室内で手軽に出来るエアロバイクを利用

スポンサーリンク

今日の朝ランはジョグ+10kmのペース走(4’00”/km)。
ラスト100mのところで、左膝の外側(腸脛靭帯)に痛みが走った。
歩いていても痛むようになってしまったので、今日の残りの時間はひたすら安静(+昼寝)…。
横浜マラソンまで1ヶ月を切るこの時期に故障するとは、厄介なことだ…。
とりあえず、今週は練習の負荷を下げよう…。

夜ランが中止になり、空いた時間で下記の本を読む。
毎日長い距離を走らなくてもマラソンは速くなる! 月間たった80㎞で2時間46分!超効率的トレーニング法 (ソフトバンク新書)
練習で故障の発生率が高いランナーに適した内容だ…。

この本の中で、自転車を用いたトレーニングが、
ランニングパフォーマンスの向上に有効であることが示されている。
しかも、自転車では強度を上げても故障しにくい利点がある
魅力的だ…。

とういことで、
自転車トレーニングも取り入れてみることにする。
路上で自転車トレーニングをするのは少し敷居が高いので、
室内で手軽に出来るエアロバイクを利用することにする。

家庭用エアロバイクの製品をざっと探して、コンビウィルネス製のEZ101かAB-158が候補に上がる。

コンビウェルネス(COMBI WELLNESS) エアロバイク EZ101
コンビウェルネス(COMBI WELLNESS) エアロバイクai バタフライイエロー AB-158Y

2つを比較して悩んだが、EZ101を選択。
安いこと。自分にとっては必要十分な機能が備わっていること。
見た目がすっきりしていること。
などが選んだ決めて…。

レビューを読んでいると、静音性はAB-158に比べて劣るようだが、
自分の部屋で使用する分には問題ないだろうと信じて購入。
練習による故障率低下と、効果的なパフォーマンス向上につながるといいなぁ…。
雨の日でも室内で有酸素トレーニングが出来るようになるのも嬉しい…。

スポンサーリンク

SNSシェアボタン