【第53回愛媛マラソン】2015年2月8日(日)開催。参加料値上げ。アスリート枠の定員2倍。

スポンサーリンク

第53回愛媛マラソン(2015年2月8日)

ehime_marathon_20140619_01
※Webサイトはまだ前回用(第52回)。

NHK BS「ラン×スマ」でも特集が組まれ、前回大会には道端カレンさんが挑戦した「愛媛マラソン」。

次回・2015年2月8日(日)に開催される第53回大会について、アスリート枠の定員が前回から、なんと2倍に(定員1500人から3000人へ)。一般枠(定員7000人)と合わせて、定員10000人になることが決まりました。

愛媛マラソン定員1万人に

2015年2月8日に開かれる第53回愛媛マラソンの第1回実行委員会が18日、愛媛県松山市の南海放送であり、アスリート枠を増やし、定員を計1万人にすることなどを決めた。

愛媛マラソン定員1万人に | 愛媛新聞ONLINE


ラン×スマ パーフェクトガイド (ステラMOOK)

スポンサーリンク

アスリート枠のエントリー資格

第53回大会の詳細はまだ発表されていませんが、前回と同じであれば、アスリート枠は先着順・一般枠は抽選となります。

ちなみに、アスリート枠のエントリーには参加資格が設定されており、その資格は以下の記録証(グロスタイム)を提出できるランナーとなっています。

  • 男子:フルマラソン3時間30分以内
  • 女子:フルマラソン4時間以内

記録証の対象大会は、前回は、平成23年1月1日以降で日本陸連公認コースで開催されたマラソン大会とのこと。今回の場合、「平成24年1月1日以降」になると思います。

エントリー受付はアスリート枠は8月中旬から、一般枠は8月下旬から開始です。

アスリート枠のエントリー方法

一般枠ならRUNNET(ランネット)からポチッとエントリー出来るようですが、アスリート枠のエントリーはちょっと面倒くさいかもしれません。ポチッとはいかないようです。

  1. 大会事務局へ「アスリートエントリー専用払込用紙」を請求
  2. 専用払込用紙の請求では、以下3点を同封すること
    1. 住所・氏名・性別・生年月日・電話番号を記入した用紙
    2. 記録証のコピー
    3. 返信用封筒(送付先住所・氏名を記入し、切手を貼っておく)
  3. 審査に通過すると「専用払込用紙」が送られてくる(不通過の場合、その連絡が来る)
  4. 専用払込用紙に必要事項を記入して、参加料+手数料を入金

【参考】エントリー|愛媛マラソン

参加料値上げ。前回赤字!!

また、参加料も値上げするみたいですね。前回(7,000円)から、なんと1,640円アップ。参加料8,640円(別途手数料必要)になるとのこと。

前回(第52回)は、単年度で約400万円の赤字が出て、健全な運営のため参加料を値上げすることに踏み切ったようです。これも時代の流れ…なのかもしれませんね!?

また、事務局が52回大会の収支決算を報告。単年度で約400万円の赤字が出たことを受け、健全な運営のため、参加料を8640円(別途手数料必要)に値上げすることに踏み切った。

愛媛マラソン定員1万人に | 愛媛新聞ONLINE

前回(第52回)の関連ニュース

愛媛マラソン経済効果 最高更新3億4492万円

いよぎん地域経済研究センター(IRC、松山市)は3日、2月9日にあった「第52回愛媛マラソン」の県内経済効果は過去最高の3億4492万円で、主催者事業費(約1億600万円)の3・25倍だったとの試算を発表した。

愛媛マラソン経済効果 最高更新3億4492万円 | 2014 愛媛マラソン特集 ニュース | 愛媛新聞ONLINE

愛媛マラソン 抽選応募 1万7467件 定員の2.5倍

来年2月9日に行われる第52回愛媛マラソンの実行委員会事務局会が17日、松山市の南海放送であり、抽選エントリー(7千人)に、定員の約2・5倍の1万7467件の応募があったことなどが報告された。

愛媛マラソン 抽選応募 1万7467件 定員の2.5倍 | 2014 愛媛マラソン特集 ニュース | 愛媛新聞ONLINE

14年は2月9日開催 ランナー募集 抽選に変更

2014年2月9日の第52回愛媛マラソンの第1回実行委員会が8日、松山市の南海放送で開かれた。インターネットでのランナー募集を先着順から、抽選に変更することなどを決めた。

14年は2月9日開催 ランナー募集 抽選に変更 | 2014 愛媛マラソン特集 ニュース | 愛媛新聞ONLINE

【参考】2014 愛媛マラソン特集 ニュース | 愛媛新聞ONLINE

スポンサーリンク

 

SNSシェアボタン

  • このエントリーをはてなブックマークに追加