【CentOS】CD/DVDへの書き込み方法! 手順をメモしておきます。

スポンサーリンク
3462607995_150a6b2624_b
Photo by: Torkild Retvedt

CentOSで運用しているサーバーの光学ドライブを使って、データをCD/DVDへ書き込む必要があったので、その方法を調べました。書き込み手順をメモしておきます。

スポンサーリンク

CD/DVDへの書き込み方法は

CD/DVDへ書き込みはざっくり言ってしまうと、「イメージファイル」を作成して、それをCD/DVDに書き込むだけ!となるようです。

イメージファイルの作成には「mkisofs」コマンドを使い、CD/DVDへの書き込みには「cdrecord(または dvdrecord)」コマンド使います。

ちなみに、CD-ROM等の標準フォーマットはISO9960(8.3形式)ですが、RockRidegeフォーマット(ロングネーム対応)やJolietフォーマット(最長64文字まで対応)の拡張フォーマットもあるようです。イメージファイル作成の際、オプションを付けてフォーマットを指定してください。

CD-ROM等の標準フォーマットISO9960 — 8.3形式

                ~~~~~~~~~~~~~~~
                          ↓ 拡張
・RockRidgeフォーマット — ロングネーム対応
・Jolietフォーマット — 最愛64文字まで対応

書き込み手順

1) イメージファイルを作成プログラム(mkisofs)をインストール

(例)# yum -y install mkisofs

2) イメージファイルをCD/DVDに書き込むプログラム(cdrecord, dvdrecord)をインストール

(例)# yum -y install cdrecord

3) mkisofsコマンドでイメージファイルを作成

(例)# mkisofs -o /tmp/etc.iso /etc  —-> 8.3形式
(例)# mkisofs -R -o /tmp/etc.iso /etc —-> RockRidgeフォーマット

ちゃんとイメージファイルができました。
[root@localhost tmp]# ls -l
合計 11700
-rw-r–r–  1 root root 11964416 12月 28 10:33 etc.iso

4) CD-Rデバイスの特定(cdrecord -scanbus コマンド)

SCSIバス=1、SCSI ID=0、LUN=0ですね。

[root@localhost tmp]# cdrecord -scanbus
Cdrecord-Clone 2.01-dvd (i686-pc-linux-gnu) Copyright (C) 1995-2004 Jörg Schilling
Note: This version is an unofficial (modified) version with DVD support
Note: and therefore may have bugs that are not present in the original.
Note: Please send bug reports or support requests to http://bugzilla.redhat.com/bugzilla
Note: The author of cdrecord should not be bothered with problems in this version.
scsidev: ‘ATA’
devname: ‘ATA’
scsibus: -2 target: -2 lun: -2
Linux sg driver version: 3.5.27
Using libscg version ‘schily-0.8’.
cdrecord: Warning: using inofficial libscg transport code version(schily – Red Hat-scsi-linux-sg.c-1.83-RH ‘@(#)scsi-linux-sg.c       1.83 04/05/20 Copyright 1997 J. Schilling’).
scsibus1:
        1,0,0   100) ‘NECVMWar’ ‘VMware IDE CDR10’ ‘1.00’ Removable CD-ROM
        1,1,0   101) *
        1,2,0   102) *
        1,3,0   103) *
        1,4,0   104) *
        1,5,0   105) *
        1,6,0   106) *
        1,7,0   107) *

5) cdrecordコマンドでCD-Rへ書き込み

(例) # cdrecord -v speed=16 dev=1,0,0 etc.iso

上記のコマンドを打ったら、デバイスがないとか言われてしまった。
TOC Type: 1 = CD-ROM
scsidev: ‘1,0,0’
scsibus: 1 target: 0 lun: 0
cdrecord: Success. Cannot open SCSI driver.
cdrecord: For possible targets try ‘cdrecord -scanbus’.
cdrecord: For possible transport specifiers try ‘cdrecord dev=help’.

そんなときは、下記のようにdevオプションを変更しましょう
(例)

# cdrecord -v speed=16 dev=ATA:1,0,0 etc.iso

以上です。

スポンサーリンク

 

SNSシェアボタン

  • このエントリーをはてなブックマークに追加