【福岡マラソン2014】エントリー数が確定。地元枠の抽選倍率 11倍越え

スポンサーリンク

福岡マラソン2014(2014年11月9日)

福岡マラソン2014 トップページ画像
img via: 福岡マラソン2014

2014年11月9日(日)に初開催される福岡マラソン2014。その福岡マラソンの申込み者数が確定しました。大会サイトで発表されています。申込者の内訳は以下の通りです。

関連

スポンサーリンク

地元先行枠の抽選倍率 約11.6倍

【福岡マラソン2014 エントリー状況】

  • マラソン(定員10,000人): 46,547人
    • 地元先行: 11,639人
    • 通常: 34,908人
  • 車いす競技(定員20人): 4人
  • ファンラン(定員2,000人): 3,320人

ということで、このエントリー状況から抽選倍率を計算すると以下の通り。

  • 地元枠の抽選倍率は約11.6倍(!)
  • 通常枠は5.06倍(地元枠の抽選に外れた10,639人が流れてくるため対象者45,547人)

福岡マラソン実行委員会の担当者は「2倍は超えたいと思っていたが」とコメントしていましたが、フタを開けてみると「2倍は超えたい」どころではありません。期待を大幅に上回る結果となりました。(これはもう見立てが甘い…ごにょごにょ。)

福岡マラソンではPVCM動画にも力を入れていますので、その効果もあったのでしょうかね。

【関連記事】【福岡マラソン2014】通常枠のエントリー数25,448人(+10,000人)。抽選倍率4倍(5月2日午後1時時点)

今回の申込み状況を踏まえて、来年のエントリー枠はどうなるのでしょうね。とくに地元先行枠の倍率は想像以上にひどいので、何か考えないといけない気がします。通常枠とのタブルチャンスになるとはいえ、倍率11倍超えの地元枠はあってないような感じですので、来年はもうちょっと増えたりするのかな。

もっとも、来年のことを考える前に、まずは第1回大会を無事に成功させることが大切ですね。頑張ってください。

【関連記事】

スポンサーリンク

 

SNSシェアボタン

  • このエントリーをはてなブックマークに追加