飲みながらまったりとテレビ観戦するつもりです。香川丸亀国際ハーフは前日申込みもあるようなので、最近のマラソン大会や駅伝に刺激を受けて、急きょ丸亀競技場へ向かわれた方もいるのではないでしょうか。(僕も少し迷いましたけど明日は自宅でのんびり過ごします。)

スポンサーリンク

前日の記者会見。藤原新選手、神野大地選手など豪華な面々が勢ぞろい!

さて、大会前日の今日は、前日イベントの小学生駅伝が無事に開催されたようですね。そして、前日の記者会見も行われました。藤原新選手、設楽啓太選手、そして箱根駅伝2015で一躍時の人となった神野大地選手など豪華な面々が勢ぞろいです。招待選手、主な一般参加選手については以下の記事をどうぞ。

 

今回、神野大地選手は自己ベスト更新を目標に掲げているとのこと。現在のベストタイムはハーフ1時間02分42秒(香川丸亀国際ハーフ2014 16位)ですが、金哲彦さんのFacebookページによると、今年の目標タイムは1時間02分15秒とのことです。目標達成となるか明日は見逃せません!

正月の箱根駅伝で山上りの5区で区間賞を獲得した神野(かみの)大地(青学大)は「こういう舞台で海外の強い選手と走って今後につなげたい。どれだけ力がついているか試したい」と話し、自己記録更新を目標に掲げた。

【陸上】“新・山の神”神野「どれだけ力がついているか試したい」 丸亀国際ハーフ 2月1日号砲 – 産経WEST

 

そして、藤原新選手は「東京マラソン2015へ向けての「トレーニング状況のテストという意味合いで臨む」とのこと。「中盤まではリラックスして、ラストにペースアップできたら」と語ったようです。

昨年は1時間09分09秒の140位に終わり、このテストで「赤点」となってしまいましたが、今回は東京マラソンでの2時間07分台へ向けて、どんな走りを魅せてくれるのか楽しみです。

今夜は興奮してなかなか眠れそうにありませんけど、なるべく夜更かししないで早く寝ます。香川丸亀国際ハーフは朝10:35スタートです!